このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

サイト内検索

三重県総合博物館 > トピック展「くらしの道具」を開催します

令和04年11月18日

トピック展「くらしの道具」を開催します

 三重県総合博物館(MieMu)では、トピック展「くらしの道具」を開催いたします。この展覧会では、おもに昭和のはじめ頃から現代にかけて使用されてきた生活の道具を紹介します。長く丁寧に扱われてきた道具から、ものを大切にする心や、ものに込められた知恵や工夫を知るとともに、新しい道具の登場により、私たちのくらしがどのように変化してきたのかを考える機会とします。

1期間:令和5年1月7日(土)から2月5日(日)まで
 休館日:毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)
2開催時間:9時から17時まで ※入場は閉場の30分前までとなります。
3会場:三重県総合博物館3階 企画展示室(津市一身田上津部田3060)
4観覧料:基本展示観覧料でご覧いただけます。(一般520円、学生310円、高校生以下無料)
5展示内容
 くらしのなかで使われてきた道具について、台所・居間・寝室・便所など、使われてきた場所ごとに紹介します。また、会期が正月時期に重なることから、正月準備に使われる餅つきの道具や、三重県内の地域的な特色がみられる雑煮についてもトピックとして取りあげます。社会科で「くらしのうつりかわり」を学習する小学生も、道具の移り変わりとともに、人びとの生活も変化してきたことへの理解が深められる展覧会です。
6主催:三重県総合博物館
7後援:三重県博物館協会
8関連行事「くらしの道具のおはなし会」
 内容:昭和の時代に使われていた道具が登場する絵本の読み聞かせと、その道具の使い方を紹介します。
 日時:令和5年1月12日(木)11時から11時30分まで
    令和5年1月22日(日)14時30分から15時まで
 場所:2階 交流活動室
 対象:どなたでも参加できますが、未就学児は保護者の同伴が必要です。
 定員:各日20人(当日受付・先着順)
 参加費:無料


関連リンク

地図情報


ページID:000268614