トップページ > 運営ホームページ  > 明治百景-百年前の三重県- > 農林業 > 三重県製茶業組合模範園(鈴鹿郡石薬師村上田)

三重県製茶業組合模範園(鈴鹿郡石薬師村上田)


写真


 三重県は茶の生産で有名であるが、幕末に海外貿易が始まると、製茶業がますます盛んになった。紅茶の製造を行ったり、明治17年(1885)には三重県製茶会社を設立し、直輸出なども行われた。18年には、農商務省の準則に基づき三重県茶業組合規則が定められ、県内各地に茶業組合が組織された。津にはそれらの組合を統括する取締所(21年には聯合会議所と改称)が置かれ、県下の茶業を奨励した(『三重県事業史』)。模範茶園も聯合会議所の奨励策の一つで、各郡に模範園を設け管理を園主に委託した。写真は鈴鹿郡石薬師村上田(現鈴鹿市)に設けられた約1反歩の模範園で、園主の加藤彌太郎は輸出向け緑茶の生産を専門としていたという。また、その製茶も元治年間(1864〜1865)から輸出向け緑茶の製茶を行っていた同村の加藤傳十郎が当たったようである。

トップページへ戻る このページの先頭へ戻る