このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

サイト内検索

美術館 > 刊行物 > 年報 > 2017年度版 > 年報2017年度版 企画展 ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展

 

年報2017年度版 企画展 ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展

2018年3月17日(土)-6月10日(日)

【主催】…三重県立美術館、毎日新聞社
【協賛】…株式会社ライブアートブックス
【協力】…マイクロソリューション株式会社、(有)ヤスダフォトスタジオ
【後援】…三重テレビ放送、三重エフエム放送
【助成】…公益財団法人三重県立美術館協力会、一般財団法人自治総合センター
【担当】…鈴村麻里子、髙曽由子、生田ゆき(2017年3月まで)
【広報物デザイン】…酒井田成之(酒井田デザイン事務所)

【会場】…三重県立美術館企画展示室1-4室
【入場者数】…2017年度8,581名/2018年度51,629名 合計60,210名
【受入団体総数】…48団体(1,390名)
 

展覧会の概要

「tupera tupera(ツペラツペラ)」は、2002年に活動を開始した、亀山達矢(1976- 三重県出身)と中川敦子(1978- 京都府出身)から成るユニット。はじめ布雑貨を制作していた彼らは、「飾れる」ジャバラ絵本『木がずらり』(2004年、私家版)の制作を契機に、絵本制作の世界で活躍の場を広げている。本展では絵本原画に加え、雑貨や工作、イラストレーション等、さまざまなジャンルの作品約300点を一堂に会し、tupera tuperaの多彩な活動を紹介した。
当展覧会は、2017年秋に横須賀美術館で開催しており、三重会場は巡回展の二会場目にあたる。伊勢市出身の亀山氏は小学生の頃に当館で開催した「三重の子どもたち展」に作品が入選した過去があり、今回の展覧会にあわせてその作品も再度展示した(三重会場のみ)。絵本の世界から抜け出たような巨大なディスプレイも本展の特色の一つで、とりわけ人気絵本『パンダ銭湯』(2013年、絵本館)の銭湯に入って記念撮影をするコーナーは人気を博した。エントランスホールにはグッズ販売を行う特設ショップや、tupera tuperaの絵本が読める読書コーナーも展開し、中庭に面したガラス面には黒いカッティングシートで市松模様にキャラクターの顔の装飾を施した。
休日は親子連れでにぎわい、作家自身やその関係者、書店等の広報協力、会期中の作家の全国規模のメディア露出(日本絵本賞大賞受賞や、『MOE』特集号の発売など)、来館者の口コミ、SNSでの拡散等から、終盤に近づくに従って客足が伸び、当館で開催した企画展の入場者数の歴代4位となる60,210名の来館が叶った。
当館ではこれまでいわゆる絵本作家の絵本原画展(個展に限らず)は開催したことがなかったため、展示室の監視・受付スタッフやインフォメーションで来館者対応を行うボランティア「欅の会」会員からも、子ども(主に未就学児)の利用がここまで多いのは初めて、という声が聞かれた。新たな利用者層による積極的な利用を通して、授乳スペースやベビーシートの設置場所や数、館内サイン、ベビーカー利用者の導線、スタッフの配置や作品保護等、新たに見つかった課題も多い。
 

会場風景

 

会期中のイベント

1)tupera tuperaのオープニング絵本ライブ

3月18日(日)14:00-15:00
ゲストアーティスト:Lullatone
会場:三重県立美術館エントランスホール
tupera tuperaによる、絵本の読み聞かせイベント。
参加者数:360名
 

2)tupera tuperaのワークショップ「三重のなりきりお面を作ろう!」

5月4日(金・祝)14:00-16:30頃
会場:三重県立美術館美術体験室
tupera tuperaによる、お面づくりワークショップ。
往復はがきによる事前申込制。
当選はがき枚数/応募はがき枚数(有効枚数):8枚/298枚
参加者数:26名
 

3)tupera tuperaの絵本トーク

5月6日(日)14:00-15:30
会場:三重県立美術館講堂
対象:小学生以上
進行:栗山朋子(フリーアナウンサー)
tupera tuperaによる、作品についてのトーク。
往復はがきによる事前申込制。
当選はがき枚数/応募はがき枚数(有効枚数):73枚/169枚
参加者数:150名
 

4)担当学芸員によるトーク

3月31日(土)、4月15日(日)、5月19日(土)、6月3日(日)
それぞれ14:00-14:30
会場:三重県立美術館エントランスホール、講堂(6月3日のみ)
トーカー:鈴村麻里子(三重県立美術館学芸員)
本展担当学芸員が展覧会や作品について紹介した。
参加者数:26名(3月31日)、40名(4月15日)、50名(5月19日)、45名(6月3日)
 

5)託児サービス

3月30日(金)、4月28日(土)10:00-12:00
5月6日(日・祝)13:30-15:30 ※絵本トーク参加者対象
会場:三重県立美術館美術体験室
委託業者:訪問保育hanabi*(認可外保育施設指導監督基準  健福第16-721号)
館内で1-5歳児対象の託児サービスを行った。往復はがきによる事前申込制。
参加者数:1名(3月30日)、1名(4月28日)、10名(5月6日)
 

関連プログラム(館外)

1)tupera tuperaの絵本の世界

2018年3月15日(木)11:00-11:30
三重県立みえこどもの城が、本展プレイベントとして親子向けイベントを開催。こどもの城職員が、未就学児対象に読み聞かせを行った。
主催:三重県立みえこどもの城
会場:三重県立みえこどもの城3Fドームシアター(松阪市立野町1291 中部台運動公園内)
対象:未就学児とその親
参加費:大人400円、子ども無料
参加人数:大人96名、子ども112名
※tupera tuperaはこのイベントには参加していない。
 

