このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

サイト内検索

三重県総合博物館 > スケジュール > 企画展示 > 交流展「海上保安庁展」

海上保安制度創設70周年・灯台150周年記念行事
交流展「海上保安庁展」

期間:2018年11月17日(土)~2018年12月2日(日)

 【内容】

交流展「海上保安庁展」チラシ

展覧会概要

 今年は、海上保安制度創設70周年および、我が国初の洋式灯台である「観音埼灯台」が明治元年11月1日に起工してから150周年の節目の年を迎えます。これを記念して、三重県総合博物館(MieMu)では、第四管区海上保安本部と共催で交流展を開催いたします。
 海上保安庁の業務紹介パネルや巡視船・灯台の模型をはじめ、小笠原諸島西之島
の溶岩や伊能地図など貴重な資料を展示します。

主催

第四管区海上保安本部

共催

三重県総合博物館

問い合わせ先

第四管区海上保安本部総務課
電話:052-661-1611

観覧無料

関連イベント ※参加無料です。

海上保安庁の制服試着
海上保安庁イメージキャラクター「うみまる・うーみん」との記念撮影

開催日:11月17日(土)・18日(日)・23日(金・祝)・24日(土)・25日(日)
    12月1日(土)・2日(日)

 

ページID:000219620