トップページ  > 所蔵品検索  >   > ピサロ、カミーユ


ピサロ、カミーユ ぴさろ

生没年

1830-1903

出身国

フランス

記事

ピサロ展図録 1998.6

略歴

1830年  7月10日、バージン諸島、セント・トマス島のシャーロット・アマリーに生まれる。

1855年  セント・トマス島を離れてパリに赴く。
       10月15日頃パリに到着し、パリ万博博覧会を見学。
       その直後コローに会い、深い感銘を受ける。
1859年  初めてサロンに出品。
       アカデミー・シュイスに通い始める。
       そこでモネと会い、1860年にはギョーマンとセザンヌに会う。
1863年  落選展に出品し、銅版画家協会の会員となる。
1866年  ポントワーズに移住。1869年まで住む。
       マネ、モネ、ルノワール、シスレー、ギュメとの親交を深める。
1870-71年  普仏戦争。ルヴシェンヌを離れ、12月にロンドンに到着する。
          画家のドービニーと画商のポール・ヂュラン=リュエルに会う。
          6月14日、ブドウ栽培家の娘であったジェリー・ッヴェレーと結婚。

1873年  ピサロとセザンヌの間に制作上の親密な関係が強まり1870年代を通じ、1880年代の初めまで続く。

1874年  4-5月、第1回印象派展に5点を出品。

1876年  4-5月、第2回印象派展に12点を出品。

1877年  4月、第3回印象派展に22点を出品。

1879年  ゴーギャンとの友情がはじまる。
       4-5月、第4回印象派展に38点を出品。
        (1880年、第5回印象派展にも出品)。

1881年  4月、第6回印象派展に28点を出品。

1882年  3月、第7回印象派展に36点を出品。

1883年  5月、デュラン=リュエルにより個展が開催される。

1885年  シニャックとスーラと親交を結び、新印象主義の理論に関心を持つ。

1886年  5-6月、最後となった第8回印象派展に20点を出品

1889年  2月、ブリュッセルの20人展に出品。

1891年  2月、ブリュッセルの20人展に出品。
1893年  3月、デュラン=リュエル画廊で大規模なピサロ展。トゥールーズ=ロートレックに会う。
1894年  2-3月、ブリュッセルの「自由美学」展に出品。

1895年  2-4月、ブリュッセルの「自由美学」展に出品。

1897年  アンリ・マティスと会う。

1899年  3-4月、ベルネーム=ジュヌ画廊で大規模なピサロ展。

1903年  11月13日、パリ、モルラン大通り一番地で死去。ペール・ラシェーズ墓地に埋葬される。

館蔵作品

作品名 制作年 材料 寸法
農夫モロン親爺 1879年 エッチング・紙 10.5×16.3
鋤で耕す農婦 1890年 エッチング・紙 11.5×11.9
ページのトップへ戻る