このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

これまでの常設展示 作品目録と解説

2017年度 第1期 ■美術館のコレクションT
  第2期 ■第1室:コレクション名品選
■第2室:美術家にして○○――多芸多才な美術家たち
■第3室:京都の近代美術
2016年度 第1期

■第1室:日本近代洋画と西洋美術

■第2室:特集展示 生誕120年 宇田荻邨

■第3室:美術館のどうぶつたち

  第2期 ■第1室:三重県立美術館とスペイン美術
■第2室:横山操《瀟湘八景》
■第3室:アメリカの“異邦人”
  第3期 ■第1室、2室:パリに集った芸術家たち
■第3室:三重にゆかりの作家たち
  第4期 ■第1室:「野ゆき山ゆき海辺ゆき」 西洋美術と日本洋画の名品
■第2室:「彫刻家のデッサン」
■第3室:特集展示「没後20年 浅野弥衛」
2015年度 第1期

■第1室:特集1 海の上の美術館

■第2室:西洋近代美術の名品

 

■第3室:特集2 鳥百態―日本画に見る

 

  第2期 ■第1室:特集展示 木下富雄

 

■柳原義達記念館A室:1950年代の美術/西洋絵画:物質への目覚め
  第3期

第1室:洋画の始まりと西洋美術/1900年パリ万博と留学/美術団体の結成と洋画壇の活性化

■第2室:戦争の勃発と戦後美術の展開

■第3室:特集展示 橋本平八

2014年度 第1期

■第1室:近代の美術(日本、スペイン、フランス)

■第2室:榊莫山の芸術

 

■第3室:5月の風をゼリーにして 春から夏へ うつりゆく季節 

 

  第2期

■第1室 中澤弘光にちなんで―特集展示

■第2室 19世紀以前の西洋美術―緻密な表現を中心に

 

■第3室 蕭白と月僊

 

  第3期 ■第1室 20世紀スペイン美術

 

■第2室 目で触れる、手で見る

 

■第3室 大正期の美術
  第4期

■第1室 冬来たりなば春遠からじ コレクション選

■第2室 横山操と瀟湘八景図

 

■第3室  Collection /Donation 

 

2013年度 第1期

■第1室:日本近代洋画と西洋美術

■第2室:横山操の瀟湘八景

 

■第3室:女性アーティストの美術―アジアの女性アーティスト展にちなんで

 

  第2期 ■第1室:西洋と日本の近現代美術

 

■第2室:特集展示1 橋本平八と平櫛田中賞の作家たち

 

■第3室:特集展示2 植物をめぐる対話−植物担当学芸員と美術館学芸員の交差するまなざし−
  第3期

■第1室:絵画を旅する:空間/時間

■第2室:ゴヤとスペイン美術

■第3室:三重出身の作家―宇田荻邨と新井謹也(11月26日から)

 

■第3室では11月24日(日)まで、「特集展示 奈良県立美術館所蔵 富本憲吉」を開催。

  第4期 

■第1室:三重県ゆかりの作家たち

■第2室:ことばとイメージ 西洋近代美術から

■第3室:曾我蕭白と月僊(3月4日から)

 

■第3室では3月2日(日)まで、「特集展示 福井県立美術館所蔵 岩佐又兵衛」を開催。 

     
2012年度 第1期

■第1室:西洋の美術

■第2室:大正・昭和の洋画

 

■第3室:テーマ展示「黒と白へ、黒と白から」

 

 

  第2期

■第1室:特集展示 浅野弥衛

■第2室:画家たちが見た風景

 

■第3室:見つめる目、交じり合う視線

 

 

  第3期

■第1室:息づく風景―西洋近代・日本近代の風景画

■第2室:特集展示 橋本平八

 

■第3室:舞台の上で

 

 

     *2013年1月4日(金)〜3月24日(日)は「コレクションの全貌展」を開催。
     
2011年度 第1期

■第1室:日本の近現代絵画

■第2室:蕭白とその周辺/橋本平八の小品

 

■第3室:スペインとフランスの絵画

 

  第2期

■第1室:藤島武二・岡田三郎助ゆかりの作家たち

■第2室:トリック・アートとグラフィックデザイン

 

■第3室:コレクション名品選

 

 

