このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

ウィーン美術アカデミー名品展

展覧会期 2006年5月27日〜7月9日
他開催先 山口県立美術館 4月7日〜5月21日
新潟県立近代美術館 7月15日〜9月10日
損保ジャパン東郷青児美術館 9月16日〜11月12日
図録 29×22.7p、 212ページ
多色84図
●ごあいさつ/Grusswort 主催者/Die Veranstalter
●メッセージ/Vorwort レナーテ・トゥルネック/ウィーン美術アカデミー絵画館館長(松井隆夫(武蔵大学講師)訳)
Hofrätin Univ. Doz. Dr. Renate Trnek/Direktorin der Gemäldegalerie der Akademie der bildenden Künste Wien
●美術大学におけるヨーロッパ絵画名品:ウィーン美術アカデミー絵画館 レナーテ・トゥルネック
Meisterwerke europäischer Malerei an einer Kunstuniversität: Die Gemäldegalerie der Akademie der bildenden Künste Wien Hofrätin Univ. Doz. Dr. Renate Trnek
●肖像・風俗・静物・風景−様々なジャンルについて 千足伸行/成城大学教授
●図版 Tafeln 各章解説 レナーテ・トゥルネック、マルティーナ・フライシャー(ウィーン美術アカデミー絵画館)、ベッティーナ・ハーヘン(ウィーン美術アカデミー絵画館)、クラウディア・コッホ(ウィーン美術アカデミー絵画館):松井隆夫訳
  1. アルプス以北と以南の初期板絵
  2. ウィーン美術アカデミー絵画館のルーベンス、ファン・ダイクと17世紀のフランドル絵画
  3. スペインとイタリアのバロック
  4. 黄金時代のオランダ絵画:社会と肖像画
  5. 黄金時代のオランダ絵画:オランダとイタリアの風景画
  6. 黄金時代のオランダ絵画:静物画
  7. 18世紀イタリアとフランス:ヴェネツィアと南欧
  8. 18世紀のオーストリア絵画
  9. アカデミーにおけるビーダーマイアー
    にいたるまでの新古典主義
  10. リングシュトラーセから近代精神の覚醒まで
 
●カタログ Katalog 作品解説 執筆 レナーテ・トゥルネック、マルティーナ・フライシャー、ベッティーナ・ハーヘン、クラウディア・コッホ
翻訳 佐藤幸宏(美術史家)、千速敏男(成安造形大学造形学部助教授)、松井隆夫、松下ゆう子(早稲田大学非常勤講師)、柳沢弥生(美術史家)
作家解説 剱持あずさ(山口県立美術館)、生田ゆき(三重県立美術館)、平石昌子(新潟県立近代美術館)、今井有(新潟県立近代美術館)、五十嵐卓(損保ジャパン東郷青児美術館)
●作家生没年  
●出品目録  
編   集 読売新聞東京本社文化事業部、監修:千足伸行
デザイン・制作 印象社
ページのトップへ戻る