このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

サイト内検索

斎宮歴史博物館 > 展示・行事 > 年間行事 > 年間行事

年間行事  

※日程や催事名等は、やむをえない事情により変更となる場合があります。
※最新の情報をご確認ください。
  

 

令和元年度(平成31年度)年間行事 両面  
令和元年度(平成31年度)年間行事 表面 令和元年度(平成31年度)年間行事 裏面

特別展

斎宮歴史博物館開館30周年記念 史跡斎宮跡指定40周年記念
東雲(しののめ)の斎王 大来皇女と壬申の乱 

令和元年10月5日(土曜)から11月10日(日曜)まで  

 『万葉集』に愛弟の死を嘆く哀歌を残したことでも知られる大来皇女は、壬申の乱に勝利した父天武天皇によって天照太神宮に遣わされた実質的な最初の斎王です。大来皇女は、その激動の人生を暗示するかのように、661年正月、百済救援軍を率いた斉明(さいめい)天皇らが筑紫へ向かう船上で誕生しました。大来皇女の人生はまさに、「倭国」から「日本」に成長していく日本史の中で最も変革の多い時期と重なります。今回の展覧会では、大来皇女の斎王として、また、万葉歌人としての人生を主軸に、壬申の乱や最新の斎宮跡発掘調査の成果も含め、激動の時代を紹介します。 
※ 有料の展覧会です。(ただし、高校生以下は無料です)

チラシ(表面)は こちら
チラシ(裏面)は こちら

期間 令和元年10月5日(土曜)から11月10日(日曜)まで
9時30分から17時まで(ただし入館は16時30分まで)
休館日 10月7日(月曜)・15日(火曜)・21日(月曜)・28日(月曜)
11月5日(火曜)
場所 特別展示室
観覧料 【個人】 一般400円 大学生260円 高校生以下無料
【団体】 一般320円 大学生200円 高校生以下無料
  ※団体は、20名以上の場合
  ※ただし常設展示を観覧する場合は、所定の観覧料が必要です

【常設展示とセットの場合】
     一般700円 大学生460円 高校生以下無料
  ※上記料金で特別展と常設展を合わせて観覧できます
展示
資料点数
約200点
主な
展示資料
多武峯縁起絵巻(とうのみねえんぎえまき) 下巻之一
室町時代 談山神社蔵
国宝 崇福寺跡塔心礎納置 舎利容器及び供養具
(すうふくじあととうしんそのうち しゃりようきおよびくようぐ)
飛鳥時代 近江神宮蔵
大津市指定文化財 南滋賀町廃寺出土 蓮華文方形軒瓦
(みなみしがちょうはいじしゅつど れんげもんほうけいのきがわら)
飛鳥時代 近江神宮蔵

