このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

B−企画展12

【第3回三重の子どもたち展】

1985年2月16日(土)〜3月10日(日)

【主催】…三重県教育委員会+三重県立美術館+「三重の子どもたち展」実行委員会
【後援】…三重県市町村教育委員会連絡協議会+三重県幼稚園協会+三重県小学校長会+三重県中学校長会+三重県私学協会+三重県保母協会+(社)三重県立私立幼稚園協会+三重県教職員組合+朝日新聞社

【担当】…牧野研一郎+藤本孝
【ポスター・デザイン】…杉浦康平+谷村彰彦

◎三重県立美術館では、昨年度に引き継ぎ、下記のとおり、県下の保育園(所)児・幼稚園児・小学生・中学生の美術作品による「第3回三重の子どもたち展」を開催した。この展覧会は、県内各地で行われてる子どもたちの美術創作活動のありのままの姿を広く皆様にご覧いただこうとするもので、三重の子どもたちに、それぞれの表現による作品を発表する場を提供するこの展覧会を開催することにより、子どもたちがお互いに鑑賞し合い新たな制作活動の契機となることを期待することはもちろん、父母、教職員の皆様を初め、多くの方々に鑑賞いただき、コミュニケーションの輪が拡がる機会となることを願い開催した。

出品点数 2016点

関連事業(講演会)

2月23日(土)
講演会…「子どもの絵の見方」
講師=西光寺亭 兵庫教育大学教授

創作広場…2月16日(土)・17日(日)・3月9日(土)・10日(日)

作品鑑賞会…2月24日(日)・3月3日(日)

シンポジウム…3月2日(土) 「テレビ・マンガと子どもの絵 子どもの生活と表現」
提案者=中村映弥 阿山郡伊賀町立霊峰中学校教論 パネラー=柴田和豊  三重大学教育学部助教授
前田和美 亀山市立亀山東幼稚園長
田中吉輔 志摩郡阿児町立鵜方小学校教論

関連記事

中部読売新聞(朝刊・県内版)
2月15日…「夢いっぱい子どもの絵 あすから県美術館 園児と障害児も出品」

朝日新聞(朝刊・県内版) 「小さな創造『三重の子どもたち展』を迎えて」
2月15日…〈上〉枠はめす伸び伸びと…幼稚園・保育園
2月16日…〈中〉物を大事にする心を…小学校
2月17日…〈下〉身の回り見つめる目…中学校・養護学校

朝日新聞(朝刊・県内版)
2月15日…奔放な発想2100点第3回三重の子どもたち展県立美術館で開幕」

朝日新聞(朝刊・県内版)
2月25日…「子どもたち展2千人が入館「鑑賞会」も好評」

朝日新聞(朝刊・県内版)
3月3日…「子どもたち展シンポジウム 県立美術館に40人」

朝日新聞(朝刊・県内版)
連載…「作品を語る 三重の子どもたち展を見て」

  1. 動物のかわいさ素直に表現…上野保育園
  2. 自然にわき出るなごやかさ…機殿幼稚園
  3. 合理性あふれる"頭足人間"…八郷幼稚園
  4. 隅々まで心を込めた美しさ…下野小学校
  5. 印象を素直に伸び伸び描く…加佐登小学校
  6. ほほ笑ましく人物を描けた…高尾小学校
  7. 背景の雲にも古城の雄大さ…新町小学校
  8. 鉛筆たちの鼓動すら感じる…浜田小学校
  9. 「ぞうり作り」をベースに学習…御浜小学校
  10. 正直に自分の目で見て描く…磯部中学校
  11. 素直な表現、大らかな運動会…二見小学校
  12. 現代感覚、素直な心情伝わる…文岡小学校
  13. 表現力遅れても描く大切さ…稲葉養護学校

第2回三重の子どもたち展実行委員名簿

(委員長 山際諭)

藤田悦雄  大平知尚  河保浩史
小泉浩子  鈴木五一  筒井みわ
佐藤茂之  藤本義明  中村よみ子
角間弘明  浜政敬能  浜井洋一
倉田達也  倉田修三  田中吉輔
村主泰之  村上主計  杉原一伸
佐野師英  小松信洋  岡嶋健
池島達也  梅川悠一郎  西森トヨ子
尾崎忍  三浦知津子  西良三
前田和美  川村輝夫  柘植接郎
藤井喜美子  田中正文
守田佐久子  堀尾由紀子

→ひるういんどno.8;森本孝 「三重の子どもたち展」

→ひるういんどno.10;森本孝 「〈三重の子どもたち展〉シンポジウムと講演会より

子どもを対象にした展覧会一覧

ページのトップへ戻る