このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

研究論集

当館の学芸員による調査・研究の成果を収めた論文集です。

創刊号 1983年3月発行 図版1 曾我蕭白「山水図」  
図版2 曾我蕭白「鳥獣人物図押絵貼屏風(A隻)上野寺・西蓮寺蔵  
図版3 曾我蕭白「鳥獣人物図押絵貼屏風(B隻)上野寺・西蓮寺蔵  
陰里鐵郎 創刊にあたって pp.1〜2
牧野研一郎 [論考]長原孝太郎の美術批評 pp.3〜30
中谷伸生 [論考]大正八年における村上華岳 pp.31〜63
東俊郎 [評論]坂本繁二郎と満月の絵 pp.64〜92
毛利伊知郎 [資料紹介] 伊勢地方の蕭白画二件 pp.93〜99
第2号 1987年3月発行 図版 鹿子木孟郎「津の停車場(春子)」  
図版 津時代の鹿子木孟郎と春子  
荒屋鋪透 [ 論考]主題としての駅-鹿子木孟郎「津の停車場」をめぐって pp.4〜53
毛利伊知郎 [論考]七世紀後半における初唐様式の伝播・普及とセン仏制作  pp54〜71
東俊郎 [評論]須田国太郎と「動かざる色」 pp.72〜103
森本孝 [資料紹介]三重県における明治期工芸基礎資料について1 pp.104〜135
第3号 1991年3月発行 図版 萬鐵五郎「木の間よりの風景」一九一八年頃 三重県立美術館蔵  
山口泰弘 [論考]月僊の初期作風の多様性と様式形成-人物画を中心として pp.4〜24
荒屋鋪透 [論考]グレー=シュル=ロワンと明治のピクチャレスク pp.25〜55
中谷伸生 [論考]キュビスムへの抵抗-一九一七年・一八年の萬鐵五郎 pp.56〜90
土田真紀 [論考]一九〇〇年のインテリア・デザイン(上)-芸術作品としての部屋 pp.91〜117
東俊郎 [評論]鳥海青児と黄色の系譜 pp.118〜142
第4号 2005年3月発行 石崎勝基 マティスからモローへ−デッサンと色彩の永遠の葛藤、そしてサオシュヤントは来ない pp.6〜91
下栄子 <アートカードみえ>シリーズの誕生−学校と美術館をつなぐ「美術鑑賞教育支援教材」− pp.92〜105
東俊郎 岸田劉生の日記を読む pp.171〜106
ISHIZAKI Katsumoto From Matisse to Moreau-the eternal conflict of drawing and color, and Saosyant does not come p.173
SHIMO Eiko The Series of the Art Card Mie-Teaching materials supporting art appreciation education connects schools with art museum p.174
HIGASHI Shunro Reading a diary of Ryusei Kishida p.175
 
ページのトップへ戻る