川原寺出土 複弁蓮華文軒丸瓦・重弧文軒平瓦
(かわらでらしゅつど ふくべんれんげもんのきまるがわら・じゅうこも
んのきひらがわら)
飛鳥時代 奈良文化財研究所蔵

重要文化財 縄生廃寺出土 舎利容器
(なおはいじしゅつど しゃりようき)
飛鳥時代 文化庁蔵

国宝 文祢麻呂墓出土品 墓誌・銅箱
(ふみのねまろぼしゅつどひん ぼし・どうばこ)
飛鳥時代 東京国立博物館蔵

薬師寺縁起(やくしじえんぎ)
江戸時代末期 東京国立博物館蔵

川原寺裏山遺跡出土 三尊塼仏
(かわらでらうらやまいせきしゅつど さんそんせんぶつ)
飛鳥時代 明日香村教育委員会蔵

『天上の虹』複製原画(てんじょうのにじ ふくせいげんが)
里中プロダクション蔵
主催 斎宮歴史博物館
協力 島根県立古代出雲歴史博物館
奈良県立万葉文化館
三重県民共済生活協同組合
後援 朝日新聞社・伊勢新聞社・産経新聞社・中日新聞社
日本経済新聞社津支局・毎日新聞社・夕刊三重新聞社・読売新聞中部支社
NHK津放送局・中京テレビ放送㈱・CBCテレビ・東海テレビ放送
三重テレビ放送・メ~テレ・三重エフエム放送㈱・近畿日本鉄道株式会社
助成 公益財団法人岡田文化財団
日本芸術文化振興基金
■ポスター・チラシの題字「太来皇女」について
 1985年に伝飛鳥板蓋宮跡(でんあすかいたぶきのみやあと)から出土した一群の木簡削り屑の中に大来・大津・大友などの人名や伊勢国などの文字が書かれているものがありました。大来木簡は、「太来」と表記されていました。
 今回のポスター・チラシの展覧会タイトル題字は、この木簡の文字を採用しています。
 
■関連イベント
展示解説会
日時 10月5日(土曜) 13 時30 分から14 時30 分まで(終了時刻は予定)
11月3日(日曜) 13 時30 分から14 時30 分まで(終了時刻は予定)
会場 特別展示室
参加方法 事前申込不要
 ※開始時間までに会場にお越しください
参加費 当日の特別展の観覧券が必要です
史跡斎宮跡発掘調査現場公開
日時 11月3日(日曜) 9時から12時まで、13時から16時まで
場所 史跡斎宮跡第197次発掘調査現場(三重県多気郡明和町竹川字中垣内)
 斎宮歴史博物館から南に約500mの近鉄線路北側です
 車でお越しの際は、ふるさと広場南の砂利敷駐車場に駐車してください
 駐車場から徒歩約5分で発掘調査現場までお越しいただけます
参加方法  事前申込不要
 ※直接現場にお越しください
参加費 無料
名張市・伊賀市・三重県連携展示『壬申の乱と万葉の時代の伊賀』
日時 9月3日(火曜)から10月18日(金曜)まで
9時から16時30分(土曜、日曜、祝日を除く)
会場 名張市役所1階市民ホール(名張市鴻之台1-1)
伊賀市役所1階市民エントランスホール(伊賀市四十九町3184)
三重県伊賀庁舎2階県民ホール(伊賀市四十九町2802)
展示内容 名張市役所会場:大来皇女と夏見廃寺の時代
伊賀市役所会場:伊賀の国府と国分寺
県伊賀庁舎会場:伊賀の古代寺院
その他 観覧無料
9月24日(火曜)に名張市役所会場と県伊賀庁舎会場の展示品を一部入れ替えます。

ページのトップへ戻る

企画展等

春季企画展  めでたい!のいろいろ―瑞祥(ずいしょう)ときざし― 終了しました

平成31年4月20日(土曜)から令和元年6月2日(日曜)まで  

 いろいろな「めでたい」を紹介します。時代のはじまりの年にあわせ、即位や大嘗祭もとりあげます。
※ 有料の展覧会です。(ただし、高校生以下は無料です)

期間 平成31年4月20日(土曜)から令和元年6月2日(日曜)まで
9時30分から17時まで(ただし入館は16時30分まで)
※ 6月1日(土曜)は、「斎王まつり前夜祭」が開催される予定のため、
  開館時間を9時30分から20時まで(ただし入館は19時30分まで)に
  変更する予定です
休館日 月曜
場所 特別展示室
観覧料 【個人】 一般 200円   大学生 160円
【団体】 一般 160円   大学生 140円
※ 高校生以下は無料です
※ 団体料金は、20人以上の場合に適用となります
※ 常設展示を観覧の場合は、所定の観覧料が必要です
主な
展示資料
                     ※ 特記以外は、館蔵資料
日本書紀              江戸時代
延喜式               江戸時代
装束図鑑              江戸時代~明治時代
西園寺車図(写本)         安土桃山時代
文安御即位調度図巻(写本)     江戸時代
仁孝天皇御即位式図         江戸時代      個人蔵
貞享度大嘗祭絵巻          江戸時代
大正天皇御即位大嘗祭絵図      近代
承安五節絵(写本)         江戸時代      個人蔵
舞楽図巻(写本)          江戸時代
伊勢物語図屏風(三重県指定文化財) 江戸時代
富士見業平硯箱           江戸時代
大日本道中参詣記          江戸時代
■パネル展示「江戸の嫁入本 伊勢物語に見るめでたい」 終了しました
期間 平成31年4月20日(土曜)から令和元年6月2日(日曜)まで
9時30分から17時まで(ただし入館は16時30分まで)
※ 6月1日(土曜)は、「斎王まつり前夜祭」が開催される予定のため、
  開館時間を9時30分から20時まで(ただし入館は19時30分まで)に
  変更する予定です
休館日 月曜
場所 エントランスホール
観覧料など 観覧無料
事前申込不要
■お楽しみ講座「代替わりって何?」 終了しました
日時 令和元年5月18日(土曜)  13時30分から
場所 講堂
講師 榎村寛之(学芸普及課長)
参加方法など 事前申込不要
参加には、春季企画展の観覧券が必要です
■展示説明会 終了しました
日時 平成31年4月27日(土曜)     終了しました
令和元年5月  1日(水曜・祝日)  終了しました
     5月25日(土曜)     終了しました
場所 特別展示室
参加方法など 事前申込不要
参加には、春季企画展の観覧券が必要です

