このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

サイト内検索

斎宮歴史博物館 > 展示・行事 > 年間行事 > 年間行事

年間行事  

※日程や催事名等は、やむをえない事情により変更となる場合があります。 

平成30年度年間行事

平成30年度年間行事案内・両面 

平成30年度年間行事案内・表面 

平成30年度年間行事案内・裏面 

 
特別展

イクメン!?-平安貴族の子育てパパ宣言!!- 
終了しました!多数のご来場ありがとうございました! 

企画展等

春季企画展  王朝人が愛でた動物たち~あなたはイヌ派?ネコ派?それとも?~ 
終了しました!多数のご来場ありがとうございました!

夏季企画展  斎宮のまわりにも魅力がいっぱい!-斎宮で自由研究2- 
終了しました!多数のご来場ありがとうございました!

第15回 松阪・紀勢界隈まちかど博物館企画展「節(せつ)」
終了しました!多数のご来場ありがとうございました

平成30年度 館蔵品展 NEW Twitterで展示資料の画像を公開中!

平成31年2月23日(土曜)から3月24日(日曜)まで

「描かれた斎王たち」をテーマに、斎宮歴史博物館が所蔵する資料の中から、斎王を描いたさまざまな資料を展示します。

期間 平成31年2月23日(土曜)から3月24日(日曜)まで
9時30分から17時まで(入館は16時30分まで)
休館日 月曜
会場 斎宮歴史博物館 特別展示室
観覧料 無料
※常設展を観覧の場合は、所定の観覧料が必要です
主な展示資料 三十六歌仙図絵巻
(さんじゅうろっかせんずえまき) 江戸時代
三十六歌仙休息図絵巻
(さんじゅうろっかせんきゅうそくずえまき) 江戸時代
三十六歌仙図色紙貼交屏風
(さんじゅうろっかせんずしきしはりまぜびょうぶ) 江戸時代
女房三十六歌仙図屏風
(にょうぼうさんじゅうろっかせんずびょうぶ) 江戸時代
詠歌大概
(えいがたいがい) 江戸時代
野宮図
(ののみやず) 江戸時代

ページのトップへ戻る

エントランス無料企画展示「逸品」(全6回)

斎宮歴史博物館所蔵する貴重な資料1点1点がもつストーリーを紹介します。

【第1回】海を越えてやってきた青磁、白磁 終了しました!  

【第2回】館蔵品の新たな仲間を初披露!
     ~寄贈資料から紀元前後の斎宮・金剛坂周辺をさぐる~ 終了しました

【第3回】博物館学芸員をめざす学生たちが企画しました! 終了しました

【第4回】斎宮にも馬がいた~斎宮出土の馬具・馬歯~ 終了しました

【第5回】謹賀新年!亥が行列する銅鐸!! 終了しました

【第6回】みやこの土器のコピー~平安後期の京都系土師器~ 開催中!

平成31年3月5日(火曜)~5月19日(日曜)

ページのトップへ戻る

講座

特別展記念講演会 終了しました!

歴史講座「王朝貴族が愛でた動物たち」(全3回) 終了しました!

さいくう西脇殿歴史フォーラム(全5回) 終了しました!

史跡公園「さいくう平安の杜」の三棟の復元建物。そのひとつ「西脇殿」で、斎宮やこの地域の歴史・文化に触れ・感じ・学べる講座・シンポジウムのシリーズ「さいくう西脇殿歴史フォーラム」を開催します。

 
 

古典文学講座「人物を通して『平家物語』を知る」 (全8回) 
受講者募集は、終了しています!
  

源平合戦を描いた軍記物語『平家物語』には、数多くの魅力的な登場人物が描かれています。平清盛、重盛、宗盛、知盛、重衡、維盛…。彼らは『平家物語』の中で、どのように生き、またどのように世を去っていったのか。人物にまつわるエピソードや彼らの描かれ方を通して『平家物語』の世界を覗きます。

開講日

3月23日(土曜)

時間 13時30分から15時まで
講師 南山大学人文学部日本文化学科
准教授  森田貴之(もりた たかゆき)さん
会場 斎宮歴史博物館 講堂
その他

ご応募いただいた方の個人情報は、三重県個人情報保護条例等に 

基づき、適切に取り扱います。

共催 斎宮歴史博物館友の会

 斎宮イブニング講座(全9回) 終了しました!

