三重県総合博物館 > 第16回企画展「みんなののりもの大集合 〜この夏、三重をのりつくそう〜」を開催します

平成29年06月07日

第16回企画展「みんなののりもの大集合 〜この夏、三重をのりつくそう〜」を開催します

 三重県総合博物館(MieMu)では、平成29年7月8日(土)から、第16回企画展「みんなののりもの大集合 〜この夏、三重をのりつくそう〜」を開催します。今回の展示では、鉄道を中心にバスや船、ロープウエーなどさまざまな「のりもの」の魅力を楽しんでいただきます。
 また、期間中は宇宙旅行を体験できるシアター上映や、各種ミニ列車への乗車、鉄道おもちゃの展示など、大人も子どもも一緒に楽しめるイベントを実施します。ぜひご家族やお友達とお越しください。

1 企画展の概要
(1)期間
 平成29年7月8日(土)から9月18日(月・祝)まで
 休館日:7月10日(月)・18日(火)・24日(月)・31日(月)
     8月7日(月)・14日(月)・21日(月)・28日(月)
     9月4日(月)・11日(月)

(2)開催時間
 9時から17時まで(土日祝は19時まで)
 ※入場は閉場の30分前までとなります。

(3)会場
 三重県総合博物館(MieMu)3階 企画展示室
 (津市一身田上津部田3060)

(4)観覧料
 一般800円、学生480円、高校生以下無料

(5)展示内容
・プロローグ のりものに乗って出かけよう!
 三重県内で運行されている鉄道、バス、船舶などを一堂に集めて紹介するとともに、実物の近鉄特急しまかぜのシートや御在所ロープウエイのゴンドラ、軽便鉄道の大型模 型、制服なども展示します。
・第1章 三重ののりもの いま・むかし
 交通機関の現状や、懐かしい切符や、風景写真・映像をはじめ、実際に使われていた機械の部品や、精巧につくられた鉄道のジオラマを展示します。
・第2章 三重ののりもの その歴史
 三重の鉄道のはじまりや歴史について、明治時代の関西鉄道や参宮鉄道に関する公文書や図面、古写真、当時の路線図、時刻表、沿線観光案内書などを展示します。
・第3章 未来に向かって
 三重県も経路となる計画がある、リニアモーターカーの模型や、ローカル鉄道をはじめとする地域路線や技術革新を紹介するパネルなどを展示します。

(6)主催
 三重県総合博物館

(7)協力
 伊賀鉄道株式会社、伊賀線活性化協議会、伊賀線ジオラマ、伊勢鉄道株式会社、伊勢湾フェリー株式会社、近畿日本鉄道株式会社、御在所ロープウエイ株式会社、三岐鉄道株式会社、JR名松線沿線地域活性化協議会、中部国際空港株式会社、津エアポートライン株式会社、東海旅客鉄道株式会社、鳥羽市営定期船、
西日本旅客鉄道株式会社、北勢線事業運営協議会、三重交通株式会社、三重県鉄道網整備促進期成同盟会(三重県、津市、四日市市、伊勢市、松阪市、桑名市、鈴鹿市、尾鷲市、亀山市、鳥羽市、熊野市、伊賀市、朝日町、多気町、大台町、玉城町、度会町、大紀町、南伊勢町、紀北町、御浜町、紀宝町)、養老鉄道株式会社、養老線地域公共交通再生協議会、養老鉄道活性化協議会、四日市あすなろう鉄道株式会社、特定非営利活動法人 四日市の交通と街づくりを考える会(YTT)

(8)後援
 三重県博物館協会、歴史街道推進協議会

(9)助成
 公益財団法人 岡田文化財団

2 関連イベント
  ※イベントの参加はすべて無料です。
(1)ギャラリートーク
 内容:企画展をみながら、担当学芸員が展示解説を行います。
 日時:7月9日(日)・8月13日(日)・27日(日) 各日11時から(30分程度)
 場所:三重県総合博物館3階 企画展示室
 対象:どなたでも参加できますが、企画展の観覧券が必要です。(事前申込不要)

