このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

歿後50年 安井曾太郎展

展覧会期 2005年8月6日〜9月25日
他開催先 宮城県美術館 4月16日〜6月5日
茨城県近代美術館 6月11日〜7月24日
図録 28×22.6p、 200ページ
多色173図
●ごあいさつ 主催者
●画家安井曾太郎が遺したもの−歿後50年の思い出を中心に− 富山秀男/ブリヂストン美術館長
●図版  
 T 帰国まで 1903-1914 作品解説:有川幾夫、井野功一、田中善明
 U 模索の時代 1915-1928  
 V 「安井様式」の成立 1929-1935  
 W 一水会時代 1936-1955  
 表紙原画・水彩・素描  
●安井曾太郎の「実写図」について 有川幾夫/宮城県美術館学芸員
安井曾太郎の技法の魅力(断片) 田中善明/三重県立美術館学芸員
●滞欧期、安井曾太郎の洋画摂取 井野功一/茨城県近代美術館学芸員
●安井曾太郎年譜 井野功一編
●「言葉」  
●安井曾太郎主要参考文献 田中善明編
作品リスト  
編   集 宮城県美術館、茨城県近代美術館、三重県立美術館、東京新聞
発   行 東京新聞 2005

年報

ページのトップへ戻る