トップページ > 運営ホームページ  > 三重を語る・三重を知る > 『度会県各藩入会并支配地図東海道日永村・泊村』  2鋪

『度会県各藩入会并支配地図東海道日永村・泊村』  2鋪


明治3年頃 27×99p、28×118p

 四日市市の「日永の追分」は、東海道と伊勢参宮道の分岐点で、今も県指定史跡として保存が図られていますが、この図面は日永追分周辺の街道の支配関係を示したものです。神戸藩が作成したもののようで、津藩や和歌山藩、さらには度会県との入会地などの区分が描かれています。なお、度会府が度会県に改称され、北勢地方を管轄するのは明治2年8月以降のことで、同4年の廃藩置県までの間に本図面がつくられたものと思われます。

度会県各藩入会并支配地図東海道日永村・泊村 拡大図
度会県各藩入会并支配地図東海道日永村・泊村 拡大図

▲写真をクリックすると拡大した画像を表示します。

度会県各藩入会并支配地図東海道日永村・泊村 拡大図
度会県各藩入会并支配地図東海道日永村・泊村 拡大図

▲写真をクリックすると拡大した画像を表示します。

トップページへ戻る このページの先頭へ戻る