斎宮歴史博物館の学芸員が、斎宮や斎王について、それぞれの専門分野を生かしたお話をします。夕べのひとときをお楽しみください。

  

平成31年度年間行事
※ 日程や催事名などは、都合により変更となる場合がありますので、最新の情報をご確認ください。

平成31年度年間行事 両面  
平成31年度年間行事 表面 平成31年度年間行事 裏面

特別展

斎宮歴史博物館開館30周年記念 史跡斎宮跡指定40周年記念
東雲(しののめ)の斎王 大来皇女と壬申の乱 

2019年10月5日(土曜)から11月10日(日曜)まで  

 万葉集に哀歌を残したとして著名な大来皇女は、壬申の乱に勝利した父・天武天皇によって天照大神宮に侍らされた実質的な最初の斎王です。斎宮跡の最新の発掘調査成果も含め紹介します。 
※ 有料の展覧会です。(ただし、高校生以下は無料です)

ページのトップへ戻る

企画展等

春季企画展  めでたい!のいろいろ―瑞祥(ずいしょう)ときざし―

平成31年4月20日(土曜)から6月2日(日曜)まで  

 いろいろな「めでたい」を紹介します。時代のはじまりの年にあわせ、即位や大嘗祭もとりあげます。
※ 有料の展覧会です。(ただし、高校生以下は無料です)

ポスター展  平成とともに歩んだ斎宮歴史博物館

2019年6月11日(火曜)から6月30日(日曜)まで

夏季企画展  言葉(にほん語)が文字になった-斎宮で自由研究③-

2019年7月6日(土曜)から8月18日(日曜)まで

 漢字・ひらがな・カタカナは、いつ頃から使っていたの?夏休みの自由研究向けの企画展。

第38回埋蔵文化財展

2019年8月24日(土曜)から9月23日(月曜・祝日)まで

 設立30周年を迎えた三重県埋蔵文化財センターの歩みを、選りすぐりの遺跡を通して紹介します。
※ 三重県埋蔵文化財センターが主催の展覧会です。

ポスター展  平成とともに歩んだ斎宮歴史博物館

2019年11月19日(火曜)から2020年1月19日(日曜)まで

第16回 松阪・紀勢界隈まちかど博物館企画展

2020年1月25日(土曜)から2月9日(日曜)まで

 豊かな自然に育まれた歴史ある地域、松阪・紀勢。この地域には、個性あふれるまちかど博物館が数多く存在しています。まちかど博物館館長さんの想いがこめられた、選りすぐりの逸品が顔をそろえます。まちかど博物館館長さんによるギャラリートークや手作り品の販売などもありますので、どうぞ皆さんご家族でお越しください。

ページのトップへ戻る

2019年度 館蔵品展

2020年2月22日(土曜)から4月5日(日曜)まで

 斎宮歴史博物館が所蔵する資料の中から、展示機会の少ない資料を中心に、当館の多様な館蔵品を紹介します。

ページのトップへ戻る

エントランス無料企画展示「逸品」(全4回)
詳細内容は決まり次第掲載します

 斎宮歴史博物館所蔵する貴重な資料1点1点がもつストーリーを紹介します。

ページのトップへ戻る

講座

特別展記念シンポジウム
東雲の時代の斎宮・大和・出雲 (仮題)

詳細内容は決まり次第掲載します

 

※左右にフリックすると表がスライドします。*Flick left and right and the table slides.

日時 平成30年10月20日(土曜) 時間未定
基調講演 里中満智子(さとなか まちこ)さん (漫画家)
その他 事前申込制
募集期間 9月10日(火曜)から10月1日(火曜)

 ページのトップへ戻る

歴史講座「めでたい!!」(全3回)
詳細内容は決まり次第掲載します

第1回 「めでたい改元、ふしぎな元号」

  講師:京都産業大学法学部 准教授 久禮旦雄(くれ あさお)さん
  日時:2019年 7月13日(土曜) 13時30分から15時30分まで
  募集期間:2019年6月1日(土曜)から6月22日(土曜)

第2回 「めでたい!?めでたくない!?世界の人魚」    

  講師:国立民族学博物館 准教授 山中由里子(やまなか ゆりこ)さん
  日時:2019年 9月 7日(土曜) 13時30分から15時30分まで 
  募集期間:2019年7月25日(木曜)から8月17日(土曜)

第3回 「福を呼ぶ!?物知り神獣、白沢のはなし」

  講師:国立鈴鹿工業高等専門学校 講師 熊澤美弓(くまざわ みゆ)さん
  日時:2020年 2月29日(土曜) 13時30分から15時30分まで
  募集期間:2020年1月18日(土曜)から2月8日(土曜)
 

