このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

サイト内検索

斎宮歴史博物館 > 展示・行事 > 現在・これからの展覧会・行事 > 現在・これからの展覧会・行事

現在・これからの展覧会・行事

▼必ずご確認ください
斎宮歴史博物館 感染拡大防止への取り組み 三重県新型コロナウイルス感染症特設サイト
斎宮歴史博物館 お客さまへのご協力のお願い 新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた『三重県指針』ver.14
新型コロナウイルス感染拡大阻止宣言 1月12日~31日

展覧会

エントランス無料企画展示「逸品」【第3回】 NEW

※左右にフリックすると表がスライドします。*Flick left and right and the table slides.

※左右にフリックすると表がスライドします。*Flick left and right and the table slides.

※左右にフリックすると表がスライドします。*Flick left and right and the table slides.

 
タイトル 江戸時代のエコな暮らし-焼継(やきつぎ)で修理された陶磁器-
概要 史跡斎宮跡発掘調査で出土した江戸時代の磁器の茶碗から、江戸時代のモノを大切にする暮らしをご紹介します。
期間 令和4年1月4日(火曜)~3月21日(月曜・祝日)
9時30分から17時まで(入館は16時30分まで)
休館日 月曜
※1月10日(月曜)は開館、翌11日(火曜)は休館
※3月21日(月曜)は開館、翌22日(火曜)は休館
※2月12日(土曜)、24日(木曜)は祝日の翌日ですが開館
会場 エントランスホール
観覧料 無料
※常設展を観覧の場合は、所定の観覧料が必要です

 

第18回 松阪・紀勢界隈まちかど博物館企画展「結(むすぶ)」 NEW

 斎宮歴史博物館が所在する松阪紀勢地域のまちかど博物館では、毎年統一テーマを決めて、博物館の特別展示室を会場に企画展を開催しています。展示を通して、多様で豊かな自然と歴史・文化に育まれたこの地域で活躍しているまちかど博物館の魅力を広く伝えます。
※ 無料の展覧会です
※ 新型コロナウイルス感染状況が拡大しているため、「手作り品販売」は中止します
※ 企画展の内容に関するお問い合わせは松阪・紀勢界隈まちかど博物館運営協議会事務局へお願いします

チラシは こちら

期間 令和4年1月22日(土曜)から2月6日(日曜)まで
9時30分~17時(入館は16時30分まで)
※2月6日(日曜)は、15時にて終了
休館日 月曜
会場 特別展示室
観覧料 無料
ただし、常設展示を観覧の場合は、別途観覧料が必要
主催 松阪・紀勢界隈まちかど博物館運営協議会
斎宮歴史博物館
問合せ先 松阪・紀勢界隈まちかど博物館運営協議会事務局
飯南局舎和み(いいなんきょくしゃなごみ) 館長 垣本和美
電話:090-5004-6916

 

※左右にフリックすると表がスライドします。*Flick left and right and the table slides.

※左右にフリックすると表がスライドします。*Flick left and right and the table slides.

※左右にフリックすると表がスライドします。*Flick left and right and the table slides.

※左右にフリックすると表がスライドします。*Flick left and right and the table slides.

※左右にフリックすると表がスライドします。*Flick left and right and the table slides.

講座・イベント

新映像展示のおひろめ上映と講演会 NEW

※左右にフリックすると表がスライドします。*Flick left and right and the table slides.

チラシは こちら
概要
 
 「今よみがえる幻の宮」に替わる新しい映像を制作し、3月26日(土曜)より公開します。当館での新映像公開に先立ち、歴史小説家の澤田瞳子氏をお迎えし、新映像展示のおひろめ上映と講演会を開催します。
(1)  新映像展示の上映
(2)  記念講演 「私と奈良時代」
   【講師】 澤田 瞳子(さわだ とうこ)さん(歴史小説家)
(3)  対談 「飛鳥・奈良時代の斎宮の姿を求めて」
        澤田瞳子さん  榎村寛之(斎宮歴史博物館)
澤田瞳子さん
 1977年京都市生まれ。同志社大学文学部文化史学専攻卒業、同大学院
博士課程前期修了。専攻は奈良時代仏教制度および正倉院文書の研究。
2010年、『孤鷹の天』で小説家デビュー。同作により第17回中山義秀文
学賞を受賞。2013年、『満つる月の如し 仏師・定朝』で第2回本屋が選
ぶ時代小説大賞ならびに第32回新田次郎文学賞を受賞。2016年、『若冲』
で第9回親鸞賞受賞。2020年、『駆け入りの寺』で第14回舟橋聖一文学
賞受賞。2021年、『星落ちて、なお』で第165回直木賞受賞。その他に
も『腐れ梅』『火定』、『落花』、『能楽ものがたり 稚児桜』など。
日時

