トップページ >  玉城まちかど博物館 > 参宮ブランド 擬革紙の会

玉城まちかど博物館:玉城 職人 工芸

さんぐうぶらんど ぎかくしのかい参宮ブランド 擬革紙の会


外観

館内の様子

江戸時代、お伊勢参りに訪れた旅人たちの間で人気になったのは和紙を革に似せた「擬革紙」でした。製造技術が途絶えていたものを、和紙の持つ風合いの良さを活かしつつ復活させ、この度、三重県指定伝統工芸品として認定されました。この擬革紙を使って、現在の人に利用していただけるよう作品(帽子・名刺入れ・バック等)を制作・展示しています。展示は、玉城まちかど博物館「参宮ブランド擬革紙の会」と松阪・紀勢界隈まちかど博物館「擬革紙資料館 三忠」(明和町)とで、相互に補完し展示しています。

館内外の様子


館の概要

館長名 堀木 茂(ほりき しげる)
開館時間 10:00~16:00
予約 要予約
体験 和紙の絞り作業(体験料金:300円)
電話
FAX 0596-58-5321(疋田 武)
E-mail Tak080244hikitaise@df6.so-net.ne.jp
ホームページ -
入館料 無料
トイレ

アクセス

周辺地図
住所 度会郡玉城町田丸190
交通機関でのアクセス JR参宮線田丸駅徒歩7分
駐車場

周辺情報


戻る