このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

三重県総合博物館 > スケジュール > 企画展示 > 三重大学との連携事業展 先っちょ志摩に生きる

三重大学との連携事業展

先っちょ志摩に生きる

期間:平成29年9月30日(土)〜12月3日(日)  <チラシPDF

【内容】

展覧会概要

三重大学と三重県総合博物館が連携して実施してきた、志摩市の「先志摩半島」を対象とした総合調査の成果を中心に、先志摩地域の自然と歴史・文化などのかけがえのない地域資源と、その移り変わりについて紹介します。

主催

三重県総合博物館、三重大学

共催

志摩市教育委員会

後援

三重県博物館協会

協力

船の科学館「海の学びミュージアムサポート」

【観覧料】

無料

【会場】

三重県総合博物館(MieMu) 2階交流展示室

【関連イベント】

講演会「超音波バイオテレメトリーによるイセエビの行動追跡の試み」  事前申込

日時:11月5日(日) 13時30分から15時まで
場所:当館3階 レクチャールーム
講師:荒井 修亮氏(京都大学フィールド科学教育研究センター 海洋生態学部門 教授)
定員:80人(小学生以上)

講演会「イセエビを育てる―ふ化幼生の飼育から国内初の人工稚エビ放流まで―」  事前申込

日時:11月11日(土) 13時30分から15時まで
場所:当館3階 レクチャールーム
講師:土橋 靖史氏(三重県水産研究所 主幹研究員)
定員:80人(小学生以上)
講演会の申込方法
※それぞれの締切日までに、往復はがきか電子申請にてお申込みください。
 ・講演会「超音波バイオテレメトリーによるイセエビの行動追跡の試み」
  平成29年10月15日(日)締切
 ・講演会「イセエビを育てる―ふ化幼生の飼育から国内初の人工稚エビ放流まで―」
  平成29年10月21日(土)締切
※電子申請は、当館ホームページのイベント案内からお申込みください。
  アドレス http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/MieMu/84927046739.htm
※1通で最大4名まで申込が可能です。ご希望の講演会、代表者の氏名、年齢、住所、当日連絡が取れる電話番号および参加者全員の氏名、年齢を記入してご応募ください。
応募者多数の場合、抽選となりますので予めご了承ください。締切日から1週間をめどにご連絡します。
なお、電子申請の場合、申込み後に届く到達確認メールは、当選の通知ではありませんのでご注意ください。

【申込み・問い合せ先】
〒514-0061 三重県津市一身田上津部田3060  電話:059-228-2283
三重県総合博物館「先志摩展講演会 係」
 

ギャラリートーク「越賀村絵図を読み解く」  当日受付

場所:当館2階 交流展示室
対象:どなたでも参加できます。
1)日時:10月1日(日) 11時から/14時から 
講師:菅原 洋一(三重大学教授)、当館学芸員
2)日時:10月15日(日) 14時から
講師:塚本 明(三重大学教授)、小川 益司氏(志摩町越賀出身)、当館学芸員

ワークシートでたんけんしよう!志摩の海  当日受付

日時:10月8日(日)・11月26日(日) 両日とも11時から/14時から
場所:当館2階 交流展示室
対象:高校生以下
 
ページのトップへ戻る