このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

ごあいさつ

このたび「大原美術館所蔵品展―20世紀・世界の美術―」を三重県立美術館,滋賀県立近代美術館,福島県立美術館において開催いたします。

1930年大原孫三郎氏によって岡山県倉敷に設立された大原美術館は,充実したコレクションを誇る日本有数の美術館として,広く親しまれています。洋画家児島虎次郎によって蒐集された西洋近代美術の名品は,わが国の美術界に大きな影響を与えてきました。

大原美術館は,その後も固定したコレクションに留まることなく,近代日本洋画,古代オリエントの美術,工芸そして現代美術など多方面に蒐集を拡大されており,生きた美術館として日本の美術館界における重要な役割を果たしてきました。

展覧会開催にあたり,貴重な所蔵品をこころよく出品してくださいました大原美術館,及び関係各位に心から感謝申し上げます。

全国美術館会議会長      嘉門安雄
三重県立美術館館長      陰里鐵郎
滋賀県立近代美術館館長  上原恵美
福島県立美術館館長      原田 実

ページのトップへ戻る