このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

ユーモアのすすめ 福田繁雄大回顧展 出品リスト

 

福田繁雄(1932-2009)

《SHIGEO FUKUDA展》

1975年  

シルクスクリーン

103.0×72.8cm

DNP文化振興財団所蔵

© Shigeo Fukuda © Photo DNP Foundation for Cultural Promotion

cat.no.78

 

福田繁雄《SHIGEO FUKUDA展》1975 

 

 厳格といってよいほどの集中性を帯びた画面構成によって、見る者を立ち止まらせ、その上で、何らかの仕掛けによって、見る者の注意を引きつけ続ける。

 第二段階の仕掛けとして福田繁雄が好んで用いたのが、錯覚に基づくトリックだ。この画面でも、上から下に伸びる女性のものらしき白い脚の列に注目すれば、黒は背景として退き、下から逆さに伸びる男性のものらしき黒い脚の列に注目すれば、白は背景として退く。両方同時に注目することはできないし、現実にもこんなことはありえない。

 〈ルビンの壺〉と呼ばれるこの錯視はよく知られたもので、福田も隠そうとはしていない。むしろそれを純化して呈示したと見なすこともできよう。黒と白以外の色を排し、ライン・ダンスよろしく同じ形を反復することで、トリックはいやおうなく意識されずにいない。

 逆に、こうした単純化によって、画面は軽快なリズムを帯び、独特のユーモアをまとうことになる。

(石崎勝基)

読売新聞2011年7月13日

 

 

友の会だより87表紙解説;福田繁雄《SHIGEO FUKUDA展》1975

ページのトップへ戻る