  第3期

■第1室:藤島武二・岡田三郎助ゆかりの作家たち(10月23日まで)

■第2室:横山操《瀟湘八景》(10月23日まで)

 

■第3室:19-20世紀の西洋絵画

 

 

・・0月25日から第1室・第2室では特集展示「追悼 元永定正」

 

  第4期 ■第1室:戦後の抽象表現 −1950−60年代を中心に

 

■第2室:宇田荻邨の本画と下絵

 

■第3室:20世紀の西洋絵画
     
2010年度 第1期 ■第1室:近代の美術

 

■第2室:曾我蕭白と近世の美術

 

■第3室:横山操の瀟湘八景
  第2期 ■第1室:近代から現代へT

 

■第2室:近代から現代へU

 

■第3室:近代から現代へV
  第3期

■第1室:日本の近代洋画

■第2室:宇田荻邨の日本画

 

■第3室:西洋近代絵画

 

 

  第4期

■第1室:近代日本の洋画と西洋近代絵画

■第2−3室:特集展示 「せんのかたちを楽しむ」

 

 

    特集展示 【湯原和夫の彫刻と素描

 

(柳原義達記念館・展示室B)

 

2011.1.4〜3.21
2009年度 第1期 ■第1室:元永定正展拡大展示〈元永定正の大きな絵〉 

 

■第2室:戦後の絵画より 

 

■第3室:1970年代末以降の絵画より

 

+追悼 館勝生(1964-2009)
  第2期 ■第1室:近代日本の美術 1910-1930 

 

■第2室:工芸の諸相 

 

■第3室:三重ゆかりの洋画家たち

 

■第4室 西洋の美術 ※2009年8月6日〜8月30日
    特集展示 【ミケル・ナバッロ《歩哨都市》】

 

(柳原義達記念館・展示室B)

 

2009.6.30〜9.27
  第3期

■第1室:1930年代の絵画、西洋絵画

(※2009年12月13日(日)まで)

 

■第2室:三重ゆかりの近世絵画

 

■第3室:韓国現代彫刻、絵画

 

 

    特集展示 【石井厚生レンガ彫刻展−西風と東風のまにまに−

 

(柳原義達記念館・展示室B他)

 

2009.10.24〜12.6
    特集展示 中里和人写真展

 

【ULTRA - 臨界夜景−】

 

(柳原義達記念館・展示室B)

 

2009.12.23〜2010.2.14
  第4期 ■第1室:子どもアートinみえ

 

(※2009年12月15日(火)から継続)

 

 「私が見つけた絵−15歳の視点−

 

■第2室:春を寿ぐ 近代美術コレクションから

 

■第3室:近代ヨーロッパ美術選 19世紀フランスを中心に
2008年度 第1期 ■第1室:日本の近代美術 日本とヨーロッパ

 

(※2008年4月20日(日)まで。4月22日(火)以降の第1室は、

 

金刀比羅宮 書院の美』展の拡大展示、『佐伯祐三交流の画家たち』となりました) 

 

■第2室:ゴヤとスペイン絵画 

 

■第3室:韓国現代絵画の一断面
    特集展示 【建畠覚造の彫刻】

 

(柳原義達記念館・展示室B)

 

2008.4.17〜8.31
  第2期 ■第1室:佐伯祐三交流の画家たち(※2008年8月24日(日)まで) 

 

■第2室:西洋近代美術 

 

■第3室:三重の近世絵画
  第3期 ■第1室:明治の洋画家たち

 

■第2室:20世紀の絵画と版画

 

■第3室:自由美術家協会とその周辺
    美術館のコレクション 特集展示:清水九兵衞

 

(企画展示室第4室)

 

2009.3.3〜3.29
2007年度 第1期 ■第1室:印象派以降の西洋美術

 

■第2室:写実の系譜−藤島武二と日本近代洋画

 

■第3室:時を超えて−三重ゆかりの画家・曾我蕭白と諏訪直樹
  第2期 ■第1室:日本の近代洋画

 

■第2室:モティーフと個性 裸婦・自画像・夏の海

 

■第3室:世紀末のビジョン ゴヤとブレイク、そしてルドン
  第3期 ■第1〜2室:近現代の絵画

 

