このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

サイト内検索

三重県総合博物館 > コレクション > スタッフのおすすめ > 押出一光三尊仏

押出一光三尊仏

資料名 押出一光三尊仏
作成者  
時 代 奈良時代
寸 法 たて:29.6cm
よこ:22cm
解 説  昭和38(1963)年に発掘調査が行われた鳥居古墳(津市)から出土しました。
 押出仏は、銅で鋳造した仏像の原型(雄型)に銅板をかぶせ、叩いて形どりした仏像で、7世紀後半から8世紀にかけて盛んに作られました。
 鳥居古墳から出土した押出仏は、伝世品にない新出の資料が含まれる、数少ない古墳からの出土例などの特徴があります。
 左の写真は、舟形をした三尊像で、中尊が天蓋付如来立像、左脇侍が菩薩立像、化仏が4体認められます。銅板も鍍金もよく残っています。
ページID:000061557