トップページ  > 所蔵品検索  >  所蔵品詳細検索  > 所蔵品一覧  >  ラ・ロシュ=ブロンの村(夕暮れの印象)

ラ・ロシュ=ブロンの村(夕暮れの印象)


コレクション

-

ジャンル

絵画(油彩画等)

作者名

モネ、クロード
MONET, Claude

制作年

1889年

材料

油彩・キャンバス

寸法

73.9×92.8

署名

左下:Claude Monet 89

寄贈者

公益財団法人岡田文化財団寄贈

来歴

Laurence Minot, Boston, c.1892 Vredenburgh Minot Mrs Katherine Tingley Theosophical University of California, Pasadena Curtis, Pasadena, 1957 Wildenstein and Co., New York

初出展覧会

Monet-Rodin, Galerie Georges Petit, Paris, 1889, no.140(?).

作品名欧文

The Village of la Roche-Blond, Evening Effect
関連資料

解説

 モネは印象派の旗手として活躍したフランスの画家。戸外制作を重視し、混色しない絵具を大胆に画面に置く手法でもって、画壇に新風を吹き込んだ。
 1889年、フランス中部・クルーズ渓谷の風景に魅せられたモネは、悪天候に制作を阻まれながら、本作を含む20点あまりの油彩画を制作した。これらはモネが後半生に取り組んだ、同じ対象を異なる時間や天候の下で描く、いわゆる「連作」の最初期の作品群とも見なされる。
 本作に描かれるのは、暮れなずむ丘。空にたなびく雲の下部は赤く染まり、少し前に夕日が沈んだことを物語る。丘の稜線からは家々のシルエットが浮かび上がり、麓には草木も見出せる。色彩画家モネは、赤と緑を画面上に巧みに並置し、ニュアンスに富む逆光の山肌を描き出した。
 極めて明度の低い画面を特徴とするクルーズ渓谷の連作は、モネの画業においても異彩を放っている。同年 6月にパリで開幕した彫刻家オーギュスト・ロダンとの二人展が本連作の披露の場となり、モネが迎えた新境地や、作風の多様性にも注目が集まった。
(鈴村麻里子 『三重県立美術館 コレクション選』 2022年)

[作品名(フランス語)]
Le village de la Roche-Blond, Effet du soir

展覧会歴

Monet-Rodin, Galerie Georges Petit, Paris, 1889, no.140(?).
Monet, St. Botolph Club, Boston, 1892, no.20.
Monet, Copley Hall, Boston, 1905, no.26.
Monet, Museum of Fine Arts, Boston, 1911, no.39.
モネ展(ブリヂストン美術館、名古屋市美術館、ひろしま美術館 1994)no.50
ブーダンとオンフルールの画家たち(Bunkamuraザ・ミュージアム、三重県立美術館、茨城県近代美術館 1996-1997)no.181
モネと水辺展(大丸ミュージアム東京、笠間日動美術館 1997)no.20
(財)岡田文化財団設立20周年記念展(三重県立美術館 1999)no.1-2
モネ展(山口県立美術館 2001) no.27
Monet I luoghi della pittura(Casa dei Carraresi, Treviso 2001)
モネと印象派の画家たち-パリ・マルモッタン美術館コレクションを中心に-(高知県立美術館、島根県立美術館 2003) no.19
秘蔵の名品アートコレクション展(ホテルオークラ東京 2004)
第1回印象派130年記念 モネ-光の賛歌-(奈良県立美術館 2004)
岡田文化財団コレクション―珠玉の近代絵画展(そごう美術館・横浜 2004)
印象派を超えて―点描の画家たち~ゴッホ、スーラからモンドリアンまで (国立新美術館 2013 広島県立美術館、愛知県美術館 2014 )
開館20周年記念 うつくしいくらし、あたらしい響き クロード・モネ(アサヒビール大山崎山荘美術館 2016)
開館35周年記念Ⅰ ベスト・オブ・コレクション―美術館の名品(三重県立美術館 2017)
モネ それからの100年(名古屋市美術館、横浜美術館 2018)
黄昏の絵画たち(山梨県立美術館、島根県立美術館、神戸市立小磯記念美術館 2019)
コレクションによる特別展示 春をまちわびて 美術から考える自然との調和(=エコロジー)(三重県立美術館 2022)
モネ 連作の情景(上野の森美術館、大阪中之島美術館 2023-2024)

文献

Letter, no.950(?).
Arsene Alexandre, Claude Monet, Paris, 1921, p.88.
Daniel Wildenstein, Claude Monet Biographie et Catalogue Raisonne, Tome III: 1887-1898 Peintures, La Bibliotheque des Arts, Lausanne-Paris, 1979, no.1238.
Gustave Geffroy, Monet, sa vie, son oeuvre, Macula, 1980.
D.Wildenstein, Monet, vie et oeuvre, vol.V, Lausanne and Paris, 1991, pp.47, 114, D.374.
English
ページのトップへ戻る