このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

【調査・研究】

A.館蔵品調査

生田ゆき、「バルトロメ・エステバン・ムリーリョ《アレクサンドリアの聖カタリナ》」、美術館のコレクション・パンフレット、2006.4.1

田中善明、「特集展示 村山槐多と関根正二」、美術館のコレクション・パンフレット、2006.6.28

石崎勝基、「ルドン《アレゴリー − 太陽によって赤く染められたのではない赤い木》」、. 美術館のコレクション・パンフレット、2006.9.12

道田美貴、「伊藤小坡の本画と下絵」、美術館のコレクション・パンフレット、2006.9.12

道田美貴、「中村岳陵《都会女性職譜》」、美術館のコレクション・パンフレット、2006.12.26

「県立美術館所蔵の松本竣介作品 『建物』下に別の絵あった エックス線撮影でわかる」、『讀賣新聞』、2007.1.20

田中功一、「『建物』の下に『Y市の橋』 松本竣介の油絵 県立美術館蔵 X線などで判明 岩手の作品と同じ構図」、『毎日新聞』、2007.1.20

谷村卓哉、「習作?油絵下から別の絵 松本竣介の『建物』 エックス線調査で発見」、『中日新聞』、2007.3.25

三沢典丈・構成、「・\我蕭白『李白酔臥図』三重県立美術館蔵(名作のとびら)」、『中日新聞』、2007.3.27

 

B.論文等

毛利伊知郎、「チリーダの理想郷:チリーダ=レク美術館」、『エドゥアルド・チリーダ展』、図録、2006.2

毛利伊知郎、「伊東深水の素描」、『艶麗な線の画家 伊東深水の世界展』鑑賞ガイド、2006.9

 

C.図録編集等

刊行物一覧】のページを参照。

 

D.作品解説等

刊行物一覧】のページおよび【展覧会について】各企画展のページ中の「主な新聞記事等」の欄を参照。他に;

1. 『中日新聞』(三重版)「美術館だより」

2006年4月9日…「野田英夫『風景』」田中善明

    7月16日…「松本竣介『風景(三角屋根の家)』」田中善明

    8月21日…「飯田三吾『帽子の男』」毛利伊知郎

    9月3日…「オットー・ミュラー『自画像』」生田ゆき

    9月17日…「伊藤小坡『制作の前(大下絵)』」毛利伊知郎

    10月22日…「伊東深水『裸婦スケッチ』」毛利伊知郎

    10月29日…「伊東深水『湯気』」道田美貴

    11月5日…「伊東深水『麗日(右隻部分)』」道田美貴

    11月12日…「横山操『漁村夕照(瀟湘八景より)』」石崎勝基

    11月19日…「宇田荻邨『巨椋の池』」田中善明

    11月26日…「宇田荻邨『山村』」道田美貴

    12月3日…「曾我蕭白『松鷹図(部分)』」道田美貴

    12月10日…「岩佐又兵衛『堀江物語絵巻(部分)』」道田美貴

    12月17日…「宇田荻邨『祇園の雨』」道田美貴

2007年1月7日…「歌川広重『東海道五十三次 関』」道田美貴

    1月14日…「ゴヤ『真理は死んだ』(ゴヤ版画集『戦争の惨禍』から)」毛利伊知郎

    1月21日…「染谷亜里可『Decolor-Level 6』」石崎勝基

    1月28日…「松本竣介『建物』」田中善明

    2月11日…「荒井寛方『美人』」毛利伊知郎

    2月18日…「オノレ・ドーミエ『古代史3 天幕のもとのアキレウス』」生田ゆき

 

2. 『友の会だより』

no.72(2006.7.10)…

「艶麗な線の画家−伊東深水の世界−」道田美貴

「館長就任挨拶」井上隆邦

「子ども美術館Part7 お気に入りをさがせ!」田中善明

表紙解説 前田寛治《風景》」石崎勝基

no.73(2006.11.22)…「〈日本画〉の魅力にせまる−宇田荻邨《山村》、80年ぶりの公開へ−」道田美貴

「子ども美術館Part7 『子どもひろば』(会期中の毎日曜日) 美術館で過ごす時間をキラキラしたものに」那須賢輔

「表紙解説 三岸好太郎《二人の道化》」田中善明

no.74(2007.3.21)…

「シャガール展 愛と夢、そして幻想」生田ゆき

三重の三人−浅野弥衛・小林研三・伊藤利彦〜線と鳥と飛行機と〜」石崎勝基

「−再現!『学校美術館』−」下栄子

表紙解説 小林研三《猫と鳥のいる風景》(原題《ネコ》)」石崎勝基

 