時間 13時30分から15時30分まで
会場 斎宮歴史博物館 講堂
定員 125名 ※応募多数の場合、抽選
申込方法 【往復はがきの場合】
 住所・名前(ふりがな)・電話番号を明記のうえ、
 〒515-0325
 三重県多気郡明和町竹川503
 斎宮歴史博物館 歴史講座係」
 に郵送
  ※はがき1通につき、1名の応募とさせていただきます

【申請・届出等手続の総合窓口の場合】
 三重県ホームページ内「申請・届出等手続の総合窓口」
 の専用ページから応募
  ※1申請につき、1名の応募とさせていただきます
参加費 無料
その他

ご応募いただいた方の個人情報は、三重県個人情報保護条例等に 

基づき、適切に取り扱います。

  ページのトップへ戻る

さいくう西脇殿歴史フォーラム(全5回) 
詳細内容は決まり次第掲載します

 史跡公園「さいくう平安の杜」の三棟の復元建物。そのひとつ「西脇殿」で、斎宮やこの地域の歴史・文化に触れ・感じ・学べる講座・シンポジウムのシリーズ「さいくう西脇殿歴史フォーラム」を開催します。
 

第1回 2019年  5月25日(土曜) 13時30分から15時30分まで

第2回 2019年  8月  3日(土曜) 13時30分から15時30分まで

第3回 2019年11月  2日(土曜) 13時30分から15時30分まで

第4回 2020年  1月25日(土曜) 13時30分から15時30分まで  

第5回 2020年  3月14日(土曜) 13時30分から16時まで


※事前申込不要
※参加無料
 
 

古典文学講座「『日本書紀』壬申紀をたどる」 (全8回) 
詳細内容は決まり次第掲載します  

 

開講日

6月22日・7月27日・8月24日・9月28日・10月26日・11月23日
2月22日・3月28日
※いずれも土曜

※日程は、変更になる場合がありますので、あらかじめご了承
ください。

時間 13時30分から15時まで
講師 大阪大谷大学文学部
准教授  竹本晃(たけもと あきら)さん
会場 斎宮歴史博物館 講堂
定員 125名 ※応募多数の場合、抽選
募集期間 2019年5月8日(水曜)から5月31日(金曜)
申込方法 【往復はがきの場合】
 住所・名前(ふりがな)・電話番号を明記のうえ、
 〒515-0325
 三重県多気郡明和町竹川503
 斎宮歴史博物館 古典文学講座係」
 に郵送
  ※はがき1通につき、1名の応募とさせていただきます

【申請・届出等手続の総合窓口の場合】
 三重県ホームページ内「申請・届出等手続の総合窓口」
 の専用ページから応募
  ※1申請につき、1名の応募とさせていただきます
参加費 500円 ※初回受講時のみ納入
その他

ご応募いただいた方の個人情報は、三重県個人情報保護条例等に 

基づき、適切に取り扱います。

共催 斎宮歴史博物館友の会

 斎宮イブニング講座(全9回) 
詳細内容は決まり次第掲載します  

 斎宮歴史博物館の学芸員が、斎宮や斎王について、それぞれの専門分野を生かしたお話をします。夕べのひとときをお楽しみください。
 

第1回 2019年  7月12日(金曜) 17時30分から18時30分まで 

第2回 2019年  8月  9日(金曜) 17時30分から18時30分まで 

第3回 2019年  9月13日(金曜) 17時30分から18時30分まで 

第4回 2019年10月11日(金曜) 17時30分から18時30分まで 

第5回 2019年11月  8日(金曜) 17時30分から18時30分まで 

第6回 2019年12月13日(金曜) 17時30分から18時30分まで 

第7回 2020年  1月10日(金曜) 17時30分から18時30分まで 

第8回 2020年  2月14日(金曜) 17時30分から18時30分まで 

第9回 2020年  3月13日(金曜) 17時30分から18時30分まで 

 

会場 斎宮歴史博物館 講堂
※平成30年度から会場が変更となりました
受講料 無料
参加方法 当日、会場入口にて受付します

  

こども1日体験発掘教室
詳細内容は決まり次第掲載します

 史跡内の発掘現場で、発掘調査を体験することができます。
 

ページのトップへ戻る

 


 

問い合わせ先
斎宮歴史博物館 学芸普及課
 〒515-0325 三重県多気郡明和町竹川503
 TEL:0596-52-3800(代) FAX:0596-52-3724
 E-mail: saiku@pref.mie.jp

 

ページID:000054279