このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

常設展(美術館のコレクション)

美術館のコレクション 2017年度第3期

2017年9月26日(火)-12月24日(日)

第1室、第2室
凸(やま)と凹(たに)、平原と空 所蔵品でめぐる版画の小さくて大きな世界

エッチング、アクアチント、ドライポイント、リトグラフ…作品の横に置かれているキャプションで目にする版画の技法。その実際のつくり方を皆さんはどのくらい知っていますか。
本展では、それら技法や制作過程から三重県立美術館所蔵の版画作品にせまります。

 詳細ページは【こちら】から

「凸(やま)と凹(たに)、平原と空」チラシ(PDF:2.18 MB)

 
関連イベント

体験コーナー:いろいろ版画のつまみ食い *終了しました
11月11日[土]、12日[日]各日 午後1時〜4時半
※開催時間中、随時ご参加いただけます。
常設展示室入口にて/要観覧券/参加申込不要
講師:伊藤公子氏、酒井裕里氏、瀬古清水氏、西村怜奈氏
さまざまな版画技法の材料や道具に直接触れて、各技法の特徴をつまみ食いのように体験していただきます。体験後、展示室に足を踏み入れれば、版画が一味違って見えるかも?


ギャラリートーク *終了しました
10月29日(日)、11月19日(日) 両日ともに午後2時〜
展示室にて/要観覧券/約30分を予定/参加申込不要
学芸員が展示について分かりやすく解説します。

ワークショップ:はじめてでもできる銅版画のテクニック
11月25日[土]午後1時〜5時
美術体験室にて/参加無料/定員7名/要申込・応募者多数の場合は抽選
講師:宮田雪乃氏
銅版画の代表的な技法のひとつであるドライポイントを、モノクロ刷りとカラー刷り両方で体験します。
銅版ではなく透明な塩ビ版を用いることで展示作品のトレースをし、技法と作品の理解を深めながら制作します。
*応募の申込は締め切りました

レクチャー:リトグラフって何だろう?
12月9日[土]午後2時〜4時
美術体験室にて/参加無料/定員40名/要申込・応募者多数の場合は抽選
講師:片山浩氏
水と油が反発しあう性質を用いた版画技法「リトグラフ」、またの名を「石版画」。この技法が持つ魅力や謎めいた制作過程を、実演を交えてレクチャーします。
*応募の申込は締め切りました

【申込方法】
ワークショップおよびレクチャーに参加をご希望の方は、往復はがきに、お名前、お電話番号、学年(小学生以下の場合のみ)、返信面に返信先をご記入の上、
〒514-0007津市大谷町11 三重県立美術館 「版画ワークショップ」係あるいは「版画レクチャー」係
までお送りください。

*応募締切/ワークショップ…11月5日(日)必着
          レクチャー…11月19日(日)必着

それぞれ開催の10日前までに抽選結果を返信はがきでご連絡します。
ワークショップについては、小学生以下の参加者はかならず保護者が1名同伴してください。

 

第3室 自画像とその他の肖像画

 詳細ページは【こちら】から

 
 
ページのトップへ戻る