ポスター展  平成とともに歩んだ斎宮歴史博物館 終了しました

令和元年6月11日(火曜)から6月30日(日曜)まで

夏季企画展  言葉(にほん語)が文字になった-斎宮で自由研究③- 終了しました

令和元年7月6日(土曜)から8月18日(日曜)まで

 漢字・ひらがな・カタカナは、いつ頃から使っていたの?夏休みの自由研究向けの企画展

期間 令和元年7月6日(土曜)から8月18日(日曜)まで
9時30分から17時まで(ただし入館は16時30分まで)
休館日 月曜
※8月12日(月曜)は、振替休日にあたるため、開館します
※ 8月13日(火曜)は振替休日の翌日にあたるため、休館します
場所 特別展示室
観覧料 無料
※常設展を観覧の場合は、所定の観覧料が必要です
■関連イベント
展示解説会 終了しました
日時 7月21日(日曜) 13時30分から14時30分 終了しました
8月10日(土曜) 13時30分から14時30分 終了しました
参加方法 事前申込不要
参加無料
開催日の開始時刻までにお越しください

第38回埋蔵文化財展 ~センター設立30周年記念展~ NEW
ありがとう「平成」 ~平成の発掘セレクト30~

令和元年8月24日(土曜)から9月23日(月曜・祝日)まで

 設立30周年を迎えた三重県埋蔵文化財センターの歩みを、選りすぐりの遺跡を通して紹介。
※ 三重県埋蔵文化財センターが主催の展覧会です。

ポスター展  平成とともに歩んだ斎宮歴史博物館

令和元年11月19日(火曜)から令和2年1月19日(日曜)まで

第16回 松阪・紀勢界隈まちかど博物館企画展

令和 2年1月25日(土曜)から2月9日(日曜)まで

 豊かな自然に育まれた歴史ある地域、松阪・紀勢。この地域には、個性あふれるまちかど博物館が数多く存在しています。まちかど博物館館長さんの想いがこめられた、選りすぐりの逸品が顔をそろえます。まちかど博物館館長さんによるギャラリートークや手作り品の販売などもありますので、どうぞ皆さんご家族でお越しください。

ページのトップへ戻る

令和元年度 館蔵品展

令和2年2月22日(土曜)から4月5日(日曜)まで

 斎宮歴史博物館が所蔵する資料の中から、展示機会の少ない資料を中心に、当館の多様な館蔵品を紹介します。

ページのトップへ戻る

エントランス無料企画展示「逸品」(全4回)
詳細内容は決まり次第掲載します

 斎宮歴史博物館所蔵する貴重な資料1点1点がもつストーリーを紹介します。

令和元年度【第1回】壬申の乱を伝えた日本書紀-大海人皇子・太陽に戦勝を祈願する- 
終了しました!

