このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

サイト内検索

美術館 > 展覧会のご案内 > 企画展 > 2019 > 没後200年記念 増山雪斎展

 

没後200年記念 増山雪斎展

展覧会概要

会期 

2019年4月20日(土)-6月16日(日)
 

休館日

毎週月曜日(但し4月29日、5月6日開館)、5月7日(火)休館
 

開館時間

9:30~17:00(ただし、入館は16:30まで)
 

 

観覧料

一般 900(700)円、学生 700(500)円、高校生以下無料

( )内は、前売りおよび20名以上の団体割引料金

◎この料金で常設展示もご覧いただけます。

◎学生の方は生徒手帳・学生証等をご提示ください。

◎障害者手帳等をお持ちの方および付添いの方1名は観覧料無料。

◎家庭の日(毎月第3日曜日)は団体割引料金となります。

◎主な前売り券販売所:チケットぴあ、セブン―イレブン、ファミリーマート他

 

増山雪斎《虫豸帖》

東京国立博物館蔵、東京都指定有形文化財
Image: TNM Image Archives

 

 

 

 

主催その他

主催

三重県立美術館
朝日新聞社

助成

公益財団法人岡田文化財団

公益財団法人三重県立美術館協力会

特別協力

国立文化財機構文化財活用センター

東京国立博物館

後援

桑名市

桑名市教育委員会

 

※会期中、作品の展示替えを行います。

 

展覧会について

 

 伊勢国長島藩第5代藩主・増山正賢(1754-1819)は、書画に長けた文人大名として、「雪斎」の号で知られています。画は、清の沈南蘋に私淑し、山水人物から花卉草虫に至るまで、数多くの作品を遺しました。とりわけ、虫類を真写した博物図譜、南蘋流の花鳥画にみられる表現の精緻は、高く評価されてきました。
 雪斎の細やかな写生は、江戸博物学の発展という時代背景とともに、愛護の心に富んだ人格によるものといえます。雪斎の師友に対する情は篤く、江戸詰のお抱え絵師の春木南湖を長崎に遊学させて、来舶清人・費晴湖などに画を学ばせるなど厚遇し、また大坂の木村蒹葭堂が零落した時は、しばらく領内にて庇護し、その苦境を支えました。
 藩も身分も越えた親交は、雪斎の文人的教養を高めるにとどまらず、長島藩の文化振興にも影響を与えました。本展覧会では、没後200年という節目の年にあたって、雪斎の業績を顕彰し、雪斎の画業をたどる作品、雪斎とこの地に関わりのある画家の作品を広く紹介します。

 


チラシ( 1.4MB)
プレスリリース( 1.1MB)

作品リスト( 0.2MB) 

 

増山雪斎《黄蜀葵に翡翠図》個人蔵
 

イベント情報

ギャラリー・トーク

本展担当学芸員が、展覧会や作品の魅力についてお話します。観覧券をお持ちの上、企画展示室にお集まりください。


5月11日(土)、6月8日(土) 午後2時から

事前申込不要・聴講無料・約20分

 

特別講演会「雪斎 風雅を愛でる」

5月18日(土)午後2時から午後3時30分
(午後1時30分開場)
講師:山口泰弘(三重大学教育学部教授)
会場:三重県立美術館講堂
定員:150名

事前申込不要・聴講無料
*終了しました

 

三重県総合博物館(MieMu)昆虫担当学芸員によるギャラリー・トーク

5月26日(日) 午後2時から
講師:大島康宏 学芸員(三重県総合博物館 昆虫担当)
会場:三重県立美術館 企画展示室

 

MieMuで雪斎作品を標本で再現!

三重県総合博物館(MieMu)との連携事業として、植物や昆虫の標本を使って、増山雪斎の作品《草花蜻蛉図》を再現する展示を行っています。
MieMuで開催中の【ボタニカル・デザイン -植物のかたち、その観察-】とあわせてご覧下さい。
会期:2019年4月20日(土)-6月16日(日)
会場:【三重県総合博物館(MieMu)
*休館日、アクセス等については三重県総合博物館(MieMu)のHPをご覧下さい。

 


 


 

 


増山雪斎《草花蜻蛉図》個人蔵
 


 
ページID:000223895