(2)「4次元宇宙シアター」で宇宙旅行 
 内容:3Dメガネをかけてスクリーンに映る立体映像で宇宙旅行を体験できます。
 日時:7月16日(日)・17日(月・祝) 
    両日11時・13時・15時から(30分程度)
 場所:三重県総合博物館3階 レクチャールーム
 定員:各回45人(事前申込制)
 対象:小学生以上
 協力:京都大学天文台天文普及プロジェクト室
 申し込み方法:6月30日(金)までに往復はがきか電子申請にてお申込みください。
 ※電子申請は、当館ホームページのイベント案内からお申込みください。
  アドレス http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/MieMu/84927046739.htm
 ※1通の申込みで最大4名様までです。ご希望の日時(第2希望まで)、代表者の氏名、
  年齢、住所、当日連絡が取れる電話番号および参加者全員の氏名、年齢を記入してご応募
  ください。
  応募者多数の場合、抽選となりますので予めご了承ください。締切日から1週間をめどに
  ご連絡します。なお、電子申請の場合、申込み後に届く到達確認メールは、当選の通知で
  はありませんのでご注意ください。
 ※席に余裕がある場合には、締め切り後も参加を受付けます。当館までお問合せください。
【申込み・問合せ先】
 〒514-0061 三重県津市一身田上津部田3060  電話:059-228-2283
 三重県総合博物館「4次元宇宙シアター 係」 

(3)巨大プラスチックレール鉄道おもちゃ運転会
 内容:プラスチックレール鉄道おもちゃの巨大ジオラマで自分の列車を走らせることができます。
 日時:7月22日(土)・23日(日)・9月16日(土)・17日(日)
    各日10時から16時まで
 場所:三重県総合博物館3階 ワークショップコーナー
 対象:どなたでも参加できます。(事前申込不要)
 協力:鉄道おもちゃ博物館(三重のまんなか・まちかど博物館)

(4)「桑工ゆめ鉄道」ミニ電気機関車に乗ろう!
 内容:桑名工業高等学校の生徒と先生が製作した、5インチレール幅のミニ電気機関車に乗れます。
 日時:7月29日(土)・30日(日) 
    各日10時から12時まで・13時から16時まで(雨天中止)
 場所:三重県総合博物館屋外 野外学習スペース
 対象:未就学児は保護者の同伴が必要です。企画展の観覧券が必要です。(当日受付)
 協力:三重県立桑名工業高等学校

※「桑工ゆめ鉄道」とは
 いなべ市の西藤原駅前公園では、ボランティアにより「ウィステリア鉄道」としてミニSLが毎週日曜日に無料運行されていましたが、平成27年3月29日に運転終了となりました。
その後、平成29年1月7日に、地元の桑名工業高等学校の生徒と先生が「桑工ゆめ鉄道」として復活させ、現在月1回、同校が製作したオリジナルの電気機関車をボランティアで無料運行しています。

(5)ミニSLや軽便鉄道ミニ電車に乗ろう!
 内容:5インチレール幅のミニSLや三岐鉄道北勢線の車両をモチーフにした15インチレール幅の
    ミニ列車に乗れます。
 日時:8月5日(土) 【ミニSLの運行】
    8月12日(土)・13日(日)・26日(土)・27日(日) 【ミニ電車の運行】
    各日10時から16時まで(雨天中止)
 場所:三重県総合博物館屋外 野外学習スペース
 対象:未就学児は保護者の同伴が必要です。企画展の観覧券が必要です。(当日受付)
 協力:ASITA(北勢線とまち育みを考える会)

(6)こんなにあるんだ みえの鉄道展
 内容:三重県内の鉄道に親しんでいただくイベントです。
 日時:9月17日(日) 10時から16時まで
 場所:三重県総合博物館2階 交流展示室・3階 学習交流スペースなど
 対象:どなたでも参加できます。(事前申込不要)
 主催:三重県鉄道網整備促進期成同盟会

(7)展示室内でのイベント
 @近鉄特急しまかぜのシート着席体験、御在所ロープウエイのゴンドラ乗車体験
  ※企画展開催中いつでも
 A「伊賀線ジオラマ」の皆さんによる鉄道模型の運転
  7月8日(土)・9日(日)・16日(日)・17日(月・祝)・23日(日)・30日(日)
  8月6日(日)・11(金・祝)・20日(日)・27日(日)
  9月3日(日)・9日(土)・10日(日)・17日(日)・18日(月・祝)
  ※各日とも9時から16時まで

(8)その他
 期間中、いつでも参加できるのりものぬり絵や記念撮影ができるコーナーなどがあります。


関連資料

  • 第16回企画展「みんなののりもの大集合 〜この夏、三重をのりつくそう〜」チラシ(PDF(1016KB))

関連リンク

地図情報


adobe readerのダウンロードページ(新しいウインドウで開きます) 三重県ホームページでは一部関連資料等をpdf形式で作成しているため、表示や印刷を行うには「Adobe Reader」が必要です。「Adobe Reader」がインストールされていない場合には、インストールをまず行ってからご覧ください。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちら(新しいウインドウで開きます)。
ページのトップへ戻る