このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

 

ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展

展覧会概要

会期 

2018年3月17日(土)〜6月10日(日)
 

休館日

毎週月曜日
(ただし、4月30日[月・祝]、5月1日[火]は開館)

開館時間

9:30〜17:00(ただし、入館は16:30まで)
 


                      ©tupera tupera

観覧料

一般 900 (700) 円 学生 700 (500) 円 高校生以下無料
( )内は前売りおよび20名以上の団体割引料金
・この料金で常設展示室、柳原義達記念館もご覧いただけます。
・学生の方は生徒手帳、学生証をご提示ください。
・障害者手帳等をお持ちの方および付添いの方1名は観覧無料。
・家庭の日(毎月第3日曜日)は団体割引料金となります。
・主な前売り券発売場所:チケットぴあ、サークルKサンクス、セブン-イレブン他

・交通:近鉄、JR津駅西口から徒歩約10分。ご来館には公共交通機関をご利用ください。

 

 

 

 

 

主催その他

主催

三重県立美術館 毎日新聞社

協賛

株式会社ライブアートブックス

協力

マイクロソリューション株式会社 (有)ヤスダフォトスタジオ

後援

三重テレビ放送、三重エフエム放送

助成

公益財団法人三重県立美術館協力会
一般財団法人自治総合センター

   「パンダ銭湯」(2013年©tupera tupera/絵本館)

展覧会について

  亀山達矢(三重県伊勢市出身)と中川敦子(京都府京都市出身)による「tupera tupera(ツペラ ツペラ)」は、2002年に活動を開始したユニットです。はじめは布雑貨のアーティストとして活動していましたが、飾れるジャバラ絵本『木がずらり』(私家版)の制作をきっかけに、絵本の世界で活躍の場を広げていきます。主な制作方法は、紙を切って台紙に貼り付けていく手法。さまざまな人とのコミュニケーションを通して、2人の4本の手は、洗練されたユーモラスな作品を次々と生み出しています。結成16年目を迎えた彼らのはじめての大規模巡回展となる本展では、子どもから大人まで国境を越えて愛読される絵本『しろくまのパンツ』(ブロンズ新社)や『パンダ銭湯』(絵本館)の原画をはじめ、初期の絵本原画や、工作、イラストレーション等、約300点の作品をご紹介します。「ぼくと わたしと みんな」の出会いから広がった、tupera tuperaの豊かで楽しいものづくりの世界へようこそ。

ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展チラシ(PDF:3.99 MB)
 
 

 




「しろくまのパンツ」
(2012年©tupera tupera/ブロンズ新社)



 

イベント情報

1. tupera tuperaのオープニング絵本ライブ

3月18日[日] 14:00-15:00頃
会場 : 三重県立美術館エントランスホール
tupera tuperaによる、絵本の読み聞かせイベント〔ゲストアーティスト:Lullatone〕。
申込不要。
どなたでも参加できますが、座席数が限られているため、立見となる場合があります。
 

2. tupera tuperaのワークショップ
「三重のなりきりお面を作ろう!」

5月4日[金・祝] 14:00-16:30頃
会場 : 三重県立美術館美術体験室(B1F、レストラン横)
対象 : どなたでも(小学生以下の方は大人の方とご一緒に)
定員 : 25名程度(応募者多数の場合は抽選)
tupera tuperaによる、子どもから大人まで楽しめるワークショップ。お面を作って楽しもう!
*参加方法 : 往復はがきによる事前申込制。4月13日[金]必着。
 

3. tupera tuperaの絵本トーク

5月6日[日] 14:00-15:30頃
会場 : 三重県立美術館講堂(B1F、レストラン向かい)
対象 : 作家の話をじっくり聞きたい小学生以上の方
定員 : 145名(応募者多数の場合は抽選)
tupera tuperaによる、作品についてのトーク。
*参加方法 : 往復はがきによる事前申込制。4月13日[金]必着。
返信はがきに抽選順に(先着順ではありません)整理番号を振らせていただきます。無料の託児サービス(1−5歳、定員10名)もあわせてお申し込みいただけます。
 

4. 担当学芸員によるトーク

3月31日[土]、4月15日[日]、5月19日[土]、6月3日[日]
それぞれ14:00-14:30頃
会場 : 三重県立美術館エントランスホール
申込不要。本展担当学芸員が展覧会や作品について紹介するトークです。

 

ワークショップ、絵本トークの申込方法

往復はがきの往信文面に
@イベント名
A参加者全員(1通につき4名まで)のお名前と小学生以下のお子様の年齢
B代表者様の当日連絡先(電話番号)
【絵本トークで託児希望の方はここから先も記入】
C託児希望のお子様全員の性別と年齢(対象:1−5歳児)
D託児に当選しない場合のトーク参加人数
E保護者の方のメールアドレス(託児担当よりご連絡します)

返信宛名面に、返信先(代表者住所)を明記し、
〒514-0007 三重県津市大谷町11
三重県立美術館 「tupera tupera展イベント」係

までお送りください。はがき1通につき1イベントの申込が可能
です。
4月23日[月]頃までに結果をお知らせします。

 

関連イベント

○3月15日[木]:
 【みえこどもの城】(松阪市立野町1291中部台運動公園内)
○5月5日[土・祝]:
 【三重県立図書館】(津市一身田上津部田1234三重県総合文化センター内)
*詳細が決まりしだい、各施設のホームページに掲載します。
 

託児サービスのご案内

会期中、以下の日程で無料の託児サービスを実施します。

3月30日(金)10:00−12:00
4月28日(土)10:00−12:00
会場:三重県立美術館美術体験室(B1F、レストラン横)
対象:1−5歳児
定員:10名
託児担当:訪問保育hanabi*(認可外保育施設指導監督基準  健福第16-721号)
HP:https://hanabi721.jimdo.com/

申込方法:

・往復はがきの往信文面に
@希望日時
A保護者の方のお名前
B当日連絡先(電話番号)
C託児希望のお子様全員の性別と年齢(対象:1−5歳児)
D保護者の方のメールアドレス(後日託児担当よりご連絡します)
・返信宛名面に返信先(住所)を明記し、
〒514-0007 三重県津市大谷町11
三重県立美術館「託児サービス係」

までお送りください。

スケジュール:
3月30日(金)の託児申込は、3月16日(金)必着。3月23日(金)までに返信します。
4月28日(土)の託児申込は、4月13日(金)必着。4月20日(金)までに返信します。

 


「かおノート」(2008年©tupera tupera/コクヨ株式会社)


















「わくせいキャベジ動物図鑑」
(2016年©tupera tupera/アリス館)

 







 

 



 




 


 
ページのトップへ戻る