三重県総合博物館 > くらしの道具と小学生と調べるイセエビをめぐる食文化展を開催します

平成29年12月19日

くらしの道具と小学生と調べるイセエビをめぐる食文化展を開催します

 三重県総合博物館(MieMu)では、小学3・4年生の児童が社会科の授業で「昔の道具」を学習する時期にあわせて、おもに明治時代から昭和時代にかけて身近で使われた道具や、特集として「イセエビ漁」に関わる道具などを紹介する展覧会を開催します。

1 展覧会の概要
(1)期間:平成30年1月4日(木)から2月16日(金)まで
   休館日:1月9日(火)・15日(月)・22日(月)・29日(月)
       2月5日(月)・13日(火)
(2)開催時間:9時から17時まで(土日祝は19時まで)
(3)会場:三重県総合博物館2階 交流展示室(津市一身田上津部田3060)
(4)観覧料:無料
(5)展示内容
  明治時代から昭和時代にかけての生活用具を紹介するとともに、今回は「イセエビ漁」を特集します。
  「伊勢」という地名を名前に持ち、私たちにとって身近な生きものでありながらも、あまり知られて
  いないイセエビの獲り方や道具、食べ方について紹介します。
  また、志摩市内の小学生による「志摩のお魚調査」の調査成果もご覧いただきます。
(6)主催:三重県総合博物館
(7)後援:三重県博物館協会
(8)協力:船の科学館「海の学びミュージアムサポート」、和具海老網同盟会

2 関連イベント  ※すべて無料でどなたでも参加でき、事前申し込み不要です。
(1)ギャラリートーク「道具にまつわるエトセトラ」
  日時:1月4日(木)・5日(金)・6日(土)・13日(土)
     各日11時からと14時から(各回45分程度)
  場所:三重県総合博物館2階 交流展示室
  内容:学芸員による展示解説と道具の使い方の実演
(2)トークショー「イセエビの獲り方と食べ方」
  日時:1月28日(日) 13時30分から15時まで
  場所:三重県総合博物館2階 実習室
  内容:志摩市和具町でエビ刺網漁を行っている漁師さんから、漁の様子やイセエビを使った郷土料理、
     そしてリアルな漁村のくらしについての話を聴きます。
  ゲスト:小磯 幸保氏(和具海老網同盟会 会長)
     :大山 忠秋氏(和具海老網同盟会 元会長)
  司会 :北村 淳一(三重県総合博物館 学芸員)
  定員:50人(先着順)
  ※イセエビ等の試食はありません。


関連資料

  • 展覧会チラシ(PDF(1MB))

関連リンク

地図情報


ページのトップへ戻る