このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

三重県総合博物館 > MieMuについて > MieMuについて

MieMuについて

 博物館の理念と使命

三重県総合博物館の理念

「ともに考え、活動し、成長する博物館」

  三重県総合博物館(MieMu)は県内はもちろん、より多くの人たちに使っていただき、役に立つ博物館であることを目指しています。私たちは、その準備の段階から、理念を明確にして開館準備をしてきました。そして理念を開館以後の運営の柱にしようとしています。

 博物館をどのようなものにするのか、その結果三重県をはじめとした様々な地域がどのようになることを期待するのか、これを各地の利用者のみなさんとともに考え、ともに活動することで実践的に成果を上げていこうとしています。そうすれば、その利用者自身の学びによる成長とともに、博物館も利用されることで、活気づいて成長し、博物館はより多様な利用者を受け入れることができる。そんな博物館でありたいと考えています。

 

三重県博物館の3つの使命

01 三重の自然と歴史・文化に関する資産を保全・継承し、次代へ活かす

 三重の自然と歴史・文化に関する資産を、次なる100年、200年に向けて保全・継承するための主要な役割を果たし、三重のありようや履歴を明らかにすることで、地域文化の発展と新たな地域創造につなげます。

02 学びと交流を通じて人づくりに貢献する

 三重県総合博物館では、三重の未来を担う子どもたちは、世代を超えた交流の場で、楽しみながら、体験的に学びます。こうしたなかで、子どもたちは、三重への理解と愛着を深め、夢や希望あふれる未来を拓くきっかけを得ます。また、県民・利用者の皆さんは、学ぶ充実感を得ることで、知的好奇心を育み、一人ひとりの成長につなげます。

03 地域への愛着と誇りを育み、地域づくりに貢献する

 県民・利用者の皆さんが、博物館活動の中で、地域に目を向け地域の魅力を再発見し、内外に発信することにより、地域や三重への愛着と誇りを育みます。また、一人ひとりが、各々の関心や生活課題の解決や、新たな地域づくりに取り組むきっかけを提供します。

 

三重県総合博物館のビジョン

 三重は、日本列島のほぼ中央に位置し、南北に長く水深2,000mの深海から標高1,700m近くの山岳までをも含んだ多様な自然環境をもち、亜寒帯から亜熱帯までの幅広い生物種を育む日本列島の縮図のような自然を有しています。

 この自然を背景に、伊勢・伊賀・志摩国と紀伊国の一部から成り立つ三重は、それぞれの地域で特色あるくらしや歴史が育まれてきました。また、三重は古くから陸海の交通の要衝にあり、都に近く、信仰と商業の拠点を有したことから、人・モノ・情報が集まり交流が生まれることで、東西文化の結節点となり、多様な文化を生みだしてきました。

 三重県総合博物館は、このような三重の多様で豊かな自然と歴史・文化について、県民・利用者の皆さんとともに総合力を発揮して探究し、保全・継承し、広くその意義を伝えます。このことにより、三重の特徴と素晴らしさに気づき、多様な価値観のもとで、誇りをもって地域をより良くしようとする人々が集う活気ある社会の形成を目指します。

 

 三重県総合博物館の概要

施設構成

エントランスエリア

 エントランスエリアは、メインエントランス(出入口)のほか、館東側のミュージアムフィールド側からの出入口も設置し、誰もが気軽に立ち寄れる空間とし、三重の魅力と楽しさにあふれた飲食・休憩スペースやミュージアムショップを設けます。また、旧博物館時代から多くの方に親しまれてきたオオサンショウウオの「さんちゃん」観察水槽を設け、いつでも会いに来ることができます。

交流創造エリア

 このエリアは、中心となる学習交流スペースと、こども体験展示室、資料閲覧室、実習室などの諸室の機能を連携し、県民・利用者のみなさんの多様な興味や関心、目的に応える活動を展開する、明るく開放的な空間です。

展示エリア

 このエリアは、三重の多様で豊かな自然と歴史・文化の魅力を紹介する「基本展示」と、複数のテーマによる組み合わせで展開する「企画展示」の2つの展示を互いに関連づけながら展開することで、三重の特色である「多様性」を探究し、県内外に発信します。また、県内の活動団体や企業と協働・連携して行う「交流展示」も行います。

