第17話  伊勢と斎院を結ぶちょっと面白い話

 突然ですが、本年は、平城上皇の変からちょうど1200年となります。薬子の変ともいわれるこの朝廷の内紛をきっかけとして、京の守護神である賀茂神社にも斎王が奉仕するようになり、賀茂斎王、また斎院と呼ばれたことは、この連載をお読みの方ならよくご存じのことでしょう。
 さて、今日のお話は、その斎院と伊勢を結ぶ、ある鏡についての物語です。
 といっても、この鏡、伊勢神宮や斎宮とは直接関係はいたしません。出典は、江戸時代末期の弘化五年(1848)、暁鐘成(1793‐1861 大坂の文人、名所図会作者として有名)編の『当日奇観』という本の巻第五「松村兵庫古井の妖鏡」です。これは、それよりかなり以前に出版された、都賀庭鐘(1718〜1794 大坂の文人で医者、上田秋成の先生)著の『席上奇観垣根草』という本を再版改題したものだとか。
 三重県の松阪市内、といってもかなり郊外に、大河内城という城跡があります。室町時代に伊勢国司と守護を兼ね、織田信長に滅ぼされるまで伊勢の支配者として栄えた北畠氏の本城だったこともある所です。この国府、つまり大河内城の西南に大河内明神という社があり、北畠家の尊崇厚かったのですが、ご多分に漏れず、戦乱続く室町時代半ば頃には衰微著しく、嘉吉文安の頃(1441‐1449)には修理もおぼつかないありさまとなっていました。
 そのころ、この神社の神主に松村兵庫なる者がおり、室町幕府管領細川家につてがあったので、京に上って窮状を訴えたのですが、嘉吉の乱で六代将軍足利義教が赤松満祐に殺されたり、ほどなく八代将軍として足利義政が就任したりと物情騒然の折からなかなかよい回答も得られず、ただ待つばかりでした。しかし兵庫はもともと風流人でしたので、この際和歌の道を究めようと、京極今出川に寓居したのです。

(学芸普及課 課長 榎村寛之)

ページのトップへ戻る