このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

サイト内検索

三重県総合博物館 > スケジュール > 企画展示 > 三重の実物図鑑 三重の歴史公文書 神仏分離令

三重の実物図鑑 三重の歴史公文書 神仏分離令

期間:2022年9月17日(土)から10月16日(日)まで

【内容】

旧師職取調書類一式
旧師職取調書類一式

展覧会概要

明治政府による宗教改革によって、神宮の御師制度の廃止や、伊勢市内を中心に多くの寺院が廃寺となりました。それまでの信仰のあり方を大きく変えた改革を、当時の公文書から振り返ります。

主な展示品

旧師職取調書類
全国からの伊勢参宮を支えてきた伊勢御師は、明治4(1871)年、政府の命によって廃業となりました。その後、同11(1878)年に扶助金が交付されることになり、その際にまとめられた旧御師の調査資料です。
廃寺となった寺院の境内図
神仏分離令により廃寺となった、現在の伊勢市辻久留町に所在した真言宗の寺院威勝寺と、倭町にあった天台宗寺院常明寺の当時の境内図です。
宇治町在寺院取調帳
明治元(1868)年に作成されたもので、内宮所在の宇治にある寺院について、町ごとに列記したものです。現在はもう存在しない寺院の名が多数あります。

【観覧料】

無料 

資料閲覧室での関連展示

当館3階資料閲覧室では、「特定歴史公文書にみる明治文化財保護ことはじめ」を開催しています。
期間:2022年9月17日(土)から10月30日(日)まで
ページID:000260853