このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

B−企画展4

【中谷泰展】

1995年6月14日(水)〜7月16日(日)
(県民ギャラリー)

【主催】…三重県立美術館
【協賛】…(財)岡田文化財団

【担当】…毛利伊知郎

◎三重県立美術館では1988年に、油彩画99点を中心とした『中谷泰展』を開催しているが、中谷泰が死去した1993年から2年を経て、あらたにその画業をかんがえてみようとするのがこの展覧会である。

◎1930年(昭和5)頃の『風景』『自画像』から1992年(平成4)の『雨後』まで、油彩・デッサン・版画などあわせて83点に、西常雄の彫刻『画家N氏』をくわえて、生涯社会への関心を失うことなく、ひたむきに生きる人や身近な自然に暖かいまなざしを注ぎつづけた中谷作品をあらためてふりかえってみた。

主な新聞記事

中日新聞
6月23日…「炭坑町(美術館だより)」毛利伊知郎
6月30日…「陶土(美術館だより)」森本孝

東海経済新聞
4月26日…「中谷泰氏しのび回顧展」

中谷泰展(1988)

作家別記事一覧:中谷泰

ページのトップへ戻る