このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

サイト内検索

三重県総合博物館 > スケジュール > 企画展示 > 第32回企画展 三重の円空

第32回企画展 三重の円空

期間:2022年10月8日(土)から12月4日(日)まで <チラシPDF><展示資料一覧><大般若経 展示替え巻数一覧
現在、企画展アンケートにお答えいただくと、三重の円空展オリジナル缶バッチをプレゼントしています!

【内容】

聖観音立像(部分)
聖観音立像(部分) 志摩市三蔵寺蔵

展覧会概要

 江戸時代の初め、仏像をつくりながら諸国を旅した僧侶、円空。彼の仏像は「円空仏」と呼ばれ、今も高い人気を誇ります。志摩地方を訪れた円空は大般若経を修理し、見返し部分に釈迦説法図を描いています。これらは数少ない円空の絵画作品で、最初は仏像を丁寧に描いていますが、やがて簡略で奔放な絵に変わっていきます。この時期、絵画の作風に合わせるように、仏像も変化することが指摘されています。円空仏について考える時、志摩地方をはじめ三重の地は意外に重要な場所です。三重の円空について、志摩地方の作例を中心に紹介します。

第一章 円空の描いた絵
延宝2(1674)年、円空は志摩地方を訪れました。
この年の6月から8月にかけて円空は志摩市阿児町立神に滞在し、伝来した大般若経を修復します。その際、円空は経文が書かれていない見返しの部分に釈迦説法図130点を描きました。これは、円空の貴重な絵画作品として注目されています。それらの絵画は簡略な線で表されますが、伸びやかで生き生きとした筆づかいが感じられます。同様の絵は、志摩市志摩町片田の大般若経58点にも描かれており、立神より先に描かれたと考えられています。片田の大般若経では、当初仏の姿を丁寧に描いているのですが、それらはやがて自由で奔放な構図へと大胆に変化していきます。
片田、立神と順に見ることで、円空の作風の変化を感じていただければと思います。
第二章 三重の円空仏
三重県内には、現在30体を超える円空仏が伝来しています。
代表的なものは、延宝2(1674)年頃に志摩地方で制作されたと考えられる円空仏です。また、伊勢市内にも円空仏が比較的まとまって残されていることから、時期は不明ながら当地に滞在していたと見る向きもあります。近年、三重県内では円空が仏像を作り始めた最初期の作例が2体確認されており、それらの仏像をあわせて展観することで多彩な表現が確認できます。このほか、生誕地の岐阜県と接する三重県北部には、近世の交流を通じてもたらされた円空仏が伝わっており、円空仏の分布の奥行きも感じられます。
第三章 円空仏の広がり
ここでは、円空が志摩地方を訪れる前後の作例と、岐阜県内の作例について触れます。
寛文11(1671)年、円空は法隆寺(奈良県)において法相宗の僧に弟子入りし、翌年には郡上(岐阜県)を経て吉野(奈良県)で越年します。そして、延宝2(1674)年には志摩に至りました。翌年、大峯(奈良県)で修験道の元祖といえる役行者の像を制作しました。志摩滞在前後を代表する作例として、法隆寺の大日如来坐像と松尾寺(奈良県)に伝わった役行者倚像を紹介します。加えて、円空の没した岐阜県関市とその周辺の円空仏も展示します。三重の円空仏から広がる世界を少しでも感じていただければと思います。

主催

三重県総合博物館

後援

三重県博物館協会、歴史街道推進協議会

助成

公益財団法人 岡田文化財団、独立行政法人 日本芸術文化振興会

【開催期間】

2022年10月8日(土)から12月4日(日)まで
休館日:毎週月曜日(10月10日は開館、翌11日休館)
※志摩市片田・大般若経と、志摩市立神・大般若経は、期間中前期後期で約半数ずつ展示します。
前期:10月8日(土)から11月6日(日)まで
後期:11月8日(火)から12月4日(日)まで

【観覧料】

 

「円空」展

基本展示室とセット観覧券

一般 800(640)円 1,050(840)円
学生 480(380)円 630(500)円
高校生以下 無料 無料

※( )内は20名以上団体料金です。
●障害者手帳等をお持ちの方とその付添いの方1名様は、無料となります。
●毎月第3日曜日は家庭の日で、正規観覧料の2割引きでご覧いただけます。
●コーポレーション・デー(不定期)は、基本展示の観覧料が無料になります。

関連イベント

記念講演会「円空の発見―橋本平八を中心に」

講師:毛利 伊知郎さん(前三重県立美術館長)
日時:11月3日(木・祝) 13時30分から15時まで
場所:当館3階 レクチャールーム
定員:54名
対象:小学生以上

展示解説会 当日受付

担当学芸員が展示について解説します。
日時:10月16日(日)、11月13日(日)、11月27日(日) 各13時30分から15時まで
場所:当館3階 レクチャールーム
定員:54名(当日受付・先着順 13時から受付)
対象:小学生以上

関連動画

ページID:000260170