このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

B-企画展−2

【未来への贈りもの−岡田文化財団寄贈作品展−】

2009年6月9日(火)〜7月20日(月)

 

【主催】…(財)岡田文化財団、三重県立美術館、中日新聞社、三重テレビ放送
【後援】…NHK津放送局

【担当】…石崎勝基、田中善明、毛利伊知郎

 

◎1979年度(昭和54)設立の財団法人岡田文化財団は、2009年度(平成21)に設立30周年を迎えた。岡田文化財団は、三重県立美術館への作品寄贈の他、美術展開催、各種文化団体等への助成、パラミタミュージアムの運営など三重県の文化振興活動を行ってきた。

◎岡田文化財団から三重県立美術館への作品寄贈は、1981年(昭和56)に寄贈されたマルク・シャガールの《枝》に始まり、現在までに約400点の美術作品にのぼる。それらはシャガールやモネなどの西洋近代絵画、曾我蕭白や宇田荻邨ら三重県ゆかりの作家の作品、藤島武二や村山槐多らの日本近代洋画などからなり、多くの人々に親しまれている。財団設立30周年を記念した本展覧会では、新たに寄贈された中村晋也(1926- )の《Miserere X IV》(1998(平成10)年、ブロンズ)と合わせ、これまでに寄贈された作品の内、宇田荻邨の下絵類、関根正二と村山槐多のスケッチ類の一部を除く94点によって、その全容を紹介した。総入場者数は、コレクション展としては多い8,249人となった。

 

主な新聞記事等

新美術新聞
No.1184、2009年5月21日…「北から南 museum 30 未来への贈りもの−岡田文化財団寄贈作品展 三重県立美術館」石崎勝基

中日新聞
2009年6月16日…「曾我蕭白《松に孔雀図》岡田文化財団寄贈作品展@」石崎勝基
2009年6月17日…「モネ、クロード《ラ・ロシュブロンドの村》 岡田文化財団寄贈作品展A」石崎勝基
2009年6月18日…「藤島武二《大王岬に打ち寄せる怒濤》 岡田文化財団寄贈作品展B」石崎勝基
2009年6月19日…「ドガ、エドガー《裸婦半身像》 岡田文化財団寄贈作品展C」石崎勝基

2009年6月19日(夕)…「岡田文化財団寄贈作品展に寄せて」酒井哲朗

2009年6月20日…「宇田荻邨《花畑(下絵)》 岡田文化財団寄贈作品展D」石崎勝基

2009年6月25日…「秀作一堂、至福の時 県立美術館で岡田文化財団寄贈作品展」中村千春

2009年7月5日…「デュフィ《黒い貨物船と虹》 美術館だより」生田ゆき
2009年7月12日…「須田國太郎《信楽》 美術館だより」生田ゆき
2009年7月19日…「安井曾太郎《人物》 美術館だより」石崎勝基

   
ページのトップへ戻る