このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

三重県総合博物館 > 公文書館機能 > 公文書の役割 > 公文書館の役割

公文書館の役割

「公文書館」とは?

 公文書館は、昭和63年6月施行の「公文書館法」に基づく施設です。

 公文書館は、公文書館法第4条に基づき、歴史資料として重要な公文書等(歴史資料として重要な公文書、古文書その他の記録)を保存し、閲覧に供するとともに、これに関連する調査研究を行うことを目的とする施設とされています。

 第3条では、国及び地方公共団体は、歴史資料として重要な公文書等の保存及び利用に関し、適切な措置を講ずる責務を有すると規定されています。

  全国34都道府県、30の区・市町村が公文書館を設置(平成25年6月現在)しています。なお、福岡県では、県と市町村が合同で設置する公文書館が平成24年11月に開館しています。島根県では、23年3月に制定された公文書管理条例に公文書館の設置の条項があり、平成23年11月に設置されています。

 

公文書管理法

 「公文書等の管理に関する法律( 公文書管理法)」が平成21年7月1日に公布され、平成23年4月1日から施行されました。公文書の作成から保存期間満了後の廃棄または歴史公文書等としての移管と保存・利用という文書のライフサイクル全体を包摂する公文書管理の一般法です。

 対象は、国の機関の公文書等であり、地方公共団体の公文書等には直接規程が適用されることはありませんが、 第34条で、地方公共団体は、この法律の趣旨にのっとり、その保有する文書の適正な管理に関して必要な施策を策定し、及びこれを実施するよう努めなければならないと規定しています。

 島根県と熊本県では、23年3月に公文書管理条例が制定され、その後、鳥取県・香川県でも制定されています。

 この法律において、公文書館は歴史的公文書の収集・保存・調査研究・利用・公開を担う機関としての役割を発揮することを期待されています。

 

三重県の現状

 三重県では、平成6年度から保存期間が満了し廃棄された公文書の選別を行っており、現在、環境生活部文化振興課県史編さん班が担当しています。平成25年3月末現在で、約5,994冊の歴史的公文書を選別し保存しています。ただし、公開・閲覧等については現在整備を進めている状況であり、平成26年4月19日に開館した三重県総合博物館(MieMu:みえむ)において順次公開できるように、簿冊の整備等を行っています。また、収集のあり方を含め公文書館機能の整備を、引き続き進めています。

  なお、県史編さん班では、選別された歴史的公文書以外にも、移管を受けた明治期からの公文書等を保管しており、11,643点の明治期県庁文書や絵図地図類が平成22年3月11日付けで「三重県行政文書」として県指定有形文化財(歴史資料)となりました。また、県史編さんに関わって収集した資料(古文書、複写資料、寄贈資料等)が約14万点あります。これらの収集資料も編さんが終了次第随時MieMuへ移管して公開に資することになっています。

 

三重県総合博物館における公文書館機能の一体化の考え方

 新博物館基本計画で公文書館機能の一体化をうたっており、「三重県総合博物館(MieMu:みえむ)」が公文書館の機能を持つことになります。博物館に公文書館機能を一体化させることで、三重についてのレファレンスをはじめ、資料の活用や発信などの機能を高めるとともに、調査研究においても、専門性や総合性をより一層深めることができます。

 所定の申請手続を行っていただくことで、どなたでも歴史的公文書等を閲覧していただくことが可能です。(ただし、整理途中のものについては除く)
 ぜひご利用ください。

ページのトップへ戻る