令和元年 5月21日(火曜)~ 8月30日(金曜)

【第2回】博物館学芸員をめざす学生たちが企画します! NEW

令和元年 9月1日(日曜)~ 12月1日(日曜)
博物館実習で学芸員資格の取得をめざす学生たちが、松阪市内にあった「天華寺廃寺(てんげじはいじ)」で出土した塼仏(せんぶつ)のレプリカを素材に企画した展示です

ページのトップへ戻る

講座

特別展記念講演会・シンポジウム
東雲の時代の女性たち~大和・出雲・そして斎宮~」 NEW

「記念講演会・シンポジウム」チラシは こちら

 開館30周年記念・史跡斎宮跡指定40周年記念特別展「東雲の斎王 大来皇女(おおくのひめみこ)と壬申(じんしん)の乱」の関連行事として、記念講演会・シンポジウムを開催します。
 第1部の記念講演会では、32年にわたって連載された大河歴史ロマンとして有名な『天上の虹-持統天皇物語-』の作者である漫画家の里中満智子(さとなか まちこ)氏にご講演をいただきます。
 また第2部のシンポジウムは、斎宮歴史博物館の連携館である島根県立古代出雲歴史博物館・奈良県立万葉文化館とともに、古代女性史をテーマに、大来皇女が生きた7世紀後半頃の女性たちについて考えます。

日時 10月20日(日)13時から17時まで
 ※ 受付・開場は12時30分から
 ※ 開催当日は開館時間を9時30分から18時までに延長します
会場 講堂
記念講演会
演題
講師
「『天上の虹』と大伯皇女(おおくのひめみこ)」
 里中満智子さん(漫画家)
  ※ コメンテーターとしてシンポジウムに参加します
シンポジウム コーディネーター
「ヒメミコの時代-天智のムスメたち-」
 国士舘大学文学部史学地理学科 教授 仁藤 智子(にとう さとこ)さん

パネリスト
「『万葉集』の女性たち」
 奈良県立万葉文化館 主任研究員 吉原 啓(よしはら けい)さん

「『出雲国風土記(いずものくにふどき)』の女性たち」
 島根県立古代出雲歴史博物館 主任学芸員 吉松 大志(よしまつ ひろし)さん

「7世紀の斎王 大来皇女(おおくのひめみこ)とその時代」
 斎宮歴史博物館 学芸員 岸田 早苗(きしだ さなえ)
定員 125名
※応募多数の場合は、抽選となります
募集期間 令和元年9月10日(火曜)から10月1日(火曜)まで (締切日必着)
参加方法 事前申込制

【往復はがきの場合】
 往信文面に①お名前②住所③電話番号、
 返信宛名面に返信先住所・お名前を明記のうえ、

 〒515-0325
 三重県多気郡明和町竹川503
 斎宮歴史博物館 学芸普及課 記念講演会係

 に郵送
  ※はがき1通につき、1名の応募とさせていただきます

【申請・届出等手続の総合窓口の場合】
 三重県ホームページ内「申請・届出等手続の総合窓口
 の専用ページから応募
  ※1申請につき、1名の応募とさせていただきます
参加費 無料
募集結果 10月5日(土曜)頃に発送または送信する予定
その他 大来皇女は「大来」のほか「大伯」と表記されることがあります

※左右にフリックすると表がスライドします。*Flick left and right and the table slides.

 

 ページのトップへ戻る

歴史講座「めでたい!!」(全3回)
詳細内容は決まり次第掲載します

第1回 「めでたい改元、ふしぎな元号」 終了しました!

  講師:京都産業大学法学部 准教授 久禮旦雄(くれ あさお)さん
  日時:令和元年 7月13日(土曜) 13時30分から15時30分まで
  募集期間:終了しました!

 

第2回 「めでたい!?めでたくない!?世界の人魚」 終了しました!   

  講師:国立民族学博物館 教授 山中由里子(やまなか ゆりこ)さん
  日時:令和元年 9月 7日(土曜) 13時30分から15時30分まで 
  募集期間:終了しました!