■第3室:都市のイメージ、イメージの空間
  第4期

■第1室:近代日本の洋画 日本的なるものを探して 

■第2室:京都の日本画と工芸 

 

■第3室:西洋近代絵画

 

2006年度 第1期 ■第1室:近代の美術1

 

■第2室:近代の美術2

 

■第3室:スペイン美術の400年
  第2期 ■第1室:近代の美術1

 

■第2室:近代の美術2

 

■第3室:村山槐多と関根正二
  第3期 ■第1〜2室:近現代の絵画 − 日本・フランス・スペイン

 

■第3室:伊藤小坡の本画と下絵
  第4期 ■第1室:近代の美術1

 

■第2室:近代の美術2

 

■第3室:近代の日本画と橋本平八
2005年度 第1期 ■第1室:明治・大正の洋画

 

■第2室:近代の日本画と橋本平八

 

■第3室:19-20世紀西洋の美術
  第2期 ■第1室:ひろがる写実

 

■第2室:ひろがる写実/アンソールの周辺

 

■第3室:横山操の瀟湘八景
  第3期 ■第1室:昭和の洋画-1:風景と抽象

 

■第2室:荻邨・小坡と京都画壇の画家たち

 

■第3室:ゴヤとスペイン美術
  第4期  ■第1室:昭和の洋画-2

 

■第2室:三重の近世絵画

 

■第3室:19-20世紀西洋の美術
2004年度 第1期 ■第1室:昭和期の具象絵画

 

■第2室:女性の表象、女性による表象

 

■第3室:19-20世紀西洋の美術より
  第2期 ■第1室:近現代の絵画

 

■第2室:月僊とその時代

 

■第3室:彫刻家の素描と作品
  第3期 ■第1室:20世紀後半の絵画

 

■第2室:横山操の『瀟湘八景』

 

■第3室:イメージとテクスト 想像力の深淵
  第4期 ■第1室:近代日本洋画の叙情性

 

■第2室:宇田荻邨・伊藤小坡の本画と下絵

 

■第3室:19-20世紀の西洋絵画 フランスを中心に
2003年度 第1期  ■第1室:日本近代洋画と西洋の絵画

 

■第2室:近代の版画

 

■第3室:鉄格子から大脱走
2002年度 第1期 ■第1室:日本の近代洋画T

 

■第2室:横山操の「瀟湘八景」

 

■第3室:19-20世紀西洋の美術:不在のまなざし
  第2期 ■第1室:日本の近代洋画U

 

■第2室:三重の近世絵画

 

■第3室:19-20世紀西洋の美術
2001年度 第1期 ■第1室:明治・大正の美術 特集展示:長原孝太郎

 

■第2室:横山操の「瀟湘八景」

 

■第3室:19-20世紀西洋の美術
  第2期 ■第1室:大正・昭和の美術 特集展示:卓上静物

 

■第2室:三重の近世絵画

 

■第3室:19-20世紀西洋の美術
  第3期 ■第1室:昭和の美術

 

■第2室:宇田荻邨・伊藤小坡と京都の日本画

 

■第3室:ゴヤとスペイン美術
  第4期 ■第1室:日本の油彩画とその変容

 

■第2室:近代の日本画、橋本平八の木彫

 

■第3室:19−20世紀の西洋の美術 特集展示:ルドン《ヨハネ黙示録》
2000年度 第1期 ■第1室:19-20世紀の西洋の美術より

 

■第2室:横山操の瀟湘八景

 

■第3室:三重の作家―浅野弥衛と伊藤利彦
  第2期 ■第1室:明治・大正の洋画

 

■第2室:三重の近世絵画

 

■第3室:ゴヤとスペイン美術
  第3期 ■第1室:大正・昭和の洋画

 

■第2室:荻邨・小坡と京都の日本画

 

■第3室:20世紀西洋の美術
    館蔵品によるスペイン現代美術の一相

 

(県民ギャラリー)

 

2001.1.4〜2.12
  第4期 ■第1室:昭和後期の美術−空間の内と外

 

■第2室:近代の日本画

 

■第3室:19−20世紀の版画芸術
1999年度 第1期 ■第1室:明治・大正の洋画

 

■第2室:宇田荻邨と京都の日本画+橋本平八の彫刻

 

