このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

サイト内検索

美術館 > 展覧会のご案内 > 企画展 > 企画展 三重県立美術館

企画展     

生誕120 年・没後 100 年 関根正二展

2019年11月23日(土・祝)- 2020年1月19 日(日)

大正期に強い個性を発揮しながら20歳で亡くなった洋画家、関根正二〔せきね しょうじ〕(1899-1919)の生誕120年/没後100年を記念する展覧会。情熱的な制作、鮮烈な色彩を用いた精神性豊かな作風が今も多くのファンに愛されるこの画家の全貌を、近年発見された資料や交流のあった作家の作品をまじえて、20年ぶりに紹介します。

一般900(700)円 学生700(500)円 高校生以下無料

詳細ページは【こちら


関根正二《神の祈り》
1918(大正7)年頃
福島県立美術館蔵

 
予告

コレクションによる特別陳列 没後30年 諏訪直樹展

 三重県四日市に生まれ、1970年代後半から80年代にかけて優れた絵画表現が高い評価を受けながら36歳で世を去った諏訪直樹(すわなおき)(1954‐1990)。
 絵画という媒体の可能性を再考する真摯な制作をすすめ、日本の伝統的な手法をも導入して絵画の再活性化への独自の取り組みを示しました。
 本展では画家の表現の変遷をたどる当館所蔵の全作品を一堂に展示することにより、1980年代の美術に重要な足跡を残したその画業を紹介します。

一般700(500)円 学生600(400)円 高校生以下無料

詳細ページは【こちら



諏訪直樹《PH-2-8602》、
1986年、三重県立美術館
ページID:000056024