トップページ  > 所蔵品検索  >   > ヴラマンク、モーリス・ド


ヴラマンク、モーリス・ド う゛らまんく

生没年

1876-1958

出身国

フランス

記事

ひるういんどno.30(1990.3) 東俊郎 「モーリス・ド・ヴラマンク 『辺境伯』(表紙解説)

略歴

1876年  4月4日、フランスのパリに生まれる。

1893年  競輪選手および修理工になる。

1894年  シュザンヌ・ベルリーと結婚。

1900年  アンドレ・ドランと出会う。

1905年  アンリ・マティスと出会う。サロン・ドートンヌ展に出品、「野獣(フォーヴ)の群れ」 と評される。

1907年  アンブロワーズ・ヴォラールの企画による最初の個展

1919年  ドルエ画廊で二度目の個展。

1929年  自伝『危険な曲がり角』を出版。

1933年  パレ・デ・ボザールで回顧展。

1958年  ジュネーヴのアテネ美術館で回顧展。
       10月11日、死去。

館蔵作品

作品名 制作年 材料 寸法
『無告の民』 挿絵本 ジョルジュ・デュアメル著 1927年 リトグラフ・紙/エッチング・紙 29.2×4.3
『辺境伯』挿絵本 ル・ビアン著 1955年 木版・紙 24.0×18.8
ページのトップへ戻る