第3回 「福を呼ぶ!?物知り神獣、白沢のはなし」

  講師:国立鈴鹿工業高等専門学校 講師 熊澤美弓(くまざわ みゆ)さん
  日時:令和 2年 2月29日(土曜) 13時30分から15時30分まで
  募集期間:令和2年1月18日(土曜)から2月8日(土曜)
 

時間 13時30分から15時30分まで
会場 斎宮歴史博物館 講堂
定員 125名 ※応募多数の場合、抽選
申込方法 【往復はがきの場合】
 住所・名前(ふりがな)・電話番号を明記のうえ、
 〒515-0325
 三重県多気郡明和町竹川503
 斎宮歴史博物館 歴史講座係」
 に郵送
  ※はがき1通につき、1名の応募とさせていただきます

【申請・届出等手続の総合窓口の場合】
 三重県ホームページ内「申請・届出等手続の総合窓口」
 の専用ページから応募
  ※1申請につき、1名の応募とさせていただきます
参加費 無料
その他

ご応募いただいた方の個人情報は、三重県個人情報保護条例等に 

基づき、適切に取り扱います。

  ページのトップへ戻る

さいくう西脇殿歴史フォーラム(全5回) 
詳細内容は決まり次第掲載します

 史跡公園「さいくう平安の杜」の三棟の復元建物。そのひとつ「西脇殿」で、斎宮やこの地域の歴史・文化に触れ・感じ・学べる講座・シンポジウムのシリーズ「さいくう西脇殿歴史フォーラム」を開催します。

チラシは こちら

第1回 令和元年  5月25日(土曜) 13時30分から15時30分まで 終了しました

「伊勢参りのトリビア(雑学)」  斎宮歴史博物館  船越 重伸
「斎王の交替と天皇の交替」  斎宮歴史博物館  榎村 寛之

第2回 令和元年  8月  3日(土曜) 13時30分から15時30分まで 終了しました

「斎宮薬部司をめぐって」  斎宮歴史博物館  大川 勝宏
「下園東区画の考古学的成果の示すもの~いつきのみや地域交流センターの地下には何があったの?~」  斎宮歴史博物館  宮原 佑治

第3回 令和元年11月  2日(土曜) 13時30分から15時30分まで

「万葉集と大来皇女」  斎宮歴史博物館  岸田 早苗
「三条天皇と当子内親王~斎王への天皇の期待~」  斎宮歴史博物館  松田 茜

第4回 令和 2年  1月25日(土曜) 13時30分から15時30分まで

「ザイショの身近な歴史~明和町の歴史ストーリーとその特徴~」
                     明和町斎宮跡・文化観光課  乾 哲也さん
「中世の斎宮と伊勢平氏」  斎宮歴史博物館  天野 秀昭

第5回 令和 2年  3月14日(土曜) 13時30分から16時まで

発掘成果によるミニシンポジウム  斎宮歴史博物館  調査研究課

※事前申込不要
※参加無料
 
 

古典文学講座「『日本書紀』壬申紀をたどる」 (全8回)
 令和元年度の受講者募集は終了しました!
  

 実在が明らかな最初の斎王である大来皇女が天照太神宮につかわされるきっかけとなった古代史最大の内乱「壬申の乱」について、『日本書紀』壬申紀を中心に学びます。

開講日

令和元年 6月22日・ 7月27日・ 8月24日・ 9月28日・10月26日
    11月23日
令和 2年 2月22日・3月28日
※いずれも土曜

※日程は、変更になる場合がありますので、あらかじめご了承
ください。

時間 13時30分から15時まで
講師 大阪大谷大学文学部
准教授  竹本晃(たけもと あきら)さん
会場 斎宮歴史博物館 講堂
定員 募集受付は終了しています
募集期間 募集受付は終了しています
申込方法 募集受付は終了しています
参加費 500円 ※初回受講時のみ納入
その他

ご応募いただいた方の個人情報は、三重県個人情報保護条例等に 

基づき、適切に取り扱います。

共催 斎宮歴史博物館友の会

 斎宮イブニング講座(全9回) 
詳細内容は決まり次第掲載します  

 斎宮歴史博物館の学芸員が、斎宮や斎王について、それぞれの専門分野を生かしたお話をします。夕べのひとときをお楽しみください。
 

第1回 令和元年  7月12日(金曜) 17時30分から18時30分まで 終了しました

「女官・飯高諸高(いいたかのもろたか)とその時代(その2)」
                           調査研究課 主幹 山中 由紀子
 

第2回 令和元年  8月  9日(金曜) 17時30分から18時30分まで 終了しました

「横穴式石室からみる古墳時代の三重県
~初期横穴式石室から読み解くヤマト王権の地域掌握~」
                           調査研究課 主任 宮原 佑治
 

