トップページ  > 所蔵品検索  >  所蔵品詳細検索  > 所蔵品一覧  >  版画集「サーカス」 全38点

版画集「サーカス」 全38点


コレクション

版画集「サーカス」 全38点

ジャンル

版画

作者名

シャガール、マルク
CHAGALL, Marc

制作年

1967年

材料

リトグラフ・紙

寸法

42.0×32.0, 42.0×64.0

署名

Marc Chagall

寄贈者

(財)岡田文化財団寄贈

来歴

-

初出展覧会

-

作品名欧文

Le cirque (Set of Thirty-eight Prints)
関係サイト →他の作品解説
関連資料

解説

 曲芸師や動物や楽器などが散りばめられた画面は、楽しく運動感にあふれている。空中を浮遊する人々というのは、シャガールがもっとも得意としたモチーフである。眺める観衆をも含めて、会場のざわめきが聞こえてくる。
 サーカスについてシャガールはかつて次のように語った。「サーカスは最も悲しいドラマだと思う。それは何世紀にもわたって人々の悲しみや喜びを追求した者の究極的な鋭い叫びだ。」
 画商ヴォラールとシャガールの二人が、サーカスを主題にした版画集の構想を練ったのは一九三〇年代のことであったという。だが、その計画はヴォラールの不慮の事故のために中断され、三十年以上も経ってから、ヴォラールと同様の情熱を持つテリアドなる人物の尽力によって、ようやく版画集が完成した。
 夢と現実とが交錯するサーカスの世界は、シャガール芸術の汲めきども尽きぬ源泉であるが、愉快な雰囲気の中に、いうにいわれぬ悲しさが見え隠れするのを見逃してはならない。 (中谷伸生 中日新聞 1991年1月11日掲載)

展覧会歴

プリント・ワンダーランド 親と子でみる版と版画(平塚市美術館 1995)
冒険美術Ⅳ-夢でオドロキ(滋賀県立近代美術館 2000)※口絵と第24葉のみ
珠玉の近代絵画~岡田文化財団コレクションより~(四日市市立博物館 2001)
三重県立美術館名品展Ⅱ ヨーロッパ版画の散歩道(川越市立美術館 2003) no.16
岡田文化財団コレクション―珠玉の近代絵画展(そごう美術館・横浜 2004)
未来への贈りもの―岡田文化財団寄贈作品展(三重県立美術館 2009)
コレクション展 物語る美術(三重県立美術館 2011)
エトランジェ―異国への眼差し(三重県立美術館 2012)
版画の競演―三重・奈良・福井 三県立美術館コレクションによる―(福井県立美術館 2013)

文献

シャルル・ソルリエ編、中山公男監訳『シャガール・リトグラフ全作品集 第2巻』、講談社、1987年、no.490-527
English
ページのトップへ戻る