このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

B-企画展11

【第7回三重の子どもたち展】

1989年2月11日(土)〜3月12日(日)

【主催】…三重県立美術館+「三重の子どもたち展」実行委員会+三重県教育委員会
【後援】…三重県市町村教育委員会連絡委員会+三重県幼稚園協会+三重県小学校長会+三重県中学校長会+三重県私学協会+〈社〉三重県私立幼稚園協会+三重県教職員組合+朝日新聞社

【担当】…荒屋鋪透+東俊郎
【ポスターデザイン】…杉浦康平+谷村彰彦

◎本展は、県内各地で行われている子どもたちの美術創作活動のありのままの姿を広く紹介しようとするもので、子どもたちに、それぞれの表現による作品を発表する場を提供するとともに、お互いに鑑賞し合い、新たな創作活動の契機となることを期待し、また、父母を含む多くの人々に鑑賞いただくことで、コミュニケーションの輪が拡がることを願って、毎年開催している。

◎第7回は、県下の保育・幼稚園児、小・中学校および養護学校の児童・生徒の美術作品約1800点を展示したが、第6回に続いて、限定した地域の児童作品を展示する場を設けたほか、おかざき世界子ども美術博物館が所蔵しているアジアの子どもたちの作品28点を展示した。

◎出品点数 1797点

関連事業

人形劇… 3月12日(日)…「へびの親子パクリン、モグリン『パパのしっぽ』」「したきりすずめ」
              出演=糸あやつり人形劇団「みのむし」

創作広場…2月11日(土)、12日(日)、18日(土)、19日(日)、25日(土)、26日(日)、3月4日(土)、5日(日)、11日(土)

映画会…2月12日(日)、19日(日)、26日(日)、3月5日(日)

主な新聞記事

朝日新聞
2月12日…「絵画や版画 力作が1800点」
3月 9日…「アジア・コーナーに関心 現実見つめる子の目」
14日…「小さな目大きな作品 三重の子どもたち展から(1)」
15日…「 〃 (2)」
16日…「 〃 (3)」
17日…「 〃 (4)」
18日…「 〃 (5)」
21日…「 〃 (6)」
22日…「 〃 (7)」
23日…「 〃 (8)」
24日…「 〃 (9)」
25日…「 〃 (10)」

実行委員

佐藤正代 椎葉泰彦 林徳一
佐藤敦司 堀尾由紀子 村林未知生
塚脇啓子 田中正文 竹内豊敏
角田弘明 筒井みわ 山際論
倉田達也 榊原正彦 中村映弥
市川太三郎 中村よみ子 大谷地隆夫
島橋宗文 紫原志仁 服部正司
名村一宏 濱井洋一 稲垣訓子
渡辺真也 杉原一伸 中川正博
前田和美 前田和子 濱本昌宏
土居崎みどり 瀧川和也 柴田和豊
宮沢勝 森岡世為子 清水正教
野垣内宗 柘植秀一 耕田晃
鈴木五一 瀧嶋利喜郎 谷岡経津子
坂井田茂 細井一真 村主泰之
浜政敬能 小林庸泰 鈴木さわ
山下美代子 山西貞男 島信子
三浦光和 中山照子 橘重蔵
落合裕美子 河合●子 荒屋鋪透
田中信吾 後藤昭泰 東俊郎
前川泰志

子どもを対象にした展覧会一覧

ページのトップへ戻る