■第3室:闇、光、そして色 19−20世紀西洋の美術より
  第2期 ■第1室:大正・昭和の洋画

 

■第2室:三重の近世絵画と東海道五十三次

 

■第3室:ゴヤとスペイン美術
  第3期 ■第1室:昭和の洋画T

 

■第2室:近現代の水彩・素描

 

■第3室:20世紀の西洋の美術
  第4期 ■第1室:昭和の洋画 II 抽象表現の諸相

 

■第2室:近代の日本画

 

■第3室:20世紀の版画芸術
1998年度 第1期 ■第1室:明治・大正の洋画

 

■第2室:横山操「瀟湘八景」+橋本平八の木彫

 

■第3室:19-20世紀西洋の美術
  第2期 ■第1室:大正・昭和の洋画

 

■第2室:三重の近世絵画

 

■第3室:ゴヤとスペイン美術
  第3期 ■第1室:20世紀西洋の美術

 

■第2室:荻邨・小坡と京都の日本画

 

■第3室:近現代の版画
  第4期 ■第1室:戦争の前と敗戦の後の洋画

 

■第2室:近代の日本画

 

■第3室:笑うドーミエ
1997年度 第1期 ■第1室:明治・大正の洋画

 

■第2室:横山操「瀟湘八景」+橋本平八の木彫

 

■第3室:ボードレール−メリヨン−19世紀のパリ
  第2期 ■第1室:宇田荻邨、伊藤小坡の本画と下絵

 

■第2室:三重の近世絵画

 

■第3室:ゴヤとスペイン美術
  第3期 ■第1-2室:紙と線の宇宙

 

■第3室:西洋の場合
  第4期 ■第1-2室:絵のかたち−タブロー、屏風、掛軸……

 

■第3室:ドーミエと19世紀の版画芸術
1996年度 第1期 ■第1-2室:構想のいろいろ・意匠のさまざま

 

■第3室:ドーミエと19世紀の版画
  第2期 ■第1室:明治・大正の洋画

 

■第2室:月僊と三重の近世絵画

 

■第3室:ゴヤとスペイン美術
  第3期 ■第1−2室:戦後日本の美術−人物像を中心に

 

■第3室:カンディンスキーと20世紀の美術
1995年度 第1期 ■第1室:明治・大正の洋画

 

■第2室:京都の日本画

 

■第3室:19世紀ヨーロッパの版画芸術
  第2期 ■第1室:大正・昭和初期の洋画

 

■第2室:曾我蕭白と三重の近世画人たち

 

■第3室:カンディンスキーと二十世紀の美術
  第3期 ■第1室:昭和前期の洋画

 

■第2室:近代の日本画+橋本平八の木彫

 

■第3室:ゴヤとスペイン絵画
  第4期 ■第1室:昭和後期の洋画

 

■第2室:横山操「瀟湘八景」

 

■第3室:ヨンキントの版画と印象主義
1994年度 第1期 ■第1室:昭和後期の洋画

 

■第2室:曾我蕭白と三重の近世画人たち

 

■第3室:物語(テクスト)と絵−19・20世紀のヨーロッパの版画を中心に
  第2期 ■第1室:大正・昭和前期の洋画

 

■第2室:京都の日本画

 

■シャガールと20世紀の西洋美術
  第3期 ■第1室:明治・大正の洋画

 

■第2室:近代の日本画と橋本平八の木彫

 

■第3室:象徴主義と19世紀西洋の美術
  第4期 ■第1室:昭和期の洋画、第二次世界大戦まで

 

■第2室:横山操「瀟湘八景」

 

■第3室:西洋の美術−スペインの美術を中心に
1993年度 第1期 ■第1室:昭和の洋画、第二次世界大戦まで

 

■第2室:月僊・曾我蕭白と三重の近世画人たち

 

■第3室:ルドン、ルオーと19世紀のヨーロッパ絵画
  第2期 ■第1室:昭和後期の美術

 

■第2室:京都の日本画、川喜田半泥子の陶芸

 

■第3室:欧米の美術−レアリスムとイデアリスム
  第3期 ■第1室:大正・昭和初期の洋画

 

■第2室:近代の日本画・橋本平八の木彫

 