3. 『欅しんぶん』

no.169(2006.4.28)…「チリーダは意外にかわいいかもしれないという話」石崎勝基

no.172(2006.7.20)…「子ども美術館Part7『お気に入りをさがせ!』より」田中善明

 

4.『毎日新聞』(東海版)「週末アート」

2006年4月1日…「岩橋教章『鴨の静物』」毛利伊知郎

    5月11日…「川村清雄『梅と椿の静物』」毛利伊知郎

    6月22日…「小川詮雄『漁村の夏』」毛利伊知郎

    8月3日…「伊藤小坡『つづきもの(下絵)』」毛利伊知郎

    9月14日…「橋本平八『石に就いて』」毛利伊知郎

    10月12日…「宇田荻邨『山村』」毛利伊知郎

    12月21日…「ゴヤ『マドリード闘牛場でフアニート・アピニャーニが見せた敏捷さと大胆さ』」毛利伊知郎

 

5.『あさあけ』

no.679、2006.5…「元永定正『作品』(Museum Piece)」毛利伊知郎

no.681、2006.7…「小川詮雄『漁村の夏』(Museum Piece)」毛利伊知郎

no.683、2006.9…「保田春彦『素描』(Museum Piece)」毛利伊知郎

no.685、2006.11…「宇田荻邨『山村』(Museum Piece)」毛利伊知郎

no.687、2007.1…「ゴヤ版画集『戦争の惨禍』から『真理は死んだ』(Museum Piece)」毛利伊知郎

no.689、2007.3…「宇田荻邨『自画像』(Museum Piece)」毛利伊知郎

 

6.『海の道』

no.12、2006.6…「三重県立美術館(ウィーン美術アカデミー名品展)」毛利伊知郎

no.14、2006.8…「中心市街地の活性化と地域文化(海の道からの提言)」井上隆邦

 

7.『Kuun』

no.17、2006.8…「はじめて担当した展覧会−幻の展観の巻−(美の學藝會)」石崎勝基(ホームページ「学芸室だより」から転載)

 

E.その他の活動

生田ゆき

  1. 「全国美術館会議ホームページ開設・運営研究部会」に参加
     
  2. a 科研海外学術調査「イタリアにおける美術作品の保存・修復の思想と歴史―欧米の各国との比較から―」に参加
    b 海外調査(ナショナル・ギャラリー・ロンドン、コートールド研究所等)
     
  3. 「三重県高等学校社会科研究会世界史部会研修会」講師
     
  4. 「週刊朝日百科 人間国宝41 工芸技術・染色8」伊勢型紙執筆
     

石崎勝基

  1. 「箱の中の空、空の中の箱」、『伊藤利彦−箱の中の空−』展図録、パラミタミュージアム、2006.4.1
     
  2. 「Independent イメージと形式−2005」、REAR、no.13、2006.4
     
  3. 「微塵に十方世界を、過去劫に未来劫をとらえよ」、『塩保朋子展』パンフレット、同時代ギャラリー(Kyoto Art Map 2006)、2006.5.16-28
     
  4. 「平行世界異聞」、『松本幹永展』リーフレット、はるひ美術館、2006.6.8
     
  5. 「原田卓三展」、REAR、no.14、2006.7
     

井上隆邦

  1. 中心市街地の活性化と地域文化」、『海の道』、第14号、2006.8
     
  2. 文化的な視点から見た地域づくり − 考えるヒント」、『地域政策』、2006年秋季号
     
  3. “発掘”進む曾我蕭白のこと(リレーエッセイ21)」、『美連協ニュース』、no.93、2007.2
     
  4. 所蔵コレクション みえ随想」、『中日新聞』、2007年1月7日掲載
     
  5. 『文化』で町おこし みえ随想」、『中日新聞』、2007年3月4日掲載
     
  6. 美術館の『間取り』」 みえ随想、『中日新聞』、2007年4月1日掲載
     

下栄子

  1. 『子どもを語ろう!アートを語ろう!〜美術館と学校が考える鑑賞教育の現在〜 愛知・三重・岐阜三県立美術館協同企画「ルドンとその時代」展関連催事 美術館と学校をつなkぐシンポジウム 記録集』(主催:岐阜県美術館、2006年8月13日開催)
     

田中善明

  1. 2006年8月2日 「美術の楽しみ方」 出前トーク (於:ポルタ久居)
     
  2. 2006年9月15日 「虫菌害対策班による虫カビノートの使い方について」 全国美術館会議保存研究部会(於:東北芸術工科大学)発表
     
  3. 2007年3月2日 「日本版ファシリティーレポートの作成について −2防火」 全国美術館会議保存研究部会(於:神奈川県立近代美術館)発表
     
ページのトップへ戻る