このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

B−企画展1

【英国国立ヴィクトリア&アルバート美術館展】
−ルネサンスからら印象派まで−

1991年4月6日(土)〜5月6日(日)

【主催】…三重県立美術館+読売新聞中部本社+中京テレビ放送
【後援】…外務省+文化庁+英国大使館+ブリティッシュ・カウンシル
【協賛】…共亜火災海上保険株式会社
【協力】…日本航空
【企画・協力】・‥潟vレーントラスト

【担当】…石崎勝基
【ポスターデザイン】…杉浦康平+谷村彰彦

◎ロンドンにあるヴィクトリア&アルパート美術館は、1852年に創設された産業博物館をもとにしててきた英国の美術館である。

一般に、装飾美術の大美術館として知られているが、それだけではなく、ルネサンス以降の西欧絵画も豊かに収蔵されている。

本展はその内、ルネサンスから印象派にいたる、イタリア、スペイン、オランダ、イギリス、フランスなどの画家48人の作品全50点を紹介した。

関連事業

講演会
4月20日(土)…「リアリズムの系譜」 講師=千足伸行成城大学教授

主な新聞記事

読売新聞
3月19日…「英国国立ヴィクトリア&アルバート美術館展」
4月5日…「ヴィクトリア&アルパート美術館展」…‥海住恒幸
4月6日…「心待ち、秀作50点」
      「西欧絵画の名作50点 きょうから一般公開」
4月13日…「ヴィクトリア&アルパート美術館展『優雅な美』に高まる人気」
4月15日…「英国国立ヴィクトリア&アルパート美術館展 ヨーロッパ絵画の宝庫」…中谷伸生
4月21日…「『写実主義いまなお共感』美術講演会に100人」
4月29日…「名画鑑賞のGWどっと」
5月2日…「終盤、一段とにぎわう」
5月6日…「英国美術館展 きょうが最終日」

ヨーロッパの美(東海版)
4月9日…1.「カルロ・クリヴェルリ/聖母子」…石崎勝基
4月10日…2.「トマス・ゲインズポロ/画家の二人の娘の肖像」…湊典子
4月11日…3.「ジョン・コンスタブル/主教の庭から見たソールズベリー大聖堂」…湊典子
4月13日…4.「ダンテ ・ガブリエル・ロセッティ/白昼夢」…湊典子

ヨーロッパの美(三重版)
4月23日…1「ディエゴ・ベラスケス/質素な食事をする二人の若者」…中谷伸生
4月24日…2「ヤン・ファン・ホイエン/宿のある川の眺め」…森本孝
4月25日…3「ウイリアム・ブレイク/エジプトの聖母子」…東俊郎
4月26日…4「ルイ・ルナン/人物のいる風景(騎士の休息)」…荒屋鋪透
4月27日…5「エドガー・ドガ/マイヤーベーアのオペラ『悪魔のロベール」のバレエ場面」…石崎勝基
4月28日…6「バルトロメ・エステバン・ムリーリョ/ヤコプを祝福するイサク」…石崎勝基

図録

 

ひるういんど no.35(1991.7)

 石崎勝基 「アクセルxブレーキ=スピン-英国国立ヴィクトリア&アルバート美術館展よりムリリョ『ヤコブを祝福するイサク』をめぐって」

 荒屋鋪透「ヤン・ファン・ホイエン『宿のある川の眺め』(表紙解説)

  

友の会だより no26, 1991.3.1

ヴィクトリア&アルバート美術館展」石崎勝基

会場風景

【英国国立ヴィクトリア&アルバート美術館展】−ルネサンスからら印象派まで− 会場風景1

【英国国立ヴィクトリア&アルバート美術館展】−ルネサンスからら印象派まで− 会場風景2

【英国国立ヴィクトリア&アルバート美術館展】−ルネサンスからら印象派まで− 会場風景3

ページのトップへ戻る