このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

サイト内検索

斎宮歴史博物館 > 展示・行事 > 現在・これからの展覧会・行事 > 現在・これからの展覧会・行事

現在・これからの展覧会・行事

年末年始(12月20日~1月14日)の開館予定

年末年始(12月20日~1月14日)の開館予定

展覧会

※左右にフリックすると表がスライドします。*Flick left and right and the table slides.

エントランス無料企画展示「逸品」 
【第3回】土器を修復するお仕事~斎宮跡出土重要文化財の修復~ 
NEW
 

期間 令和元年12月3日(火曜)から令和2年2月16日(日曜)まで
9時30分から17時まで(入館は16時30分まで)
休館日 月曜
※令和元年12月29日(日曜)から令和2年1月3日(金曜)までは
 年末・年始のため休館します。
※令和2年1月13日(月曜)は、祝日のため、開館します
※令和2年1月14日(火曜)は、祝日の翌日にあたるため、休館します
※令和2年2月12日(水曜)は、祝日の翌日ですが、開館します。
会場 エントランスホール
観覧料 無料
※常設展を観覧の場合は、所定の観覧料が必要です
展示資料 黒色土器(こくしょくどき) 短頸壺(たんけいこ)

 

ポスター展  平成とともに歩んだ斎宮歴史博物館 NEW

期間 令和2年1月19日(日曜)まで
9時30分から17時まで(入館は16時30分まで)
休館日 月曜
※令和元年12月29日(日曜)から令和2年1月3日(金曜)までは
 年末・年始のため休館します。
※令和2年1月13日(月曜)は、祝日のため、開館します
※令和2年1月14日(火曜)は、祝日の翌日にあたるため、休館します
会場 エントランスホール
観覧料 無料
展示資料 平成6年度から11年度までに開催した特別展のポスター

 

速報展示「飛鳥時代の斎王宮殿域と倉院の発見! 

斎宮歴史博物館では、飛鳥・奈良時代の斎宮(いわゆる「初期斎宮」)の解明を目的とした発掘調査を行っています。平成30年度の発掘調査では、飛鳥時代の斎王宮殿域及び倉院(そういん)と想定される掘立柱塀(ほったてばしらべい)と総柱建物(そうばしらたてもの)群が発見されました。今回の速報展示では、斎宮成立期の重要な成果を得た平成30年度の発掘調査の解説とともに出土土器の展示。

期間 令和2年3月29日(日曜)まで
9時30分から17時まで(入館は16時30分まで)
休館日 月曜
10月14日(月曜)・11月4日(月曜)、令和2年1月13日(月曜)は
 祝日に、令和2年2月24日(月曜)は振替休日のため、開館します
10月15日(火曜)・11月5日(火曜)、令和2年1月14日(火曜)は
 祝日の、令和2年2月25日(火曜)は振替休日の翌日にあたるため、
 休館します
※令和元年12月29日(日曜)から令和2年1月3日(金曜)までは
 年末・年始のため休館します。
※令和2年2月12日(水曜)は、祝日の翌日ですが、開館します。
会場 常設展示室Ⅱ 速報展示コーナー
観覧料 所定の観覧料(常設展)が必要です
展示資料 史跡斎宮跡第193・195次調査出土品(飛鳥時代の土師器・須恵器)

 

 講座・イベント       

※左右にフリックすると表がスライドします。*Flick left and right and the table slides.

 斎宮イブニング講座(第6回) NEW

斎宮歴史博物館の学芸員が、斎宮や斎王について、それぞれの専門分野を生かしたお話をします。

開催日時 令和元年12月13日(金曜)
17時30分から18時30分まで
タイトル 西行が見た斎宮~平安時代末期の斎宮の様相を探る~
講師 学芸普及課 主幹  天野 秀昭(あまの ひであき)
会場 斎宮歴史博物館 講堂
※平成30年度から会場が変更となっています
受講料 無料
参加方法 事前申込不要
当日、会場入口にて受付します

 

  連携公開講座「西の都・大宰府と沖ノ島 東の都・斎宮と伊勢神宮
               ~地域祭祀の成り立ちと律令祭祀への変質~NEW

チラシは こちら

日時 令和2年 1月18日(土曜)13時から17時まで
 ※ 受付は12時30分から
会場 九州国立博物館 ミュージアムホール
遺跡紹介 「東の都・斎宮と斎王」
山中由紀子(斎宮歴史博物館 調査研究課)

「西の都・大宰府」
吉田東明さん(九州歴史資料館 文化財調査室)
基調報告 「王権祭祀から律令祭祀へ」
 西宮秀紀さん(愛知教育大学 名誉教授)
報告 「考古資料からみた斎宮・伊勢神宮の成立」
 宮原佑治(斎宮歴史博物館 調査研究課)

「考古資料からみた宗像君と沖ノ島祭祀」
 小嶋 篤さん(九州国立博物館 展示課)
シンポジウム コーディネーター
酒井芳司さん(九州歴史資料館 学芸調査室)
定員 280名
※応募多数の場合は、抽選となります
募集期間 令和元年11月13日(水曜)から
令和2年1月8日(水曜)まで (消印有効)
参加方法 事前申込制

【往復はがきの場合】
 往信文面に①郵便番号②住所③名前(ふりがな)
 ④電話番号(電子メールアドレスをお持ちの場合は、
 メールアドレスも併記)、
 返信宛名面に返信先住所・お名前を明記のうえ、

 〒515-0325
 三重県多気郡明和町竹川503
 斎宮歴史博物館 公開講座(福岡)係

 に郵送
  ※はがき1通につき、1名の応募とさせていただきます
参加費 無料
募集結果 令和2年1月15日(水曜)頃に発送または送信する予定

※左右にフリックすると表がスライドします。*Flick left and right and the table slides.


 
ページID:000054278