コレクション

-

ジャンル

絵画(油彩画等)

作者名

坂本繁二郎
SAKAMOTO Hanjiro

制作年

1960(昭和35)年

材料

油彩・キャンバス

寸法

38.0×45.7

署名

右下:  さかもと 昭和三五

寄贈者

-

来歴

-

初出展覧会

なにわ会展(大阪・梅田画廊1960)

作品名欧文

Boxes
関連資料

解説

後方にいくほど大きく描く逆遠近法を用い、明度差の少ない同系色の色彩で構成されているこの「箱」は、空間と箱が同一化していくかのようで、見るものを不思議な世界へと誘い込む力を持っている。
 そこには、単なる箱以上の存在そのもの、すなわち、坂本が「物感」と呼ぶ、自然を対象にする人間的な精神の表出があり、極めて東洋的な考え方もうかがうことができる。
 そういった意味で、余白も、描かれた対象との関係において坂本にとっては、重要な役割を担っているわけである。
 坂本は、1882年、福岡県久留米で生まれ、小学校の同級生に青木繁がいた。1900年青木繁に伴われて上京、不同舎に入り、ついで太平洋画会研究所で学んだ。印象派的な作風から出発しながらも、そこに深い内面性を賦与しようとする坂本の世界が、「能面」、「箱」そして晩年の「月」の連作に至るまで飽くことなく追求されている。(森本孝 1992年 125の作品・三重県立美術館所蔵品掲載)

展覧会歴

なにわ会展(大阪・梅田画廊 1960) 
安井曾太郎・坂本繁二郎二人展(梅田近代美術館 1977)
坂本繁二郎展(東京国立近代美術館 1982) no.105
20世紀絵画の展開(名古屋市美術館 1988)no.176
静物・ことばなき物たちの祭典(静岡県立美術館 1990) no.III-30
絵画の詩と造形(奈良県立美術館 1992) no.60
日本近代絵画の一展開(愛媛県立美術館 1994) no.6
日本洋画のれきし 三重県立美術館コレクションによる(茨城県近代美術館 2000) no.92
秘蔵の名品アートコレクション展(ホテルオークラ 2002)
開館35周年記念Ⅰ ベスト・オブ・コレクション―美術館の名品(三重県立美術館 2017)
没後50年 坂本繁二郎展(久留米市美術館 練馬区立美術館 2019)

文献

久我五千男編『坂本繁二郎画集』(求龍堂1962)
『坂本繁二郎画集』(求龍堂1964) no.176
久我五千男編『坂本繁二郎作品全集』(朝日新聞社1970) no.106
河北倫明『坂本繁二郎』(中央公論美術出版1974)単色no.14
『日本の名画11』(中央公論社1976) no.42
『増補 坂本繁二郎作品全集』(朝日新聞社1981) pl.88
尾崎正明「坂本芸術のテーマ」『視る』(東京国立近代美術館ニュース)181号 1982
『アサヒグラフ別冊 '82秋 坂本繁二郎』(朝日新聞社1982) no.68
English
ページのトップへ戻る