このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

B-企画展3

【歿後50年 安井曾太郎展】

2005年8月6日(土)〜9月25日(日)

【主催】…三重県立美術館+中日新聞社+(財)岡田文化財団

【担当】…田中善明

 

◎安井曾太郎(1888-1955)は、近代日本洋画を代表する重要な画家であり、三重県立美術館には、油彩・水彩・素描をあわせて13点を所蔵している。出身地の京都で浅井忠に学び、19歳でパリに留学、アカデミー・ジュリアンでは優秀な成績を修め、留学の後半からはセザンヌの絵画に深く傾倒し、堅牢な造形を獲得した。帰国後翌年の第2回二科展では、滞欧作品が特別陳列され華々しい反響と、若い作家への影響を与えたが、その後独自の様式を求めて長く停滞した模索の時期を送った。1929(昭和4)年、《座像》を皮切りに、躍動感のあ独自の様式を確立、同郷のライバル梅原龍三郎と昭和美術の一時代を築くに至った。

◎今回の展覧会は、安井曾太郎の初期から晩年にいたるまでの主要な作品を一堂に集め、その業績を再評価するとともに、安井様式が確立するまでのプロセス解明を試みた。

 

関連事業

講演会
8月13日(土)…講師=島田康寛(京都国立近代美術館)
会期中・・・「ひろがる写実」と題した子ども向けコレクション展示
8月中の毎週土曜日・・・子どもひろば

 

主な新聞記事等

東京新聞

6月22日…「模索期から代表作まで144点 安井時代を一望(総合首都版)」井野功一(茨城県近代美術館学芸員)

中日新聞

8月6日…「安井曾太郎展津できょう開幕 没後50年を記念(三重版)」
8月31日…「油絵模索の過程がわかる 没後50年安井曾太郎展(岐阜・三重版)」森本陽子

8月7日…「安井曾太郎『裸婦』(美術館だより)」毛利伊知郎
8月14日…「安井曾太郎『女の顔』(美術館だより)」田中善明
8月21日…「安井曾太郎『京都郊外』(美術館だより)」田中善明
8月28日…「安井曾太郎『深井英五氏像』(美術館だより)」田中善明
9月4日…「安井曾太郎『F夫人像』(美術館だより)」田中善明
9月11日…「安井曾太郎『桃』(美術館だより)」石崎勝基
9月18日…「安井曾太郎『秋の城山』(美術館だより)」田中善明
9月25日…「安井曾太郎『承徳喇嘛廟』(美術館だより)」東俊郎
8月24日…「安井曾太郎『座像』(安井曾太郎展 上 三重総合版)」田中善明
8月25日…「安井曾太郎『奥入瀬の渓流』(安井曾太郎展 中 三重総合版)」田中善明
8月27日…「安井曾太郎『孫』(安井曾太郎展 下 三重総合版)」田中善明

京都新聞
8月27日…「日本的油絵確立 見渡す 安井曾太郎展 没後50年」岩本敏朗

日経新聞
6月29日…「何度見ても飽きぬ鮮やかさ 安井曾太郎展」宝玉正彦

朝日新聞

7月4日…『「日本的」感じさせる「線」』田中三蔵

三重ふるさと新聞
8月11日…「歿後50年 安井曾太郎展 9月25日まで 県立美術館で開催中」

日刊 県民福井
8月24日…「近代洋画に独自の作風 安井曾太郎展」

HILL WIND(三重県立美術館だより)
8号 p.1 「歿後50年 安井曾太郎展」 田中善明

HILL FRIENDS(三重県立美術館友の会だより)
69号 p.3「安井曾太郎再考」 田中善明

 

歿後50年 安井曾太郎展 第1室 歿後50年 安井曾太郎展 第2室
(左)第1室・(右)第2室

歿後50年 安井曾太郎展 第3室 歿後50年 安井曾太郎展 第4室
(左)第3室・(右)第4室

 
作家別記事一覧:安井曾太郎
ページのトップへ戻る