トップページ  > 所蔵品検索  >   > 吉原治良


吉原治良 よしはらじろう

生没年

1905-1972

出身国

日本

記事

荒屋鋪透 吉原治良|作品(赤丸) 友の会だよりno.12 1986.7.10
「吉原治良《作品(赤丸)》」 子ども美術館Part3 これ、何なんなん? 1998.7

略歴

1905 大阪に生まれる。

1928年関西学院高商部を卒業。同専攻科に入り、この頃、上山二郎に師事する。以後独学で絵を学びつつ、二科展に出品。

1934年二科展初入選。1937年二科特待賞を受賞する。

1938年二科会系の前衛画家たちと九室会を結成。

1951年大阪府芸術賞を受賞。
1954年具体美術協会を創立して、その主宰者となり、前衛絵画の指導的役割を果たしつつ、元永定正をはじめとする若年作家の育成につとめる。
1967年第9回日本国際美術展に《白い円》を出品し、国内大賞を受賞する。1971年第2回インド・トリエンナーレでゴールド・メダルを受賞。

館蔵作品

作品名 制作年 材料 寸法
作品(雪(イ)) 1937(昭和12)年 油彩・キャンバス 130×96.0
作品(赤丸) 1967(昭和42)年 油彩・キャンバス 136×162
ページのトップへ戻る