令和4年3月12日(土曜) 13時30分~16時
※受付・開場は、12時30分から

会場 三重県男女共同参画センター「フレンテみえ」1階 多目的ホール
(三重県津市一身田上津部田1234 三重県総合文化センター内)
※ 会場は、斎宮歴史博物館ではございません
  お間違えの無いようにご注意ください
定員 160名
※定員を超えた場合は抽選
参加費 無料
募集期間 令和4年1月20日(木曜)から令和4年2月24日(木曜)まで
※締切日必着
申込方法 事前申込制

【往復はがき】
 住所・名前(ふりがな)・電話番号を明記のうえ
  〒515-0325
  三重県多気郡明和町竹川503
  斎宮歴史博物館 おひろめ講演会係
 へお申込みください

【インターネット】
 三重県ホームページ「各種手続・サービス」の
  「申請・届出等手続の総合窓口」
 からご応募ください

※応募は、はがき1枚または申請1件につき一名様とさせていただきます。
※電話、FAX、Eメールでの応募は、承っていません。
結果通知 2月25日(金曜)に発送・発信の予定
関連
イベント
会場ロビーにて、新映像紹介のパネル展示を開催
その他 (1) 新型コロナウイルス感染症拡大の状況によっては、内容の変更やイベントを中止する可能性があります。
(2) 緊急事態宣言が発出されている都道府県やまん延防止等重点措置及び飲食店等への営業時間短縮等の要請がなされているエリアにお住まいの方は、生活の維持に必要な場合を除き三重県への移動の自粛についてご協力をお願いします。その他の地域にお住まいの方についても、お住まいの都道府県の移動に関する方針等にご留意いただき、必要性について今一度立ち止まって慎重に検討し、可能な限り移動を控えてください。また、体調が悪い場合は移動を避けてください。
(3) 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、次のことをお願いしています。ご理解・ご協力をお願いいたします。
 〇発熱や咳等の風邪症状が見られる方の来場を控えていただくこと。
 〇マスクの持参及び着用のうえ来場いただくこと。
 〇感染予防のために手洗いを徹底いただくこと、アルコール消毒液をご利
  用いただくこと。
 〇人と人との十分な間隔(できるだけ2mを目安に)をおとりいただくこと。
 〇「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」をインストールする
  ともに、「安心みえるLINE」を読み込んでいただくこと。

※ 詳細は、総合文化センターホームページをご確認の上、ご来場ください
  【2021年6月30日更新】安全・安心にご利用いただくために
  新型コロナウイルス感染症に関する当センターの対応について
 

令和3年度 古典文学講座「斎王と和歌」 (全6回) 
※応募受付は終了しています!

概要
 
 和歌と関係の深い二人の斎王を取り上げます。一人は伊勢斎宮であった徽子女王(よしこじょおう)。後に斎宮女御(さいくうのにょうご)と呼ばれ、三十六歌仙にも選ばれました。もう一人は賀茂斎院であった選子内親王(のぶこないしんのう)。高度な文学サロンを形成していました。
 平安時代の文化や習俗に目を向けながら、二人の斎王の歌集を読み解いていきます。
開講日

令和3年 6月26日・ 7月24日・9月25日・11月27日
※ 6月26日開催分は、10月23日開催に変更となりました
※ 9月25日開催分は、令和4年3月19日開催に変更となりました 
令和4年   1月22日・ 2月26日
※いずれも土曜

時間 13時30分から15時まで
講師 皇學館大学 文学部 国文学科
助教  吉井 祥(よしい しょう)さん
会場 斎宮歴史博物館 講堂
        別室モニター席
定員 応募受付は終了しています
募集期間 応募受付は終了しています
申込方法 応募受付は終了しています
参加費 500円 ※初回受講時のみ納入
共催 斎宮歴史博物館友の会

 

※左右にフリックすると表がスライドします。*Flick left and right and the table slides.

 


 
ページID:000054278