このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

サイト内検索

三重県総合博物館 > スケジュール > 企画展示 > 三重の実物図鑑 公文書にみる明治の大合併

三重の実物図鑑 公文書にみる明治の大合併

期間:2021年2月23日(火・祝)~4月11日(日)

【内容】

各村連合村会書類入

各村連合村会書類入

展覧会概要

明治政府の中央集権化、地方制度改革が推し進められた明治20年代には、市町村合併により新しい市町村が誕生しました。その様子を、三重県が所蔵する歴史的公文書や絵図・地図などで紹介します。

(1)川越町・朝日町の誕生

明治10年代後半から20年代にかけて行われた市町村合併の様子を、川越町・朝日町を例に、「郡町村分合取調書 桑名・朝明・鈴鹿」「三重郡川越村地籍図」「三重郡朝日村地籍図」などの公文書により概要を紹介します。

(2)三重県に誕生した市町村

1877(明治10)年頃から1890年代には、三重県内でも津市をはじめ新しい市町村が誕生しました。ここでは、「明治二十一年町村制実施取調上申書」「郡町村分合取調書 飯野・飯高・多気・度会」などの県内に誕生した市町村合併に関する公文書を展示します。

【観覧料】

無料 

ページID:000237639