このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

ユーモアのすすめ 福田繁雄大回顧展 出品リスト

 

福田繁雄(1932-2009)

《カゴメケチャップ》

1970年

オフセット 103×72.8cm

DNP文化振興財団所蔵

© Shigeo Fukuda

Photo courtesy of Shizuko Fukuda

cat.no.35

 

福田繁雄《カゴメケチャップ》1970 

 

  真っ白なひろがりの中、真っ赤な食器のセットが規則正しく、はてしなく連なっていく。

 食器の赤は、宣伝すべき商品であるケチャップを暗示し、無限の連なりは、達成すべき宣伝効果を表すのだろう。

 広告媒体としてのポスターの意味づけはそんな風に読み解ける。それにしても、デザインはいかにもあざやかだ。

 福田は単一のイメージを中心にぽんと差しだすことが多いが、ここでは、赤と白だけによる小さな単位の反復が、現実離れした無限空間を表している。

 食器は全て真上から見下ろされているが、通常の遠近法からすると斜めでなければならない。この点も空間の非現実性を強めているのだろう。

 他方、単調な連なりの中で、右下の写真と下辺沿いの黒い文字だけが例外として配され、画面を引きしめている。

(石崎勝基)

中日新聞2011年7月24日

ページのトップへ戻る