十六羅漢図


コレクション

小津家寄贈

ジャンル

絵画(日本画等)

作者名

月僊
Gessen

制作年

制作年不詳

材料

紙本墨画

寸法

149×87.0

署名

左下: 月僊 「寂照主人」(白文方印) 「月僊」(朱文方印)

寄贈者

旧小津家寄贈

来歴

-

初出展覧会

-

作品名欧文

Sixteen Arhats
関連資料

解説

 画面に描かれた人物は十六人を数えるが、これは釈迦(しゃか)の涅槃(ねはん)に際し、とくに仏法の護持を命じられた羅漢、いわゆる十六漢を描いているからである。十六羅漢に対する信仰は「西遊記」でおなじみの玄奘の訳書がきっかけをつくったといわれている。
 羅漢は仏教の修行を全うして、人々から尊崇をうける聖者で、そのため若い人物として描かれることは少ない。一般に髪を剃り、袈裟(けさ)を着た姿で描かれる。
 中国では、古くから仏画の代表的な主題で、顔の表情から禅月様、李竜眠様(いずれも伝統的な代表画家の名をとっている)に大別される。日本にも移人されて盛んに描かれた。
 ここには、月僊様とでもいえるような、いかにも月僊らしい簡疎な羅漢が描かれているが、画面全体に薄墨を塗り、余白を人物に充てる機知的描法も見逃せない。 (山口泰弘 中日新聞 1990年2月2日掲載)

展覧会歴

-

文献

-
English
ページのトップへ戻る