トップページ > 運営ホームページ  > 明治百景-百年前の三重県- >  > 松阪市街(飯南郡松阪町)

松阪市街(飯南郡松阪町)


写真


 明治38年(1905)当時の松阪町(現松阪市)の戸数・人口は3,154戸・14,177人で(『三重県史』別編 統計)、『三重県案内』には「旧紀州藩の別府にして、伊勢街道津市と宇治山田市の中間に位し参宮鉄道松阪停車場あり、東一里に大口港を控へ南勢の中枢として貨物集散の要地たり」と紹介されている。写真は松阪公園(松阪城跡)から北東方向を臨んだものであり、手前右端の白亜の建物は第一小学校と思われる(『写真集 三重百年』)。

トップページへ戻る このページの先頭へ戻る