■第3室:ドイツ表現主義と20世紀のヨーロッパ美術
  第4期 ■第1室:明治・大正期の洋画

 

■第2室:横山操の「瀟湘八景」

 

■第3室:スペイン美術を中心としたヨーロッパの美術
1992年度 第1期 ■第1室:現代の絵画:日本の抽象表現

 

■第2室:横山操【瀟湘八景】

 

■第3室:20世紀のヨーロッパ絵画
  第2期 ■第1室:昭和の洋画家たち

 

■第2室:月僊と伊勢の近世画人たち

 

■第3室:アメリカとヨーロッパの美術
  第3期 ■第1室:パリに学んだ洋画家たち

 

■第2室:古径・岳陵と近代の日本画

 

■第3室:モノクロームの系譜―近現代の版画
  第4期 ■第1室:リアリズムの軌跡−明治大正の洋画

 

■第2室:京洛の画家・荻邨と京都の日本画 川喜田半泥子の陶芸

 

■第3室:象徴表現の変容−ムリリョからミロへ
1991年度 第1期 ■第1室:夭折の作家とその周辺−明治・大正・昭和

 

■第2室:ヨーロッパ近代・現代の版画

 

■第3室:花鳥画の世界
  第2期 ■第1室:麻生三郎・鶴岡政男と昭和の美術

 

■第2室:横山操の「瀟湘八景」

 

■第3室:カンディンスキーと19、20世紀ヨーロッパの美術
  第3期 ■第1室:近代洋画…大正から昭和へ

 

■第2室:蕭白と三重の近世絵画

 

■第3室:ゴヤ・ミロとヨーロッパ美術
  第4期 ■第1室:明治・大正の洋画

 

■第2室:近代の日本画

 

■第3室:象徴主義とヨーロッパの近代美術
1990年度 第1期 ■第1室:藤島武二と明治・大正の洋画

 

■第2室:曾我華蕭白と三重の近世画人たち、橋本平八の木彫

 

■第3室:19世紀ヨーロッパ版画の流れ
  第2期 ■第1室:佐伯祐三と昭和の洋画家たち

 

■第2室:宇田荻邨と京都画壇の画家たち

 

■第3室:エッシャーとヨーロッパの美術
  第3期 ■第1室:関根正二・村山槐多と大正洋画の青春

 

■第2室:横山操「瀟湘八景」と現代の日本画

 

■第3室:象徴主義とヨーロッパの近代美術
  第4期 ■第1室:現代の美術―抽象表現の展開

 

■第2室:ミロ、シャガールと20世紀のヨーロッパ美術

 

■第3室:岳陵、靫彦と近代の日本画
1989年度 第1期 ■第1室:昭和美術の回顧1−大正から昭和へ(洋画)

 

■第2室:昭和美術の回顧1−大正から昭和へ(日本画)

 

■第3室:ヨーロッパ近代の絵画
  第2期 ■第1室:昭和美術の回顧2−戦前・戦中・戦後(洋画)

 

■第2室:昭和美術の回顧2−戦前・戦中・戦後(日本画)

 

■第3室:ヨーロッパ近代の絵画
  第3期 ■第1室:藤島武二と明治・大正の洋画

 

■第2室:曾我蕭白と三重の近世画人たち

 

■第3室:ヨーロッパ近代の絵画
  第3期 ■企画展示室第4室:ゴヤ『戦争の惨禍』

 

1989.9.23〜11.5
  第4期 ■第1室:萬鐵五郎と大正・昭和の洋画

 

■第2室:ヨーロッパ近代の絵画

 

■第3室:古径・御舟と近代の日本画
1988年度 第1期 ■第1室:藤島武二と明治・大正の洋画

 

■第2室:三重の近世画人たち

 

■第3室:ヨーロッパ近代の美術
  第2期 ■第1室:日本近代洋画の歩み

 

■第2室:横山操「瀟湘八景」と戦後の日本画

 

■第3室:ヨーロッパ近代の絵画
  第3期 ■第1室:佐伯祐三と昭和の洋画家たち

 

■第2室:宇田荻邨と京都画壇の画家たち

 

■第3室:ヨーロッパ近代の美術
  第4期 ■第1室:戦後日本の洋画と三重の画家たち

 

■第2室:ヨーロッパ近代の美術

 

