このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

サイト内検索

斎宮歴史博物館 > 展示・行事 > 現在・これからの展覧会・行事 > 現在・これからの展覧会・行事

現在・これからの展覧会・行事

展覧会

※左右にフリックすると表がスライドします。*Flick left and right and the table slides.

第16回松阪・紀勢界隈まちかど博物館企画展 NEW

チラシは こちら

期間 令和2年1月25日(土曜)から2月9日(日曜)まで
9時30分から17時まで(入館は16時30分まで)
※最終日の2月9日(日曜)は15時で終了
休館日 月曜
会場 特別展示室
観覧料 無料
※常設展を観覧の場合は、所定の観覧料が必要です
その他 展示内容に関するお問い合わせは
松阪・紀勢界隈まちかど博物館事務局
飯南局舎 和み(いいなんきょくしゃ なごみ) 館長 垣本和美
TEL 090-5004-6916

 

エントランス無料企画展示「逸品」 
【第3回】土器を修復するお仕事~斎宮跡出土重要文化財の修復~ 
NEW
 

期間 令和元年12月3日(火曜)から令和2年2月16日(日曜)まで
9時30分から17時まで(入館は16時30分まで)
休館日 月曜
※令和2年2月12日(水曜)は、祝日の翌日ですが、開館します。
会場 エントランスホール
観覧料 無料
※常設展を観覧の場合は、所定の観覧料が必要です
展示資料 黒色土器(こくしょくどき) 短頸壺(たんけいこ)

 

速報展示「飛鳥時代の斎王宮殿域と倉院の発見! 

斎宮歴史博物館では、飛鳥・奈良時代の斎宮(いわゆる「初期斎宮」)の解明を目的とした発掘調査を行っています。平成30年度の発掘調査では、飛鳥時代の斎王宮殿域及び倉院(そういん)と想定される掘立柱塀(ほったてばしらべい)と総柱建物(そうばしらたてもの)群が発見されました。今回の速報展示では、斎宮成立期の重要な成果を得た平成30年度の発掘調査の解説とともに出土土器の展示。

期間 令和2年3月29日(日曜)まで
9時30分から17時まで(入館は16時30分まで)
休館日 月曜
※令和2年2月12日(水曜)は、祝日の翌日ですが、開館します。
※令和2年2月24日(月曜)は振替休日のため、開館します
令和2年2月25日(火曜)は振替休日の翌日にあたるため、休館します
会場 常設展示室Ⅱ 速報展示コーナー
観覧料 所定の観覧料(常設展)が必要です
展示資料 史跡斎宮跡第193・195次調査出土品(飛鳥時代の土師器・須恵器)

 

 講座・イベント       

※左右にフリックすると表がスライドします。*Flick left and right and the table slides.

さいくう西脇殿歴史フォーラム(第4回) NEW

史跡公園「さいくう平安の杜」の三棟の復元建物。そのひとつ「西脇殿」で、斎宮やこの地域の歴史・文化に触れ・感じ・学べる講座・シンポジウム

チラシは こちら

日時 令和2年1月25日(土曜)  13時30分から15時30分まで
※受付開始は13時から
会場 史跡公園「さいくう平安の杜」内 西脇殿
タイトル
講師
概要
「ザイショの身近な歴史~明和町の歴史ストーリーとその特徴~」
  講師:乾 哲也(明和町斎宮跡・文化観光課)
 明和町には、斎宮跡以外にもたくさんの歴史がありますが、身近
 すぎるために普段取り上げられることがない文化財や歴史も多く
 あります。自分たちの住んでいる集落、寺や神社、田んぼがいつ
 からあるのか。そんな身近な歴史をご紹介します。

「中世の斎宮と伊勢平氏」
  講師:天野秀昭(斎宮歴史博物館)
 平安時代の後末期、伊勢国や伊賀国を地盤とした武家の伊勢平氏
 は京の都で立身し、平清盛の代には政権を握るにいたりました。
 清盛の高祖父の正度が斎宮寮頭(または助)として記録にみえる
 など斎宮とも関わりがあった伊勢平氏と斎宮についてご紹介します。
参加費 無料
参加方法 事前申込不要
当日会場先着100名(当日会場に直接お越しください)

 

 歴史講座(第3回)「福を呼ぶ!?物知り神獣、白澤のはなし」 募集受付中

日時 令和2年2月29日(土) 13時30分から15時30分まで
※受付・開場は、12時30分から
講師 鈴鹿工業高等専門学校 教養教育科 講師
熊澤 美弓(くまざわ みゆ)さん
概要 近年、様々なメディアで妖怪をはじめとする不思議な生き物が取り上げ
られています。白澤はそのような生き物のひとつです。中国の黄帝神話
(こうていしんわ)にも現れるこの生き物は、日本に伝わった後、特に
江戸時代において掛け軸や旅行のお守り、護符に姿が描かれるなど、
色々なかたちで受容されました。白澤とはなにものなのか、日本の人々
にどのように受け入れられ、広められていたのか。文献や記録、図像に
残された白澤資料を見ながら考えてみたいと思います。
会場 斎宮歴史博物館 講堂
定員 125名 ※応募多数の場合、抽選
募集期間 令和元年12月26日(木曜)から令和2年2月8日(土曜)まで
※ 締切日必着
申込方法 【往復はがきの場合】
 住所・名前(ふりがな)・電話番号を明記のうえ、
 〒515-0325
 三重県多気郡明和町竹川503
 斎宮歴史博物館 歴史講座係」
 に郵送
  ※はがき1通につき、1名の応募とさせていただきます

【申請・届出等手続の総合窓口の場合】
 三重県ホームページ内「申請・届出等手続の総合窓口」
 の専用ページから応募
  ※1申請につき、1名の応募とさせていただきます
参加費 無料
応募結果 令和2年2月15日(土曜)頃に発送または送信する予定
その他

ご応募いただいた方の個人情報は、三重県個人情報保護条例等に 

基づき、適切に取り扱います。

 

県立図書館 出張図書館 NEW

三重県立図書館では、イベント等の機会を通じてより多くの方々に図書館を利用していただくため、出張図書館を実施しています。
日時 令和2年 2月29日(土曜)12時30分から16時まで
 ※ 13時30分から15時30分までは休止
会場 エントランスホール
内容 ・歴史講座(「福を呼ぶ!?物知り神獣、白澤のはなし」)に
 関する本や、斎宮に関する本の貸出
・歴史講座や斎宮に関連した本のブックリストの配布
注意事項 ・開催日に借りた本は、お住まいの近くの図書館等で返却できます
・本を借りるには、三重県立図書館の利用カードが必要
・利用カードをお持ちでない方は、新規登録がその場でできます
  ※免許証・保険証・学生証など、住所確認・本人確認のできる
   証明書をお持ちください
その他  「出張図書館」については
  三重県立図書館 TEL 059-233-1181
 へお問い合わせください

※左右にフリックすると表がスライドします。*Flick left and right and the table slides.



 
ページID:000054278