このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

サイト内検索

美術館 > 美術館ガイド > 三重県立美術館ソーシャル・ガイド

三重県立美術館ソーシャル・ガイド

発達障がいのある方(主に自閉症スペクトラム障がいのある方)やその周りの方々にも安心してご来館いただけるよう、2020年度に、三重県自閉症協会の全面的な協力を得て、ソーシャル・ガイド(=ソーシャル・ナラティヴ/コミュニケーションの習慣や暗黙の了解を言葉とイラスト・写真等で説明した教材)を作成しました。障がいの有無にかかわらず、初めてご来館いただく方に幅広く活用していただけるようなコンテンツの作成を目指しました。

ソーシャル・ガイド ※PDFファイル3.5MB
最終更新:2021年3月11日
随時更新します。

令和2年度 文化庁助成事業「美術館のアクセシビリティ向上推進事業」の事業報告ページ

障害者手帳の提示について

三重県立美術館では、
・身体障害者手帳
・精神障害者保健福祉手帳
・療育手帳
をお持ちの方と、付きそいの方1名(手帳をお持ちの方1名につき1名)は観覧無料です。
デジタルID「ミライロID」も2021年2月から利用できるようになりました。

<入場のしかた>
1)正面玄関左手(屋外)の「観覧券売場」には並ばず、直接展示室の入口カウンターへ
  ※企画展示室、常設展示室、柳原義達記念館、どこからでも入れます。
2)最初に入る展示室の入口カウンターで手帳やデジタルID(スマートフォン等)を見せる
3)手帳の確認後、スタッフが日付入りの「当日観覧券」を渡す
4)「当日観覧券」を受け取り、2番目、3番目に入る展示室では入口カウンターで「当日観覧券」を見せる

館内の様子

ソーシャル・ガイドにも写真をのせていますが、Google Arts & Cultureの「ミュージアムビュー」でも、三重県立美術館の館内(1Fエントランスホールや1F企画展示室、2F常設展示室)の様子をご覧いただけます。
※撮影をしたのが2014年なので、現在とは展示している作品が異なります。

Google Arts & Cultureの三重県立美術館のページ

ページID:000248624