このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

サイト内検索

美術館 > その他 > その他 > 美術館のアクセシビリティ向上推進事業 ポータル


美術館のアクセシビリティ向上推進事業

 この事業は、「誰もが利用しやすい環境を整えます」(「三重県立美術館のめざすこと」2018年3月策定)という三重県立美術館の活動指針に基づき、美術館を利用しづらい人々と協働して美術館のアクセシビリティ(=利用しやすさ)を向上させることを目的としています。2020-2021年度は文化庁の「地域と共働した博物館創造活動支援事業(外部サイト)」、2022年度は文化庁の「Innovate MUSEUM事業(外部サイト)」の採択を受け、事業を実施しています。

お知らせ

・2022年11月23日(水・祝)、12月3日(土)の「西洋美術へのまなざし」展連続レクチャーには、手話通訳・要約筆記が付きます。詳しくは【こちら】。(2022年11月)
・2022年11月15日(月)から12月11日(日)まで、柳原義達記念館にて「さわって楽しむ 柳原義達の作品」を開催しています。詳しくは【こちら】。(2022年11月)
・2022年12月4日(日)午後に講演会「つながっているよ、描くこと・見ること ~子どもの育ちと美術~」を開催します。事前申込不要、先着順。詳しくは【こちら】。(2022年10月)
・2022年12月4日(日)午前に「赤ちゃんのための鑑賞会2022」を行います。要事前申込。申込は終了しましたが、詳しくは【こちら】。(2022年11月)

活動の記録

1.2020年度
・目の見えない/見えにくい人向けの鑑賞プログラムを実施したり、自閉症スペクトラム障がいのある人を主な対象とした来館支援教材「三重県立美術館ソーシャル・ガイド」を開発したりしました。報告ページは【こちら】。

2.2021年度
・三重県立美術館にて、所蔵品のアクセシブルな展示を目指す「美術にアクセス!――多感覚鑑賞のすすめ」展を開催しました。
・報告書オンライン版の目次は【こちら】。

入札情報

・「さわって楽しむ 柳原義達の作品」展配布リーフレット印刷業務にかかる見積合わせ結果を公開しました。【こちら】からご確認ください。(2022年10月18日)
・「さわって楽しむ柳原義達の作品」展造作物製作業務委託にかかる見積合わせ結果を公開しました。【こちら】からご確認ください。(2022年10月12日)

お問合せ先

美術館のアクセシビリティ向上推進事業実行委員会事務局(三重県立美術館内)
〒514-0007 三重県津市大谷町11番地
TEL. 059-227-2100(代表)
FAX. 059-223-0570
E-mail: bijutsu2★pref.mie.lg.jp(★を@に)
 

ページID:000258912