このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

サイト内検索

三重県総合博物館 > 展示案内 > 企画展示 > 開館記念企画展第3弾 でかいぞ ミエゾウ!~化石が語る巨大ゾウの世界~

開館記念企画展第3弾 でかいぞ ミエゾウ!~化石が語る巨大ゾウの世界~

会期:平成26年7月29日(火)~9月28日(日)

 【内容】

 

でかいぞ ミエゾウ!

 「ミエゾウ」は、学名をStegodon miensisと名付けられた太古のゾウで、全長8m、体高4mと、日本国内で化石の発見された陸上哺乳類では、史上最大です。ミエゾウは、約430~300万年前に日本列島付近に生息し、1882年、三重県内ではじめて発見されたことから学名に三重の名が冠せられたのです。MieMuでは、全国で初めてミエゾウの全身骨格標本を復元し、展示しています。

 

 本企画展では、ミエゾウ、アケボノゾウを中心としたゾウの進化の展示に加え、ゾウ化石発見時のエピソード、旧三重県立博物館の調査で明らかになった地質・微化石・大型化石等の研究成果を紹介し、この時代の気候変動とこれに伴い起った自然環境の変化についてご紹介します。

【主催・協力機関】

主催: 三重県総合博物館

協力機関: 大阪市立自然史博物館、宇佐市教育委員会、壱岐市教育委員会、江津市教育委員会、江津市都野津公民館、伊賀市教育委員会、

        亀山市歴史博物館、桑名市教育委員会、四日市市立博物館

【関連イベント】

記念講演会

日時  平成26年8月10日(日)午後1時30分~午後3時30分

場所  三重県総合博物館 レクチャールーム

講師  樽野博幸 氏(元 大阪市立自然史博物館 学芸課長)、三枝春生 氏(兵庫県立大学 准教授)

演題  「ミエゾウとそのなかま ~ミエゾウは、どこから来てどこへ行ったか~」(樽野氏)

       「よみがえるミエゾウ ~3次元モデルによる全身骨格の復元~」(三枝氏)

定員  80名

参加費  無料

申込方法 往復はがきの往信面に参加者全員(1件につき4名様まで)の氏名、年齢、代表者の住所、当日連絡がとれる電話番号をご記入ください。

応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。抽選の結果と開場時間や集合場所等の詳細については、返信ハガキにてご連絡いたします。

なお、悪天候などにより中止することがあります。開催の可否については、ホームページをご覧いただくか、博物館へお問い合わせください。

申 込 先 〒514-0061 三重県津市一身田上津部田3060  三重県総合博物館「でかいぞ ミエゾウ!講演会」係あて

ギャラリートーク

日時 8月2日(土)  午後2時から午後3時

    8月3日(日)  午後2時から午後3時

    8月30日(土) 午後3時45分から午後4時45分

※時間になりましたら、3階企画展示室へ入口へお集まりください。

※企画展のチケットが必要ですので、ご注意ください。

こども向けイベント

こども化石調査体験

日時 8月23日(土)    10時から11時30分

    9月14日(日)    10時から11時30分

    9月15日(月・祝)  10時から11時30分

定員 各回30名

参加方法 ご参加いただくには整理券が必要です。整理券は開催日の午前9時から配布します。整理券の配布は、なくなり次第終了させていただきます。

服装 長袖・長ズボンで帽子・軍手をご着用ください。

備考 化石はお持ち帰りいただけません。調査により発見された化石は、当館の博物館資料として大切に保管いたします。

ページID:000061584