■第3室:横山大観と近代の日本画
1987年度 第1期 ■第1室:近代・現代の洋画

 

■第2室:近世・近代の日本画

 

■第3室:ヨーロッパ近代美術・三重県の作家
  第2期 ■第1室:藤島武二と明治大正の洋画

 

■第2室:宇田荻邨と京都画壇の画家たち

 

■第3室:ヨーロッパ近代の絵画
  第3期 ■第1室:横山操『瀟湘八景』と戦後の日本画

 

■第2室:佐伯祐三と昭和の洋画家たち

 

■第3室ヨーロッパ近代の絵画・版画
  第4期 ■第1室:戦後日本の洋画と三重の画家たち

 

■第2室:ヨーロッパ近代の美術

 

■第3室:横山大観と近代の日本画
1986年度 第1期 ■第1室:戦後の洋画−抽象と具象

 

■第2室:曾我蕭白と三重の近世画人、半泥子の茶碗

 

■第3室:20世紀の西洋美術・三重の画家
  第2期 ■第1室:瀟湘八景

 

■第2室:日本近代洋画の流れ

 

■第3室:ヨーロッパ近代絵画・三重の画家
  第3期 ■第1室:佐伯祐三と昭和の洋画

 

■第2室:宇田荻邨と京都画壇

 

■第3室:ヨーロッパ近代の絵画・彫刻と三重の画家たち
  第4期 ■第1室:日本近代の洋画と素描・橋本平八と近代彫刻

 

■第2室:戦後の具象絵画・20世紀西欧絵画と版画

 

■第3室:近代の日本画
1985年度 第1期 ■第1室:瀟湘八景

 

■第2室:半泥子の茶碗

 

■第3室:戦後日本の絵画
  第2期 ■第1室:日本近代洋画の流れ

 

■第2室:ヨーロッパの絵画・彫刻と三重の画家たち

 

■第3室:宇田荻邨と京都画壇
  第3期 ■第1室:佐伯祐三と昭和の洋画

 

■第2室:三重の近世画人たち

 

■第3室:外国作家と三重の画家たち
  第4室 ■第1室:ヨーロッパ近世・近代版画の流れ

 

■第2室:横山大観と近代の日本画

 

■第3室:藤島武二と明治大正の洋画
1984年度 第1期 ■第1室:瀟湘八景

 

■第2室:明治・大正の洋画

 

■第3室:外国作家と三重の画家たち

 

■第4室戦後美術・抽象絵画
  第2期 ■第1室:日本近代洋画

 

■第2室:近代の日本画・版画

 

■第3室:ヨーロッパ絵画と三重の画家

 

■第4室:戦後美術・抽象絵画
  第3期 ■第1室:日本近代洋画

 

■第2室:三重の近世画人と近代日本画

 

■第3室:ヨーロッパ絵画と三重の画家
  第4期 ■第1室:19・20世紀のヨーロッパ

 

■第2室:近代の日本画・三重の画人

 

■第3室:藤島武二と明治大正の洋画
1983年度 第1期 ■第1室:瀟湘八景

 

■第2室:三重の近世画人たち

 

■第3室:日本近・現代の水彩・素描

 

■第4室:戦後美術:抽象絵画
  第2期 ■第1室:日本近代洋画

 

■第2室:近代の日本画・版画

 

■第3室:ヨーロッパ絵画と三重の画家
  第3期 ■第1室:日本の油彩画・大正から現代まで

 

■第2室:瀟湘八景、三重の近世画人たち

 

■第3室:三重の美術・中谷泰と木下富雄、西洋の洋画
  第4期 ■第1室:近代の洋画、戦後の具象絵画

 

■第2室:西洋の絵画、水彩画

 

■第3室:近代の日本画
1982年度 第1期 ■第1室:近代日本の洋画

 

■第2室:日本画

 

■第3室:県関係作家、外国作品
  第2期 ■第1室:藤島武二とその周辺、大正・昭和初期の洋画 岸田・萬・佐伯を中心に

 

■第2室:戦後美術:具象絵画、外国作品、水彩画

 

■第3室:日本画

 

■第4室:抽象絵画

年報/展覧会について

所蔵品目録・作品選集一覧

ページのトップへ戻る