第3回 令和元年  9月13日(金曜) 17時30分から18時30分まで 終了しました

「見上げてごらん夜の星を~斎宮とその時代の月や星々のはなし3~」
                           調査研究課 課長 大川 勝宏
 

第4回 令和元年10月11日(金曜) 17時30分から18時30分まで

「東雲の斎王 大来皇女と壬申の乱」
                           学芸普及課 主幹 岸田 早苗 

第5回 令和元年11月  8日(金曜) 17時30分から18時30分まで

「斎宮に美雲は現れたのか~斎宮から起こった年号『天応』について~」
                           学芸普及課 課長 榎村 寛之 

第6回 令和元年12月13日(金曜) 17時30分から18時30分まで

「西行が見た斎宮~平安時代末期の斎宮の様相を探る~」
                           学芸普及課 主幹 天野 英昭 

第7回 令和 2年  1月10日(金曜) 17時30分から18時30分まで

「農耕開始期のムラの構図~濠(壕)をめぐらすムラの系譜と変遷~」
                           調査研究課 主査 川部 浩司 

第8回 令和 2年  2月14日(金曜) 17時30分から18時30分まで

「陽明門院禎子内親王~良子内親王の母の華麗なる血筋と苦難の生涯~」
                           学芸普及課 学芸員 松田 茜 

第9回 令和 2年  3月13日(金曜) 17時30分から18時30分まで

「貴族の個性はお香から」
                           学芸普及課 主幹 船越 重伸 

 

会場 斎宮歴史博物館 講堂
※平成30年度から会場が変更となっています
受講料 無料
参加方法 当日、会場入口にて受付します

  

こども1日体験発掘教室 NEW

 史跡斎宮跡の発掘調査現場で、実際に遺跡を掘り、発掘調査の方法を学びます。また、斎宮歴史博物館の展示観覧や発掘調査で出土した土器の洗浄体験、普段見ることができない博物館のバックヤードツアーも行います。
(雨天の場合は室内の体験のみを行います。)

チラシは こちら

実施日時 令和元年10月5日(土曜) 9時から16時まで
令和元年10月6日(日曜) 9時から16時まで
場所 【集合・解散場所】
 斎宮歴史博物館(多気郡明和町竹川503)
【体験発掘場所】
 史跡斎宮跡第197次発掘調査現場
        (多気郡明和町竹川字中垣内地内)
参加対象 小学校3年生から中学校3年生までの児童・生徒
(保護者の参加も可能です。)
持ち物
および
服装
汚れてもよい服装・運動靴(サンダル不可)・帽子・軍手
タオル・飲み物・昼食・筆記用具・上履き等(館内履き替え用)
着替え用の衣類(必要な場合)
参加費 子ども:無料
保護者:1名 700円(特別展観覧料)
定員 10月5日(土曜) 20名
10月6日(日曜) 20名
 ※申し込み多数の場合は抽選となります
応募方法 往復はがきに、

住所
氏名
(参加を希望される児童・生徒と保護者。いずれもふりがな明記のこと)
年齢
電話番号もしくはメールアドレス(中止等緊急連絡に必要)
参加希望日(第1希望日・第2希望日)

を記入の上、

〒515-0325
三重県多気郡明和町竹川503
斎宮歴史博物館「1日体験発掘教室」係

までお申込みください。


※ 児童・生徒と保護者の方を含めて1グループ5名以内で
 お申し込みください。
※ 保護者も参加希望の場合は「保護者参加」と記入してください。
※ 応募者多数の場合は抽選となりますので、第2希望日が記入
 されている方が当選しやすくなります。
※ 抽選結果については、9月25日(水)に応募者全員に発送予定
募集期間 令和元年9月2日(月曜)から18日(水曜)まで【締切日当日消印有効】

ページのトップへ戻る

 

 

ページID:000054279