このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

サイト内検索

三重県総合博物館 > スケジュール > 企画展示 > トピック展 くらしの道具~いま・むかし~

トピック展

くらしの道具と小学生と調べるイセエビをめぐる食文化

期間:2018年1月4日(木)~2月16日(金)  <チラシPDF

【内容】



展覧会概要

明治時代から昭和時代にかけての生活用具を紹介するとともに、今回は「イセエビ漁」を特集します。「伊勢」という地名を名前に持ち、私たちにとって身近な生きものでありながらも、あまり知られていないイセエビの獲り方や道具、食べ方について紹介します。
また、志摩市内の小学生による「志摩のお魚調査」の調査成果もご覧いただきます。

主 催

三重県総合博物館

後 援

三重県博物館協会

協 力

船の科学館「海の学びミュージアムサポート」
和具海老網同盟会

【観覧料】

無料

【会場】

三重県総合博物館(MieMu) 2階交流展示室

【関連イベント】

(1)ギャラリートーク「道具にまつわるエトセトラ」
  日  時:1月4日(木)・5日(金)・6日(土)・13日(土) ※各日11時からと14時から(各回45分程度)
  場 所:三重県総合博物館2階 交流展示室
  内 容:学芸員による展示解説と道具の使い方の実演
(2)トークショー「イセエビの獲り方と食べ方」
  日  時:1月28日(日) 13時30分から15時まで
  場 所:三重県総合博物館2階 実習室
  内 容:志摩市和具町でエビ刺網漁を行っている漁師さんから、漁の様子やイセエビを使った郷土料理、
       そしてリアルな漁村のくらしについての話を聴きます。
  ゲスト:小磯 幸保氏(和具海老網同盟会 会長)、大山 忠秋氏(和具海老網同盟会 元会長)
  司 会:北村 淳一(三重県総合博物館 学芸員)
  定  員:50人(先着順)
  ※イセエビ等の試食はありません。
ページID:000200235