2)tupera tuperaの絵本ライブ&トーク@三重県立図書館

2018年5月5日(土・祝)14:00-15:30
三重県立図書館職員が、tupera tuperaとともに、絵本の読み聞かせやクイズの出題を行った。県立図書館では展覧会会期中関連図書の展示も行った。
主催:三重県立図書館
会場:三重県総合文化センター 生涯学習棟3階 まなびぃ場 情報コーナー「みるシル」 (三重県津市一身田上津部田1234)
参加人数:88名
 

3)友の会美術セミナー

1. ただいま準備中:「ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展」

2017年12月2日(土)10:00-11:30
主催:三重県立美術館友の会、三重県立美術館
会場:四日市市文化会館(三重県四日市市安島2丁目5-3)
講師:鈴村麻里子(三重県立美術館学芸員)
担当学芸員によるレクチャー。

2. ただいま開催中:「ぼくとわたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展」

2018年5月13日(日)13:30-15:00
主催:三重県立美術館友の会、三重県立美術館
会場:ふるさと交流館たき(三重県多気郡多気町相可1628番地)
講師:速水豊(三重県立美術館館長)
館長によるレクチャー。
 

 

主な記事

毎日新聞
2018.03.16  山本萌「原画や舞台装置300点 あすから県立美術館」※三重版(以下同)
2018.03.18  山本萌「アートユニット、津で展覧会」
2018.03.19  山本萌「親子連れに読み聞かせ アートユニット「tupera tupera」」
2018.04.30  鈴村麻里子「季節の移ろい 穏やかに表現 「木がずらり」」(tupera tupera 絵本の世界展 作品紹介(上))
2018.05.01  鈴村麻里子「色数抑え美しさ際立つ 「12の星のものがたり」」(tupera tupera 絵本の世界展 作品紹介(中))
2018.05.02  鈴村麻里子「欲望の果て 沈黙と暗闇 「へびのみこんだ なにのみこんだ?」」(tupera tupera 絵本の世界展 作品紹介(下))
2018.05.06  森田采花「絵本の世界観再現 11冊読み聞かせ 親子連れ90人参加」※図書館との連携イベントの取材記事
2018.06.02  谷口豪「絵の世界フレンチに 「芸術と料理の架け橋」目指す」※館内レストラン「ミュゼ・ボンヴィヴァン」取材記事
2018.06.13  田中功一「ツペラツペラ絵本の世界展閉幕 家族連れら6万人観覧、関連イベント奏功」
 
中日新聞
2018.03.18  髙曽由子「しろくまのパンツ」(美術館だより)※三重版(以下同)
2018.03.25  鈴村麻里子「わくせいキャベジ動物図鑑」(美術館だより)
2018.04.01  髙曽由子「アロハシャツ」(美術館だより)
2018.04.15  鈴村麻里子「どんなおと?」(美術館だより)
2018.04.22  髙曽由子「ムシムシパズル」(美術館だより)
2018.04.29  鈴村麻里子「おならしりとり」(美術館だより)
2018.05.06   髙曽由子「かおノート」(美術館だより)
2018.05.06  吉川翔大「読み聞かせ 子の心つかむ」※図書館との連携イベントの取材記事
2018.05.20  鈴村麻里子「あかちゃん」(美術館だより)
2018.05.27  鈴村麻里子「ビューティフルハミングバード「呼吸」CDジャケット」(美術館だより)
2018.06.03  鈴村麻里子「パンダ銭湯」(美術館だより)
 
その他
2018.03.15  「tupera tupera 絵本の世界へようこそ 伊勢出身・亀山さんら作品展 県立美術館で」『いせ毎日』
2018.03.18  「体験できる絵本展覧会 「しろくまのパンツ」で人気 県立美術館「ツペラ ツペラ」展」『産経新聞』(三重版)
2018.04.30  小林裕子「親子で浸る絵本の銭湯 tupera tuperaの世界展県立美術館で開催」『朝日新聞』(三重版)
2018.05.04  「豊かで楽しいものづくりの世界「tupera tupera」県立美術館で作品絵本展」『三重タイムズ』
2018.05.10  「世界で大注目「ツペラツペラ」の巡回展が三重県立美術館で開催中」『くわな新聞』
2018.05.14  「絵本作家「ツペラ・ツペラ」作品の世界観など紹介 多気町の交流館たきで」『夕刊三重』※5月13日友の会美術セミナーの取材記事
2018.05.24  絹田信幸「美術館では異例の絵本展」『産経新聞』(三重版)
 
◆その他、作家の主なメディア露出
1.第23回日本絵本賞大賞受賞の報道
掲載紙:
2018.03.28  塩田彩「日本絵本賞 広がる自由な発想 不思議な生物生き生き」『毎日新聞』(全国版)
2.tupera tuperaを特集した雑誌『MOE』の刊行
掲載誌:
『MOE』2018年6月号(5月3日発売)、白泉社
 
 

主な放映・放送

三重テレビ放送
2018.03.18  ニュース内で取材映像を放映
2018.05.03  「街Navi」『とってもワクドキ!』三重テレビ放送、2018年5月3日18:00-18:55 ※情報番組『とってもワクドキ!』の「街Navi」コーナーにtupera tuperaが出演。その他出演者は浜谷英博氏、林家菊丸氏。スタジオ生中継。
2018.06.06  ニュース内で取材映像を放映
 
三重エフエム放送
2018.03.28  「MIEリポート(リポーター:井上麻衣)」(「Radio Flapper」内)※中継取材
2018.05.08  「こんにちは三重県です」(「EVENING COASTER」内 パーソナリティ:富田哲也)※スタジオ収録
 
NHK津放送局
2018.03.24  ニュース内で取材映像を放映 
 

展覧会開催時のページ

 

ページID:000216532