風景


コレクション

-

ジャンル

絵画(油彩画等)

作者名

野田英夫
NODA Hideo

制作年

1936(昭和11)年

材料

油彩・ボード

寸法

30.0×45.5

署名

左上 Hideo Noda 1936

寄贈者

-

来歴

-

初出展覧会

第2回新制作派協会展(1937)

作品名欧文

Scene
関連資料

解説

冬枯れの寒々とした林道がふた手に分かれている。何とも言えないさみしさを感じさせる風景で、オズの魔法使いではないけれど、これからどちらに進めばよいのか、そんな選択に迫られているかのようだ。カリフォルニア生まれの野田英夫が二十代後半に描いた作品で、この年、野田は日本からアメリカに戻った。彼の作品には、庶民への温かいまなざしや、夢のような世界がたびたび主題として登場するが、この「風景」にはそんな要素が見つからない。両親の意向で十八歳まで叔父のいる日本で暮らし、その後アメリカのハイスクールで学び、大恐慌という激動の中アメリカ人女性と結婚する。帰米二世としての自分の心のよりどころ、故郷はいったいどこにあるのか。分断された状態の野田の心情を考えると、この風景が単なる自然描写ではないことに気づく。
(県立美術館学芸員・田中善明)

展覧会歴

昭和の洋画-戦前の動向-(京都市美術館) 野田英夫展(1979年 熊本県立美術館) アメリカに学んだ日本の画家たち(1982年 東京国立近代美術館) アメリカン・シーンの日本人画家たち展(1995年 練馬区立美術館)
エトランジェ―異国への眼差し(三重県立美術館 2012)
コレクションの全貌展(三重県立美術館 2013)

文献

-
English
ページのトップへ戻る