ミュージアムフィールド

 博物館の東側に広がる中庭で、「里山ゾーン」と「交流の広場」で構成されます。里山ゾーンは、既存の地形や植生をできるだけ残しながら、県民・利用者のみなさんとともに育み、活用していくゾーンです。ここでは、自然観察会などのフィールドワークを行うとともに、散策ルートを設けて、身近な自然に親しむ、憩いの場となります。交流の広場では、野外学習スペースとしてイベントなどを行うとともに、畑地なども設けて博物館活動に活用していきます。

 

建築概要

  • 敷地面積  38,884u
  • 構造・規模 鉄骨鉄筋コンクリート造(一部を除く)・3階建て
  • 延床面積  11,705u
全国初 博物館での「CASBEE-Sランク」取得

 2013年4月、建築物としての様々な取り組みが評価され、(財)建築環境・省エネルギー機構(IBEC)の認証機関により、「建築物総合環境性能評価認証制度(CASBEE)」において、最高のSランクを取得しました。 

 

 館長からのメッセージ

大野 照文 館長
 当館は、平成29年4月19日で開館4年目を迎え、「MieMu(みえむ)」という愛称も徐々に定着しつつあります。このことは、ひとえに多くの皆様に来館していただけたおかげとスタッフ一同感謝いたしますとともに、喜んでおります。
 昨年度は、春に伊勢志摩のすぐれた文化財、夏には三重の大地と化石と鉱物、秋には三重が本場である伊賀の忍者、そして冬には県出身で芸能界にすぐれた足跡を残された植木等と、三重の特色を自然や歴史、文化の広い分野にわたって紹介してまいりました。また、広報についても様々な工夫を行い、その成果は県の環境生活部のチャレンジ大賞の受賞につながりました。
 さらに、三重大学および地域の方々と行っている共同研究の成果を地元・志摩市で展示いたしました。くわえて、京都大学、尾鷲市教育委員会との共同で尾鷲市立中央公民館におけるお子さん向けの科学教室を開催するなど、学芸員が地元にお伺いしての活動も様々行いました。
 当館では、三重はもちろん全国でご活躍されている多くの企業・団体様よりご支援をいただいています。特にコーポレーション・デーでは、御支援によって基本展示の入場料が終日無料となるだけでなく、その日に企業のスタッフと館のスタッフが協力してさまざまなイベントを開催しており、日本では他に類例のないコラボとして注目され始めています。
 これら特色ある活動を通じて、当館は、これまで触れ合うことのなかったさまざまな人々の集うプラットフォームの役割を果たし始めています。そして、ここでの出会いがきっかけとなり、斬新なアイデアが生まれ、やがて三重県の未来の創成につながることが大いに期待できます。
 しかし、このプラットフォームは多くの人たちが一度にその上に乗って激しく活動してもしっかり支え切れる強靭さを求められます。その支えとは、当館に課せられた以下の3つの基本的なミッションであり、それらを堅実に行ってゆく必要があります。

一、三重を中心に一級の標本資料、公文書を一堂に集め、大切に保存継承すること、
二、調査研究を通じて三重の豊かな自然、歴史、文化のすばらしさを究めること、
三、三重のすばらしさを県民のみなさまと共有するとともに、広く全国に、そして全世界に発信すること。


 これらのミッションは、地名をおきかえれば、全国の地方博物館に当てはまることです。しかし、目先の成果を求めてこれらのミッションをおろそかにしている例も県外においては見受けられるようです。拙速な施策によって県民の皆さんの期待に応えられていない、これら先例の轍を三重県が踏むわけにはまいりません。
 そこで、当館では、これらミッションの重要性を従来にも増して県当局にしっかりと訴えてゆきます。同時に、これらミッションをさらに推し進めるためのノウハウの収集と、県内外の関連機関との連携強化を目的に、今年度三重県庁との人事交流および、福井県立恐竜博物館へのスタッフの派遣を断行いたしました。
 このようにして、当館のスタッフは一丸となってアクティブに活動し、三重県の「明日を生み出す」ための努力をこれからも真剣に行ってまいります。皆様のこれまでにも増しての温かいご支援とご鞭撻をお願い申し上げます。
 
三重県総合博物館 館長 大野照文

 

 三重県総合博物館についての条例・規則

ページのトップへ戻る